さらに疲れた・・・。上司に言われて疲れが倍増する言葉とは?

さらに疲れた・・・。上司に言われて疲れが倍増する言葉とは?

ただでさえ疲れているのに、そのタイミングで上司に余計な事を言われて、さらに疲れが倍層した経験ってありませんか? 働く女子のみなさんはどんな言葉が一番きついと思うのでしょうか?


会話の中で余計な一言に悩まされたことありませんか? 別に言わなくてもいいことを、あえて言われてへこんだり、イラっとしたり。でも上司だから反論はできない。肉体的な疲れに精神的な疲れが加わって疲労困憊。ストレスに・・・なんてこともありますよね。

養命酒製造株式会社が、東京で働くビジネスパーソンの疲れの実態に関する調査2017を実施したデータを見てみましょう。東京都で働く20歳~59歳のビジネスパーソン1,000名を対象にしていて、非常に興味深い結果が出ていました。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

頼りたいときに突き放される言葉が上位

上司に言われて疲れが倍増したセリフで、最も多かったのは「常識でしょ/当たり前でしょ(13.6%)」でした。「そんなこともできないの?」が12.6%、「前にも言ったよね?」と「自分で考えてやれ&勝手にやるな」がともに12.0%と続いています。ランキング上位に入っているものはいずれも、上司の経験や知恵に頼りたいときに突き放されてしまったり、嫌味のような言葉で追い詰められてしまったこと。自分が頑張っていることに対し、それを評価されなかったことや、突き放された言い方により疲れを感じてしまうと予想が出来ます。

確かにどのセリフもとても傷つく言葉です。もちろん相手が上司である以上は、反論もするわけにはいかず「申し訳ございません」と一言謝ることしかできませんよね。

1位の「常識でしょ」に関しては、人によって「常識」の基準が違っているということを理解していない上司の一方的な押し付けが感じられます。そのような言い方をされると「そうとは思えない」とつい反発心を生まれてしまいますよね。また、3位の「自分で考えてやれ」「勝手にやるな」は矛盾していて、どうすれば正解なのかわからずストレスに・・・。

右のグラフを見てわかるように、"上司のセリフで疲れが倍増した経験"は実に半数以上の人が経験があると回答しています。みなさんも「わかる」と納得するセリフはありましたか?

嫌味のない伝え方を考えてみて

部下が言われて疲れが倍増するように、上司も同じ人間。疲れているからこそ、余裕がないからこそとつい威圧的なセリフを言ってしまうこともあります。でもそれを「仕方ない」と割り切ることはなかなか難しいですよね。お互いに嫌味のないコミュニケーションを築いていく必要があります。さりげない一言が、部下のモチベーション低下にも繋がることを上司である人たちは、再認識する必要があります。言葉のチョイスは慎重に。

また嫌味のない発言というのは慣れていないと自然と出てきません。どの立場の人でも、相手に不快感を与えないような伝え方をして練習していくと良いでしょう。上司も部下も心地の良い環境で働けるように、嫌味ではなく、むしろやる気が倍増するような言葉を放てる人になりたいですね。

"嫌味"な人になってない? 印象美人の会話術

https://cinq.style/articles/97

気付かないうちに人を不快にさせる言葉をつかっていませんか? 人に失礼のないよう、明るく話しやすい印象をつけて、スムーズな人間関係を構築しましょう!

東京で働くビジネスパーソンの疲れの実態に関する調査2017

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

https://cinq.style/articles/1532

「そこは何も言わなくて良いのに……」余計な発言を言ってしまったばかりに、微妙な空気を作ってしまったことはありませんか? 相手の発言にはすぐ気が付いても、自分のNG発言には気が付きにくいものです。今回は、相手を困らせてしまう言葉について考えていきます。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

皆さんには苦手な上司や顧客などに頭を悩まされた経験がありませんか? 人間関係についての悩み事は、絶えることがありません。今回は、心理学で用いられる「態度の類似性」についてご紹介。洋服を変えるだけで、苦手な上司との距離が近づくかも⁈ ぜひ参考にしてみてくださいね。


素直に「ごめんなさい」が言えない!? 職場にいる謝らない人の心理

素直に「ごめんなさい」が言えない!? 職場にいる謝らない人の心理

素直に謝ればコトが大きくならずに済むのに、なぜか自分が悪いのに謝らない人っていますよね。謝らないことで人間関係がこじれたり、職場の空気が悪くなることもあります。今回は謝らない人の心理について考えていきます。


最新の投稿


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング