Siriみたいな会話しかできないオトコ/#毒女通信

Siriみたいな会話しかできないオトコ/#毒女通信

お酒が好きで、ほどほどの容姿。正直に言うと、男からモテるタイプの私が出会った、【あるオトコ】を紹介していきます。今回は、良い人だけど物足りない、ちょっと癖のあるオトコの話。


友達と飲みに着いてきた、そのオトコ

今日はちょっと仲の良い男友達に付き合ってもらって、飾らない飲みをしよう。そう思い立って、男友達を呼び出した。四谷三丁目の駅で待っていたその見慣れた顔に、ちょっとした安堵感を覚えながら、ぱっと目に入った焼き鳥屋に入る。

「お疲れ~」

「おっす久しぶり」

飾らなくていい男友達は楽で好きだ。頭がいいから仕事の話もできるし、ある程度遊び慣れてるから、女子との食事のマナーもバッチリ。ビールを乾杯して、一息ついたときに、男友達が言った。

「今からもうひとり、呼んでもいい?」

え、珍しい。
単純にそう思った。(友達いたんだ、よかった。とも思った)とはいえ、こいつの友達や知り合いなら、ほどよく面白そうだ。

「全然いいよ~。何時くらいに来るの?」

「あと30分くらいで着くらしい」

「おっけ」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そこからはすぐにいつもの会話に戻る。今やってる仕事の話、最近あった色々。こういう、気を遣わないでいられる雰囲気が最高。そこで、噂のオトコがやってくる。

「お邪魔します。すみません、突然。」

白いTシャツに、ちょっと使い古したパーカー。よくいえば脱力系男子って感じ。

「いいえ~、どうぞどうぞ。なに飲みます?」

あっさりと会話は進んでいく。どうやら彼は、こんな風に見えてわりと優秀らしい。そのくせにちょっと天然な雰囲気もあるし、正直女に騙されそうで危なっかしい。時間をかけて掘り出していくと、面白い話が聞けそうだ。全くオトコを匂わせないその脱力した雰囲気に無精ひげが、好感度を上げる。類は友を呼ぶ。まさにか。

その日はのんびりと飲んで、趣味でもある映画の話をひたすら続けた。私の話に、めちゃくちゃ興味があるわけでもなさそう、だけど絶妙なタイミングで相づちを入れてくれる彼は、飾らない好感度がばっちりだ。きっとクセになる女性は居るんだろう、だってこの低音で響く「へぇ」はなんだかすごく耳あたりがいい。


何も気取る必要のない、良い友達ができた。別れ際にさらりと、そのオトコともLINE交換をする。またみんなで、飲みに行こうと。

あの日はそう思ったけれども、そこから彼の残念な部分を見つけるのに時間はかからなかった。

数日おきにしか、返す気にならないLINE

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

昨日はありがとうございました。

そんなありきたりなお礼メールの後には、定期的な"俺通信"が届くようになった。(※俺通信=まるで時報を伝えるかのように、俺の近況を定期的に誰かにお届けすること)

私が言葉を発しても、あの聞きあたりの良い相槌は無機質な機械では一切感じることができない。なんともつまらない会話だ。

定期的にある俺通信によると、彼は仕事の合間に朗読会に通い始めたらしい(謎すぎ)。彼はとても感受性の豊かな人で、きっと人との関わりを深く求めているのだろう。ちょっとその謎な生態については興味も湧かなくはないけれど、ふたりで飲むには行動を起こさせる何かが足りない。「時間が合えば飲みにいきましょう」「最近はどうですか?」と誘いを匂わせる連絡は時々来ても、ついつい曖昧な返事をしてしまう。

なるほど、そこで男友達の「もうひとり呼んでいい?」の言葉の意味を理解した。

無理に背伸びもせず飾りっ気がないところが好感も呼ぶし、居心地も良い。だけど、正直ふたりで飲むにはいつも何かが足りないのだ。誰かと飲んでるときに、途中から呼ぶのがちょうど良い人、そんな感じがしっくりくる。

やりとりが長引けば長引くほど、まるでSiriと会話しているかのような気持ちになってくる。たまにくる疑問形の質問にだって、「それは面白い質問ですね」と返したくなるほどだ。

自分の話をするのはそんなに得意でない彼が送ってくる俺通信は、彼なりの努力なのかもしれない。だけどいつだって今は続いているこのLINEが弾むことは今後きっとないだろうし、時間がたてばこのまま疎遠になって終わるのだろう。掘ればきっと面白い彼の生態は、結局今もわからないままだ。時間がたてばその興味すらも熱度が下がって「無」になってしまう。

・相づちが上手
・否定的な会話はしない
・定期的な俺通信を送ってくる
・誰かと飲むくらいがちょうどいい

こんなちょっと残念な人はきっとどこにでも存在するのだろう。だけど、誰かと飲む時に誘うくらいがちょうど良い彼が、誰かにとってかけがえのないたった一人の存在になることはそう簡単にできることじゃない。40年間ひとりぼっちで生きてきた彼の人生がそれを物語っているようにも思えた。

この記事のライター

建前をつくるオトコと、感情でしか動けないオンナ。

関連するキーワード


恋活

関連する投稿


一歩ずつ。新しい恋に向けて今日からでも始められる準備3つ

一歩ずつ。新しい恋に向けて今日からでも始められる準備3つ

大丈夫。今はどんなにつらくても、いつかはまた素敵な人に出会えます。今回は、新しい恋に向けて今日からでも始められる準備をご紹介いたします。


俺の人脈をアピールするオトコ/#毒女通信

俺の人脈をアピールするオトコ/#毒女通信

お酒が好きで、ほどほどの容姿。正直に言うと、男からモテるタイプの私が出会った、【あるオトコ】を紹介していきます。もう大人だから、綺麗事ばかり並べていられないの。皆さんも、こんな男にお気をつけあれ。


いい人なんだけど…彼氏にするにはなぜか納得できない男性の特徴

いい人なんだけど…彼氏にするにはなぜか納得できない男性の特徴

ルックスもよくて中身も、とりあえず問題はなし…。でも、どこか納得できない…。そんな男性と巡り会うと、付き合おうかどうか最終的な判断ができないはず。今回は、彼氏にするにはなぜか納得できない男性の特徴をご紹介します。


チャラ男はNG!アラサー独身女子が「健全な出会い」をつくる方法

チャラ男はNG!アラサー独身女子が「健全な出会い」をつくる方法

社会人になると、出会いは減少…。このまま、ずっと一人になの…!?


社内恋愛のきっかけに♡ 同じ職場で働く男性からの、脈アリサインの見極め法

社内恋愛のきっかけに♡ 同じ職場で働く男性からの、脈アリサインの見極め法

社内恋愛や結婚のきっかけとして、まずは見極めたい男性からの脈アリサイン。「あれ、もしかして私って好かれてる…?」


最新の投稿


フィルターバブル問題って?便利の裏側にある「視野」の作られ方|MY WORK ヒント#46

フィルターバブル問題って?便利の裏側にある「視野」の作られ方|MY WORK ヒント#46

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第46回目は、便利なデジタル機器がもたらすデメリットについてです。


プレゼントにぴったり。名前入れサービスができるアイテム。

プレゼントにぴったり。名前入れサービスができるアイテム。

誰かにプレゼントを贈るときは名入れをして送るのがおすすめ!最近では、名入れサービスを承っているショップが増えています。プレゼント選びの参考として、女性が喜ぶ名入れできるアイテムをご紹介します♡


毎日の生活を豊かにするための“発見の航海”へ。TOCCA BEAUTY(トッカ ビューティー)から新コレクション登場

毎日の生活を豊かにするための“発見の航海”へ。TOCCA BEAUTY(トッカ ビューティー)から新コレクション登場

TOCCA BEAUTYから、7月16日に発売されるのは、新コレクション「VOYAGE(ボヤージュ)」。世界のたぐいまれな美しさと魅力を持つ5つの場所にインスパイアされた香りが、 毎日の生活を豊かにするための“発見の航海”へと誘うホームフレグランスシリーズ。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯4

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯4

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第4回目は、「愛される自信が行動する力を生むこと」について。


少数精鋭が一番幸せ!心の底から信頼できる友人・知人と出会う方法

少数精鋭が一番幸せ!心の底から信頼できる友人・知人と出会う方法

人脈が多くても、いざというときに頼りになる人がいるなら、多くの人と付き合っていても意味がありません。今回は、心の底から信頼できる友人・知人と出会う方法をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング