あなただけじゃない。恋人がいても「孤独」を感じてしまったときの心の整理術



彼と一緒にいるのに、孤独を感じるのはワタシだけ?

恋人と一緒にいれば、ずっと楽しい時間を過ごせる。
残念ながらそうではなく、お付き合いが始まれば、衝突する回数のほうが多くなります。

今まで別々の環境で育ってきた二人がすり合わせしていく以上、何もかもぴったり、というわけにはいかないのです。

いつからか、彼と一緒にいても「ひとり」を感じるようになったあなた。
きっとそう感じている女性は、たくさんいらっしゃいます。
今回は、恋人がいても「孤独」を感じてしまったときの心の整理術をご紹介いたします。

完璧な男性も女性もいない

彼に対して孤独を感じる原因は、人それぞれ。
決して二人の関係が悪化しているとも限りません。むしろ、落ち着きすぎてしまっていて、彼に魅力を感じなくなり、葛藤している人もいるでしょう。

いずれにしても、彼が孤独を感じさせているだけではなく、自分の中で彼に対して心を閉じている可能性が高いといえます。何かしらのきっかけがあったはずですが、もしかしたらその大きなきっかけが、いまだにあなたの中では解決していないのかもしれません。

ただ一つ言えるのは、世の中に完璧な男性も女性もいません。
彼が不十分に思えても、それは、他の男性と付き合うことで必ずしも解決するものとも限らないのです。彼と一緒にいるのに「孤独」を感じてしまう…そんな自分を責めても、なにひとついいことはありません。

もしかしたら、みなさん口にしないだけで、孤独を感じているのかも…。

「何か違う」なら運命の人ではない

彼と一緒にいても孤独を感じるのは、きっと何かしらの要因があるはず。
もし、彼と一緒に過ごしているなかで「何か違う」と感じているなら、それはかなり危険なサイン。

マンネリというよりも、相当彼に対して溜まっているものがあるか、もしくは、心のどこかでは、もう別れるべきだと結論づけている場合も。いずれにしても、孤独を強く感じているほどですから、二人のバランスは崩れています。

一度、徹底的に話し合い、それでも違和感を覚えるなら、別れを選んだほうがあなたのためになるかも…。

おひとりさまの時間を充実させる

彼と一緒にいても「孤独」を感じるのは、現在、付き合っている相手に対してというよりも、あなた自身がどんな人が恋人になろうともそう考えるタイプの可能性もあります。それだけ、自分というものが確立されているのでしょう。

おそらく、恋人ができても流されずに、自分のペースを守るはずです。きっと、相手が誰であろうと、入ってきてほしくない領域もあるはずなんです。

もし、自分がそういうタイプだと、自覚があるなら、彼とお付き合いしながらも、ひとりの時間を定期的にとれるように意識してみましょう。また、おひとりさまの時間をより充実させることで、彼に対して「孤独」を感じている自分を責める頻度も減ってきます。

恋人は他人?家族?

恋人は、家族ではありません。
たとえ結婚しても、血は繋がっていない存在。

だから、どんなに言葉を並べても、深い部分を理解してもらえず「孤独」を感じ始めてしまうのです。彼に対して期待しすぎるのも、あまりよくないのかもしれませんね。

彼に対して「孤独」を感じてしまっても、それはみんな同じ。
あまり自分を責めすぎずに、ひとりの時間とふたりの時間とバランスよく両立できれば、毎日も安定するでしょう♡