さらに疲れた・・・。上司に言われて疲れが倍増する言葉とは?

さらに疲れた・・・。上司に言われて疲れが倍増する言葉とは?

ただでさえ疲れているのに、そのタイミングで上司に余計な事を言われて、さらに疲れが倍層した経験ってありませんか? 働く女子のみなさんはどんな言葉が一番きついと思うのでしょうか?


会話の中で余計な一言に悩まされたことありませんか? 別に言わなくてもいいことを、あえて言われてへこんだり、イラっとしたり。でも上司だから反論はできない。肉体的な疲れに精神的な疲れが加わって疲労困憊。ストレスに・・・なんてこともありますよね。

養命酒製造株式会社が、東京で働くビジネスパーソンの疲れの実態に関する調査2017を実施したデータを見てみましょう。東京都で働く20歳~59歳のビジネスパーソン1,000名を対象にしていて、非常に興味深い結果が出ていました。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

頼りたいときに突き放される言葉が上位

上司に言われて疲れが倍増したセリフで、最も多かったのは「常識でしょ/当たり前でしょ(13.6%)」でした。「そんなこともできないの?」が12.6%、「前にも言ったよね?」と「自分で考えてやれ&勝手にやるな」がともに12.0%と続いています。ランキング上位に入っているものはいずれも、上司の経験や知恵に頼りたいときに突き放されてしまったり、嫌味のような言葉で追い詰められてしまったこと。自分が頑張っていることに対し、それを評価されなかったことや、突き放された言い方により疲れを感じてしまうと予想が出来ます。

確かにどのセリフもとても傷つく言葉です。もちろん相手が上司である以上は、反論もするわけにはいかず「申し訳ございません」と一言謝ることしかできませんよね。

1位の「常識でしょ」に関しては、人によって「常識」の基準が違っているということを理解していない上司の一方的な押し付けが感じられます。そのような言い方をされると「そうとは思えない」とつい反発心を生まれてしまいますよね。また、3位の「自分で考えてやれ」「勝手にやるな」は矛盾していて、どうすれば正解なのかわからずストレスに・・・。

右のグラフを見てわかるように、"上司のセリフで疲れが倍増した経験"は実に半数以上の人が経験があると回答しています。みなさんも「わかる」と納得するセリフはありましたか?

嫌味のない伝え方を考えてみて

部下が言われて疲れが倍増するように、上司も同じ人間。疲れているからこそ、余裕がないからこそとつい威圧的なセリフを言ってしまうこともあります。でもそれを「仕方ない」と割り切ることはなかなか難しいですよね。お互いに嫌味のないコミュニケーションを築いていく必要があります。さりげない一言が、部下のモチベーション低下にも繋がることを上司である人たちは、再認識する必要があります。言葉のチョイスは慎重に。

また嫌味のない発言というのは慣れていないと自然と出てきません。どの立場の人でも、相手に不快感を与えないような伝え方をして練習していくと良いでしょう。上司も部下も心地の良い環境で働けるように、嫌味ではなく、むしろやる気が倍増するような言葉を放てる人になりたいですね。

"嫌味"な人になってない? 印象美人の会話術

https://cinq.style/articles/97

気付かないうちに人を不快にさせる言葉をつかっていませんか? 人に失礼のないよう、明るく話しやすい印象をつけて、スムーズな人間関係を構築しましょう!

東京で働くビジネスパーソンの疲れの実態に関する調査2017

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

https://cinq.style/articles/1532

「そこは何も言わなくて良いのに……」余計な発言を言ってしまったばかりに、微妙な空気を作ってしまったことはありませんか? 相手の発言にはすぐ気が付いても、自分のNG発言には気が付きにくいものです。今回は、相手を困らせてしまう言葉について考えていきます。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がつらいときは「書く魔法」の力を借りませんか?書いて書いて書きまくっているうちに、いつもの自分に戻っているはずですから。


人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

仕事に、人間関係に、気づけばストレスってどんどん溜まるもの。 やらなきゃいけないことは山ほどあるのに時間は足りない。ちょっと油断したら、何かが溢れてしまいそう。 そんな人は、もしかしたら人に振り回されすぎているのかも。


最新の投稿


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング