さらに疲れた……。上司に言われて疲れが倍増する言葉TOP5

さらに疲れた……。上司に言われて疲れが倍増する言葉TOP5

ただでさえ疲れているのに、そのタイミングで上司に余計な事を言われて、さらに疲れが倍層した経験ってありませんか? 働く女子のみなさんはどんな言葉が一番キツいと思うのでしょうか?


会話の中で余計な一言に悩まされた経験ってありませんか?
別に言わなくてもいいことを、あえて言われてしまいイラっとしたりヘコんでしまったり。でも上司だから、反論はできない。肉体的な疲れに精神的な疲れが加わって疲労困憊。結果的にストレスとして蓄積される……なんてこともよくあるはずです。

そこで、養命酒製造株式会社が行った【東京で働くビジネスパーソンの疲れの実態に関する調査2017】から出た意見をチェックして行きましょう。東京都で働く20歳~59歳のビジネスパーソン1,000名を対象にした調査で、「これまで実際に上司に言われて疲れた倍増したセリフ」がわかります。

1位 常識でしょ/当たり前でしょ

上司に言われて疲れが倍増したセリフで、最も多かったのは「常識でしょ/当たり前でしょ(13.6%)」でした。

「常識」や「当たり前」という言葉には、自己解釈が含まれます。
自分の尺度でしか判断ができないことを理由に、仕事ぶりを否定されたり、「常識がない」などというように自分を否定されることによって、疲れが倍増したと思う方が多いようです。「常識」や「当たり前」は周囲の環境や年齢による価値観の差によって、変わっていくものです。
自分の何が悪いのか、理由や改善点もわからずイラっとしてしまうのも無理はありません。

2位 そんなこともできないの?

部下の仕事ぶりは上司の教育に関わってきます。
それなのに「そんなこともできないの?」と嫌味を言われてしまい、心がズーンと重くなる…そんな経験した人も多くいました(12.6%)。
上司の経験や知恵を頼りたいときこそ、このような冷たく突き放つような言い方は胸にくるものです。中には、自分が共有されていない内容について責め立てられた経験がある方もいるかもしれません。理不尽な目にあうと、なおさら疲れが倍増したように思える。これも納得でしょう。

3位 前にも言ったよね/自分でやれ&勝手にやるな(同票)

また上司の発言に振り回された時に疲れが倍増したと感じた方も多くいました。
3位は、「前にも言ったよね」と「自分で考えてやれ&勝手にやるな」が同票で12%という結果に。

例え過去に教わったことでも、確認のためや不明点があり質問することは仕方のないこと。それを「前にも言ったよね」と言われることにより、逃げ道がなくなって疲れた……と感じる人も多いのでしょう。また、自分でやれと言ったり、勝手にやるなと言ったり……上司の発言に振り回された経験があるという部下も多いことがわかりました。正解のない答えに悩まされ、ストレスを蓄積しているビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

5位 まだ終わらないの?/仕事遅いね

5位は「まだ終わらないの?/仕事遅いね(9.3%)」と仕事の内容ではなく、自分の仕事のスピードについて嫌味を言われてしまったケースです。
仕事に慣れるまでに時間がかかってしまうのは仕方のないこと。ですが、このような言葉を言われることによって自分の努力が無駄になってしまったかのように感じ、落ち込む人も多いでしょう。
上司からこのような言葉を言われてしまい「申し訳ございません」と謝ることしかできず悔しい思いをしている方も多いようです。

反論しづらい……頼りたいときに突き放される言葉が上位に

確かにどのセリフも傷つく言葉で、反論しづらいものです。
上司も疲れが溜まっているときや、余裕がないときこそついこのような威圧的な言葉を言ってしまうのかもしれません。ですが、「常識でしょ/当たり前でしょ」のような表現や「そんなこともできないの?」に関しては、部下の努力や人間性を否定するような悪意も感じられます。

ストレス発散の糸口を、部下に嫌味を言うことにしていないか? は注意しなければなりません。また、上司と部下のコミュニケーションのあり方についても考えていきたいところです。
上司の嫌味な一言が、部下のモチベーション低下を招いていると認識して欲しいものですね。

嫌味な発言は、慣れていないと自然と出てきません。どのような立場の人でも、相手に不快感を与えないような伝え方を練習する必要があります。このような上司の発言を反面教師に、自分が先輩という立場になった時にも意識しておきましょう。






この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


来年こそ今のゆらぎから抜け出したい!健やかなワタシでいるために始めたい薬膳的、3つの新習慣

来年こそ今のゆらぎから抜け出したい!健やかなワタシでいるために始めたい薬膳的、3つの新習慣

誰もが予想しなかったことが起こった今年。心身、健康であることの大切さを感じる方も多かったことでしょう。 今回は、今よりもっと心身ともに健やかであるためにはじめたい3つの習慣を薬膳のプロである筆者がご提案します。ぜひ、来年の目標に加えてみてください。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


薬膳のプロが教える“今日のわたしにぴったり”なコンビニで買える飲みものリスト

薬膳のプロが教える“今日のわたしにぴったり”なコンビニで買える飲みものリスト

突然ですが、今日どんな飲み物を口にしましたか? 薬膳の世界では食材それぞれに効能があると考えますが、それは飲みものも一緒です。 せっかく口にするものですから、今の自分の体調にあわせて飲みものをチョイスしてみましょう。


最新の投稿


明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

20代社員が「上司の指示が伝わりづらい」と悩む事は意外と多いです。そのなかでも上司に対して特に不満を感じるのが「指示が曖昧で分かりづらい」こと。上司の方にも言い分はあるでしょうが、指示が伝わらなければ、結局お互いに困るため、業務がスムーズに進むように工夫が必要です!今回はそんな時の対処法を紹介します。


嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

飲み会に「気が乗らない」「時間とお金の無駄」と感じる人が増えているようです。かつては職場の飲み会は円滑に仕事を進めるための潤滑剤だと思われていましたが、今は家族や趣味、自分の時間を大切にしたい人が増えています。とはいえ断り方がまずいと、上司からの評価が下がってしまうかも…自然な断り方をマスターしましょう!


彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

男女の友情は存在するという人もいるけど、実際、彼氏が女の子もいるグループで旅行に行くってどうなんでしょうか?正直、いい気分はしないけど、心が狭いって思われるのもイヤという女性が多いはず!彼氏の行動のモヤモヤどこまで我慢するべきなのでしょうか?


『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

なぜか美人なのに非モテの女性がいませんか?同性から見ても羨ましいような美人なのに、なぜか彼氏ができない、男性が近寄ってこないのは何か理由があるはずですね。ムダ美人にならないように、自分に当てはまるところがないかチェックしてみましょう!


可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

けっして美人じゃないのに、なぜかモテる女子って職場に1人はいませんか?女性には分からないブスモテの理由はなんでしょうか?男性にしか分からない彼女たちの魅力を知れば、自分もモテ女子になれるかもしれませんよ!


RANKING


>>総合人気ランキング