育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけで、毎日いっぱいいっぱいになっているワーキングマザーたち。だけど、そんな彼女たちをさらに悩ませるのがどうやら人間関係だそうで。今回は実際にワーママとして頑張る女性たちにリアルな悩みを聞いてみました。


言うまでもないけど、育児しながら働くって簡単なことじゃありません

育休が終わって、仕事を再開する女性たち。会社の意識改革、また社会の流れが大きく変わった働き方改革の影響によって、多少勤務時間の短縮や急な欠勤などが取りやすくはなったといえど、やはり育児と仕事の両立って簡単なものではありません。ワーキングマザーとして活躍する女性には、職場での人間関係がストレスとなってくることも多々あるそう。

育児だけでも息切れしそうになる毎日に、仕事がプラス。それだけではなく、彼女たちにさらに負荷をかける人間関係の悩みとは、一体どういうところにあるのでしょう。実際にワーママとして働く女性たちに話を聞いてみました。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

周囲からの目線がイタイ・・・

幼稚園の迎えに間に合わなくなりそうだったので、急いで仕事を切り上げて帰り支度をしていると、「いいな〜」とボソッと職場にいる独身女性が呟いたんです。それがすごく気になってしまって、今では幼稚園に遅れていくこともよくあります。会社的には認められていてもやっぱり、あの刺さるような目線には気まずさを覚えてしまいますね…。(商社勤務/29歳)

この方は、子どもを幼稚園に預けるようになったあとすぐに職場に復帰したそう。とはいえ、幼稚園が終わるのは夕方。お迎えの時間までには仕事を終わらせようと、他の人に業務を振り分けたことでこのような言葉を放たれたのだとか。独身女性から「早く帰れて羨ましい」「いいよね」と陰で言われることも時々あったそう。

私は短時間勤務の許可をもらっているのですが、正直短時間勤務だと、責任のかかるような業務は与えてもらえません。なので、私が一体どんな仕事をやっているのかというのが他の社員からわかりづらいようで、周りからは「ぶら下がり社員」だと思われているような気がしています…。確かに残業はできるだけしたくないので、仕方ないのかもしれませんが…。その分誰かが私の分の業務もこなしてくれているかと思うと、どうしても気になってしまいますよね。(広告代理店勤務/30歳)

通常の勤務と短時間勤務では業務内容が変わることもしばしば。その業務内容を社内に共有されていないからこそ「あの人は今なんの仕事をしているの?」「居る必要ある?」なんて厳しい見方をされてしまうこともあるのだとか。

また下記のように、職場をもっとよくしたいという気持ちから、提案をしてしまったことで裏目に出てしまうということも…。育児をしながら仕事もこなしたい、と意欲があっても実際に同じ職場に居る人からは冷ややかな視線が送られることは多々あるようです。

自分がまさか、こんなに早く職場復帰するだなんて思ってなかったんですけど(笑)その立場になったからこそ、もっとこうすればいいんじゃないか、こんな制度があればいいんじゃないか、と提案したら、それが周囲からはモンスターワーママだ! と言われてしまって…。やっぱり万全に働けない状態で、意見を主張するのはなかなか難しいですね(金融/34歳)

ワーママが気持ちよく働くことのできる環境って?

会社の制度だけでなく、肩身の狭い思いをしてしまうワーキングマザー。このような人たちが気持ちよく過ごすことのできる環境づくりは、どういったところからできるのでしょうか。

"子育て"だけが退職理由なんじゃない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

これは筆者の考えではありますが、実際にワーママが職場に不満を持って退職するのには、子育て以外の理由が含まれているように感じます。何人かのワーママに話を聞いていて気づいたことは、誰もが『子育て』が一番の理由で会社を辞めたいと思ったのではないということです。

育児をしながら働く過程において、短時間での業務をこなせない=大事な仕事は任せられない、と判断されることは非常に多く、『誰にでもできる仕事』をいくつか任せられるだけといったことに、今後のキャリアへの不安が積もり、また周囲からもそのような立場として扱われることによって、自分の存在意義を感じることができなくなってしまう…。といったケースが多いように感じたのです。
ワーママへのキャリアプランがあまりにも不明瞭なことが、育児退職を引き起こし、そしてこの流れがさらにワーママを苦しめているように思えます。

ワーママに必要なサポートとは

時間的に融通がきくことはもちろんですが、それ以外にもワーキングマザーにとって必要なサポートはいくつかあります。それは
『①時間に制約があっても、ある程度経験や知識を鍛えられることのできる職場環境や上司が居ること』です。ワーキングマザーに対し、軽い仕事しか任せないことはパッと見た感じ、優しい印象のように映りますが、実際には働きながらもしっかりとしたキャリア形成をこなしていきたいという女性が多いからです。これはもちろん、人それぞれに理想の働き方があるため、全ての人に適応するとは言いませんが、一度ワーキングマザーとしての働き方について、話し合う場を設けてみると良いでしょう。

そして、『②振り分けている業務内容をそれぞれに共有すること』も大切です。先ほど、時短勤務をしているワーママがどんな業務をやっているかわからないからこそ、他の社員たちがぶら下がり社員だという目線を持ってしまうといったエピソードがありました。そのように気負いする状態を作るのではなく、業務内容を共有することで他が手立てもできる環境を作る必要があるのです。

そして職場全体の『③残業時間の見直し』も大切です。ワーママが早めに退社するのが目立ってしまうのは、他社員の残業時間の長さが理由だともいえます。働き方改革が進むと同時に、残業時間の見直しは社会的に進んではきましたが、実際には残業時間を家に持ち帰って仕事をしている社員もとても多いことがわかります。これらは会社がもっと根本的な業務量の見直しから始めることで軽減されるはず。育児休暇をとる社員がでた時のためにも、業務の見直しから始めていくべきだといえるでしょう。

ワーママが身を縮こませる必要がない職場づくりへ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

周りからの視線が気になるから、身を縮こませてこっそり退社するといったワーママを減らすことが、会社として必要な取り組みであることがおわかりいただけたでしょうか。

育児と仕事の大変さを知っているからこそ、どこまでの業務量を任せていいのかわからない、と悩む方ももちろんいらっしゃるでしょうが、それは本人と直接話して決めるところ。何もかもを「〇〇だろう」と決めてしまうことは決して得策ではありません。コミュニケーションをしっかりとり、本人の意思を確認した上で、他の社員とのバランスや働き方の多様性を深めてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


残り2ヶ月! 2018年を最高に充実させるライフプランの立て方

残り2ヶ月! 2018年を最高に充実させるライフプランの立て方

一年は本当に早いもので、2018年も残すところあと2ヶ月。今年一年を振り返るには少し早いですが、皆さんの2018年は充実させることが出来たでしょうか?充分に満足できる!と自信を持って言える方も、そうでない方にとっても平等にやってくる一年の終わりを前に、今あらためて2018年を輝かしいものにしてみませんか?


「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

自分にとってこだわりだと思っていたこと。実はそれが周りにとっては「細かい」や「頑固」といったネガティブな目線で見られることもときにはある。だからといって仕事に手を抜くことは正解なのか。今回は、こだわりが頑固に見られる境界線と対処法についてご紹介します。


「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第57回目は、好きなことを仕事にする注意点についてです。


職場復帰する時に知っておきたい!短時間勤務のデメリットって?

職場復帰する時に知っておきたい!短時間勤務のデメリットって?

育児休業を終えて、いよいよやってくる職場復帰のタイミング。「まずは時短勤務をしながら、育児と仕事のバランスを整えていこう」なんて、軽く考えてはいませんか? 時短勤務には、良い面はもちろんありますが、始まってから知る悪い面もあるのです。後々後悔することのないよう、あらかじめ短時間勤務のデメリットを知っておきましょう。


最新の投稿


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第9回目は、「本当のパートナー」について。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

そろそろ肌の乾燥が気になってきたこの時期。 顔だけでなくボディに対する乾燥も、まずは洗うものから衣替えをはじめてみませんか? この時期にちょうど良い、しっとりさに導いてくれるボディソープを3つご紹介します。


【松下流・女磨き術①】奥二重を活かしたクールビューティーメイク

【松下流・女磨き術①】奥二重を活かしたクールビューティーメイク

コンプレックスは「隠す」のではなく「活かす」ことで改善できる。読者の持つメイクに関するお悩みを、美容家の松下侑衣花が解決! 自己流メイクを少し変えるだけで、ガラリと変わる印象を実感して。1人目のゲストは、「奥二重」に悩むこんな方。


3つ当てはまったら危険信号?! 疲労がピークに達している人のお疲れサイン

3つ当てはまったら危険信号?! 疲労がピークに達している人のお疲れサイン

仕事とプライベートにメリハリがなく、友人と遊びに行く約束すらも面倒くさく感じてしまう……それは心がお疲れのサインかも。肉体的な疲労や精神的な負荷から、自然とやってしまうありがちな行動を紹介。3つ当てはまったら危険信号かも?! ぜひチェックしてみてください。


RANKING


>>総合人気ランキング