学生と社会人の違い、知ってる? 今更聞けない、基本的な違いについて

学生と社会人の違い、知ってる? 今更聞けない、基本的な違いについて

いつの間にか大人になってしまった…。 社会人として芽生えはいつからやってくるのでしょう。今更だけど、知っておきたい学生と社会人の違いについて、考えます。


学生と社会人の違い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いつの間にか大人になってしまった…。と自覚をなしに学生気分のままでいられないのが社会人。会社の組織の一員として行動していくために、学生と社会人の違いの基本について考えてみましょう。

自分のための「学生時代」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

受動的

自分のために、授業料を払っていたのが学生です。学校からすると、学生はお客様にあたります。両親が頑張って教育費を払い、学校に通わせてくれたことでしょう。これを学生の頃は受動的に学んできたのです。私たちは、自分のために学び、必要な知識を教員から教えてもらい、授業を受けて知識を得てきました。

時間と人間関係

自分で時間を選べることが多かった学生時代。授業を休んでも、周囲に迷惑をかけることはありませんでした。人間関係も同年代が多く、自分の好き嫌いで、付き合いを選ぶことができたのです。時間と人間関係の自由、これを謳歌することができるのも学生の醍醐味。

責任と評価

学生の頃は、授業をサボったり、レポートの提出を忘れるなどという経験も少なからずあったのではないでしょうか。これは全ての責任は自分にのみ与えられる、自己責任であったためできることでした。多少のミスをしても周囲に迷惑をかけることはありません。人からの評価は、テストやレポートの成績重視。赤点をとらなければ合格、とそれなりに標準も設けられていました。

会社がベースにある「社会人」

一方で、社会人はどうでしょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

能動的

会社の利益を考え、チームで仕事をこなす社会人は、仕事の報酬として給料をもらっています。学生と違うのは、受動的ではないということ。能動的に自分から動く姿勢が必要となってくるのです。また日常での勤務(規則や態度など)とは別に、売上や貢献度など、個人としての動きをみられることが基本となります。

時間と人間関係

拘束時間が定められていて、欠勤・遅刻をすると周りに迷惑をかけてしまう社会人。会社には幅広い年齢層の人間が居て、役職なども様々。縦型の人間関係ができています。ある程度の不自由を感じることもあるかもしれません。その枠の中で、どう行動していくかが大切となります。

学生時代の「スクールカースト」は社会人になっても影響する?不登校経験者が考える、コンプレックスから抜け出す方法

https://cinq.style/articles/1539

学生時代のスクールカースト。どこかのグループに所属しないと、一人ではいられない環境にストレスを感じたことはありませんか?大人になってもカーストは続きます。今回は、不登校経験者が考える【コンプレックスから抜け出す方法】をご紹介します。

責任と評価

自分のミスが上司、会社に大きく影響することもある社会人には、責任感が必須です。自分がどうできる、といった問題でない場合も大いにあります。周囲に迷惑をかけてしまうため、しっかりとした行動を日々積み重ねていきましょう。上司や先輩という会社の中だけでなく、お客様との付き合いも必要になります。

「人財」になる

組織として必要とされる人になることが社会人には必要です。仕事をさぼることはもちろん、言われたことだけしかやらない、給料以上の仕事はしない、という向上心のない状態では会社での評価は得られません。自分の成長の場として捉え、「人財」となれるように自身から動く姿勢が必要になります。
決められたことを、淡々とこなす人材ではなく、作業プラスαの仕事ができるようになりましょう。「あなたが居ないと困る」と言われると誰でも嬉しいもの。学生と社会人の違いを理解し、正しいマインドセットを。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

社名と肩書きで自己紹介を終わらせないで 大人ならではの世界の広げ方

https://cinq.style/articles/1316

自己紹介をするときに、社名や役職、肩書きを言うのが当たり前になっていませんか? 仕事のことはスラスラと話すことができるのに、プライベートのことを聞かれると、返答に困ってしまう。もしあなたがそんな狭い世界でしかいられない大人なのだとしたら、もっと自分を解放する方法を知っておいて。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


ビジネス キャリア

関連する投稿


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

新卒から大手不動産会社に勤務。 バリバリの営業として成果を上げ、評価がついてきたことも実感した20代半ば。出世コースも目の前に迫っていた彼女が、上司からの打診を断り、家の近くにある小さな会社に転職した理由とは?


地味にストレス! 職場で起こりがちな、モラルがない言動や態度とは

地味にストレス! 職場で起こりがちな、モラルがない言動や態度とは

集団生活をしている職場だからこそ、小さいマナーや常識の無さがつい目についてしまうことってありますよね。確かにもう顔なじみだし、ある程度の人柄についてはわかっているけど……。「さすがにこれってどうなの?」なかなか注意のし辛い、小さいマナーについて考えてみましょう。


インプットとアウトプットのバランスは? 「学び」にとってのベストを考える

インプットとアウトプットのバランスは? 「学び」にとってのベストを考える

何かを学び、知識を取り入れることをインプット(入力)と言い、学んだから何かを生み出すことをアウトプット(出力)と言います。どちらもビジネス用語としてよく使われる言葉ですが、情報の仕入れとその反映は、どういったバランスでとるのがベストなのでしょうか?


大人になった今だからこそ!30歳を目前に考えたい自己実現の方法

大人になった今だからこそ!30歳を目前に考えたい自己実現の方法

このまま今の仕事を続けていていいのかな…?ふと疑問に感じた時に考えたい、自分の人生プランについてご紹介します。


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング