未来を描く、私をつくる。「A4無地のルーズリーフ」で引き寄せ力アップ♡



必要なのは、A4無地のルーズリーフ

夢や目標を叶えるためには、現在の自分の立ち位置を知り、今の自分ができていないこと・できていることを見分け、課題を抽出していく作業が必要です。

頭の中だけで「あれもしなきゃ」「これもしないと」と、思っていても、行動力に直結しません。なんとなく「まぁいいや」で、終わってしまうから。

今回は、引き寄せ力をアップするためのA4無地のルーズリーフの使い方をご紹介します。

週に1回を目安に、おひとりさま会議を開きましょう

A4無地のルーズリーフを使って頭の中のアイディア、心の中の感情を表面化していきます。
まずは、ゆっくりと自分と向き合える環境づくりが重要です。

自宅が一番落ち着くなら、おうちで、外の空気と適度な雑音がほしいならカフェで…好きな場所を用意して、おひとりさま会議を開きます。

できれば、週に1~2回は、ひとりでゆっくりと向き合う時間をつくれたら理想的。難しい場合は、月に2回程度でも構いません♡

やり方は2パターン

さて、A4無地のルーズリーフの使い方が気になりませんか?

主な方法としては、特に議題も決めずに、思いついたことを殴り書きしていきます。「今はこんなことで悩んでいる」「なぜこの仕事がうまくいかない」など、思いついたことをどんどん書いていき、そこから、結論や対策を導き出していきます。

美しく書く必要はなく、どんどん思いついたことを書き留めるのが重要なのです。

もう一つのパターンは、あらかじめ議題を決めておくこと。

たとえば筆者の場合は、自宅で仕事をしているため、常にメモ帳を開いておき、仕事をしている中で気になったこと、ふと浮かんだ悩み、迷いをすべて書き留め、議題として残しておきます。あとは、メモしておいた議題をもとにA4無地のルーズリーフを使って、書き出していくだけで、心がスッキリするのです。

なぜ「無地」なの?

A4無地のルーズリーフを使って行う作業はマインドマップに近く、ルーズリーフに線や行が印刷されていると、とても自由に書くことはできません。アウトプットの流れも鈍くなり、どうしてもキレイにまとめながら書こうとします。

しかし、キレイにまとめることは、目標では、ありません。大切なのは、頭の中を整理すること。今の自分がどんなことを求めているのかを深堀することです。

無地のルーズリーフであれば、思い浮かんできたインスピレーションを言葉だけではなく、イラストでも自由に描くことができます。

引き寄せ力も、行動力もアップする!

A4無地のルーズリーフを使用しながら、おひとりさま会議を開くことで、まず現状の課題を把握でき、行動力が上がります。

行動するスピードが上がれば、結果も追いついてきて、夢や目標を叶えるためのステップも自然と用意されるのです♡

流れるままに時間を過ごすのではなく、たまには、じっくりと自分自身と向き合いましょう。