疲れたら心のバリアを!女友達との付き合いに疲れない、距離感の作り方

疲れたら心のバリアを!女友達との付き合いに疲れない、距離感の作り方

大切な友達に対してこんなこと思っちゃいけない!という気持ちの反面、なんか友達づきあいが疲れる…と感じたときは距離が近すぎているのかも。


仕事でイヤなことがあった時や、恋で上手くいかない時。
いつもそばで支えてくれる友達の存在にありがたさを感じることがあるでしょう。しかし、ときに女友達はその距離が近すぎるとやっかいに感じることがある。今回は大人だからできる、女友達の上手な付き合い方についてご紹介します。

人付き合いは、腹六分(はらろくぶ)


ご飯はお腹いっぱい食べるより、ちょっと食べたりないかな?と感じる腹八分ぐらいがちょうど良いといいますよね。人付き合いも同じで、べったり付き合う関係よりも、あっさりした関係が良いのです。それも、腹八分よりも少ない腹六分ていどで。

「二人で一つだよ♡」と言い合うくらい近い関係の間柄は絆が深いようでいて、とても脆く崩れやすい間柄。何か二人の間で大きな亀裂ができた時に、互いを傷つけあったり、裏切られたと感じればもう修復が不可能なくらいにもなっていきます。

友達はあくまで友達。恋人と違って、本当の意味で分かり合える関係を築くのは、そんなに簡単なことではありません。だからこそ、気を許しながらも、立ち入って欲しくない領域には簡単に触れさせない距離感が大切です。

相手に振り回されてると感じたら?

個人的な憶測ですが、女性は甘え上手・愛され上手な方が多いです。複数の女友達グループに必ず一人はそういう女性がいますよね。このタイプの方は可愛い気がある反面、自分の感情第一主義で周りを振りまわす傾向があります。自己中心的な女友達が嫌い!と声をあげる方は、そうした女友達に振りまわされた経験があるのではないでしょうか。

このとき、「もうムリ!」と思うまで相手につきあっていたら、友達関係はあっという間に崩れてしまいます。ちょっと振りまわされている感じがするな、何だか最近、自己中心的な部分が目立つな…と思いはじめたら、心のバリアをはりましょう。

もし、相手からなにか甘えられたり、相談や愚痴を持ちかけられていることに疲れたら、何かと理由をつけて会うのをやめる。LINEでの連絡は控える、もしくは未読スルー。接触頻度が薄くなれば、自然とアナタの中の彼女に対しての優しい気持ちが戻ってきます。

自分が相手を疲れさせないためには?

月並みですが、友達でいてくれる子には感謝の気持ちを忘れないことが大切です。「あなたがいてくれて嬉しい、ありがとう」そういう気持ちを持って接し、ときには声に出して感謝を伝えると良いです。普段、慣れ親しんでいる間柄だと“ありがとう”という言う機会が少なくなりませんか?

しかし、いずれも上手くいっている友達同士は常に互いを感謝することを忘れません。何かをしてくれたから「ありがとう」ではなく、アナタという存在がいてくれて嬉しいから「ありがとう」と伝えましょう。たったその一言だけで、相手はとっても喜びますよ!

女友達は一歩引いた関係がベスト!

人間、他人よりも自分が一番大事です。恋人は自分を一番に愛してくれるという、その情熱だけで、相手の悪い面をカバーすることができます。しかし、友達はそうはいきません。大事だと思っていても、都合が悪くなると「あの子、嫌い」なんて言ってしまえるのも、女友達。

それに、いちいち振りまわされるとアナタの時間がもったいないことになります。いつでも常に相手と良い状態でお付き合いを続けるには、冷静に相手との距離感をはかることが必要不可欠。相手のために、自分のために自立した良いお付き合いができるように心がけて!

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は「みなし残業」にまつわるこんなご相談。


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、事務員として入社したにも関わらず営業までさせられている人のお話です。


恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

大人の恋愛は、純粋な感情があれば上手くいくわけではありません。中には大きなトラブルに発展して、裁判沙汰になってしまうことも…?! 婚活女子を狙った巧妙な手口もあるようです。今回は、弁護士 齋藤健博さんの元にきた相談の中から、印象に残っている恋愛にまつわる恐ろしいエピソードを教えてもらいました…!


最新の投稿


「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢で制限をかけず自由に好きなことを楽しんでいる人ほど、見た目も若々しく見える。そんな、年齢にとらわれない生き方を選んだ人にこそ、手にとっておいて欲しいのが肌色に馴染むベージュのリップ。肌馴染みがよくナチュラルで上品、そして万能な一本を、お守りにしておいて。


家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

現代人は多大なストレスにさらされて毎日を過ごしていますよね。それなのに今、これまでとは違ったストレスにを感じながら生きているはず。 そんな今こそ、自宅で簡単にできるストレス発散法を用いて、サッとストレスをサヨナラしちゃいましょう。


いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

「貯金は必要」だと考えていても、実際いくら貯金をしておけば安心して過ごせるのか? がわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、近い将来考えていることに対して必要になる金額を大まかにまとめてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング