【ハワイ特集♡】オアフ島での交通手段を知ろう!効率的な過ごし方とは?

【ハワイ特集♡】オアフ島での交通手段を知ろう!効率的な過ごし方とは?

オアフ島の観光。 日本と違って電車が走っているわけではないため、移動に時間がかかりがち。 それでもいくつかの交通手段があるため、上手に活用して効率よく過ごしてみましょう。


楽しいハワイ旅行。
オアフ島の観光するとなると、行きたいところがいっぱい! 行きたいところに効率よく行くためには、まずは交通手段を知っておくことが近道に。そこでどんな交通手段があるのかを、ご紹介します。

《交通手段あれこれ》

①レンタカー

オアフ島の隅々まで観光したいなら、やはりレンタカーがおすすめ。

DFSには1階にニッポンレンタカーが入っており、日本語対応してくれるので安心です。金額はだいたい$150前後で1日借りることができます。

基本は予約をしてからの方が、車種を選べるためおすすめですが、当日でも車があればレンタルは可能。予約をしていないと、ピークの時期にはピーク料金を支払わなくてはならないこともありますから、事前予約がお得です。
ハワイにいると、日本の運転免許証をホテルに置いておく方がほとんどかもしれません。レンタカーを借りときには必ず必要ですので、忘れずに持っていきましょう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

②The Bus(ザバス)

オアフ島におとづれたことのある方なら誰もが知っている、交通手段といえばシティーバス『The Bus』の利用。レンタカーを利用しないのであれば、こちらを利用するのが一般的といえます。

1回の片道の乗車で、$2,75かかります。
最近までは2時間以内の乗り換えには「トランスファーチケット」をもらえば、乗り換えの際に$2,75がかからないシステムでしたが、2017年10月1日から変更になりました。最初にバスに乗車する際、$5,5ドルを支払うことで『1日中フリーで乗れる』というチケットをもらうことができるようになったのです。

そしてバスの料金は2018年1月1日より変更となり、1回片道の乗車で$2,75となっています。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

③biki(ビキ)

日本でも東京23区で無人のレンタル自転車を借りることのできるサービスがありますが、ハワイでも登場しています。それが『bike(ビキ)』。

ワイキキ中心部のほか、チャイナタウンやダイヤモンドヘッド、ハワイ大学の辺りまで設置されており、今までトロリーやThe BUSを利用しなければならなかったエリアにも、気軽に行くことができるようになりました。

支払い方法はクレジットカードのみ。1回30分までの「シングルライド」なら$3,50、300分(5時間)まで乗り放題のフリースピリットパスなら$20と使いやすい価格帯なのも魅力です。

しかしながら日本とは違い、アメリカの交通ルールは基本的に車道を走るから自転車専用レーンを走らなければ、罰金をかせらせる可能性もありますので、ご注意を。

④Uber(ウーバー)

筆者自身、タクシーよりも使いやすいと感じているウーバー。場所を指定するとウーバーが、その場所まで迎えに来てくれます。

また行き先はアプリで指定するため、英語が話せなくても大丈夫。さらに利用した後は、運転手への評価をこちらが行うと同時に、利用者自身もウーバーの運転手に評価をされます。そのため評価の悪い運転手を選ばないこともでき、女性1人で乗車しても安心です。(逆にこちらのマナーが悪いということになると、乗せてもらえなくなることも、、、。)

利用開始方法は、ウーバーアプリでクレジットカード番号を登録するだけでOK。タクシーよりも価格も安いので、おすすめです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

《賢く利用するのがGood》

ハワイ・オアフ島の交通手段としては、このようなものがありますが、ワイキキ中心部は車を駐車できるスペースが少なく、あったとしても駐車料金が高いことがあるため、ビキを利用するのが便利。

ホノルル国際空港よりも上の方面や、ハレイワなど、複数をいっぺんに回りたいというときにはレンタカーがおすすめです。

バスでお出かけの際は、必ずアラモアナショッピングセンターの海側にあるインフォメーション(カスタマイズできるビーチサンダル屋さんの横)でバスの時刻表をGetしておくと、乗り換えやスケジュールを立てやすくなり、時間を有効に使えます。

ウーバーは暗くなり、夜が遅くなってしまった時などにぴったりです。

賢く交通手段を利用して、ハワイ旅を楽しみましょう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

Kupono Beauty代表。ビューティ―&ファッションライター・エディター、美容商材やプログラムの開発コンサル

関連するキーワード


交通手段 海外

関連する投稿


ヨーロッパから学ぶ。ワークライフバランスの整える働き方って?

ヨーロッパから学ぶ。ワークライフバランスの整える働き方って?

ヨーロッパは日本と違い、有給取得率も高い上に長期間のバカンスを取る“文化”があります。ライフワークバランスの先進国ともいえるヨーロッパの働き方は一体どのようなものなのでしょうか。また、有給取得率が低い日本で、仕事とプライベートのバランスを保つためにはどんな働き方をすれば良いのでしょうか?


女性管理職率がトップレベル! スウェーデンに学ぶ労働環境って一体?

女性管理職率がトップレベル! スウェーデンに学ぶ労働環境って一体?

「世界幸福度ランキング」の上位に、北欧がこぞってランクイン。その中でも、スウェーデンは女性管理職率がトップレベルとなっています。一体、どんな所が日本と違っているのでしょうか? スウェーデンの労働環境について見ていきましょう。


海外で働くために事前に知ってほしい3つのこと

海外で働くために事前に知ってほしい3つのこと

海外で働いてみてわかった、海外で働くために事前に知ってほしいこと3つご紹介します。いつか海外で働きたいという夢を持ってる方向けの記事です。


【ハワイ特集♡】見ているだけで楽しいハワイコスメ。お土産にするならどれにする?

【ハワイ特集♡】見ているだけで楽しいハワイコスメ。お土産にするならどれにする?

ハワイといえばコスメ探しも、女性にとっては楽しいもの。 オアフ島で見つけたオシャレで、使う前から思わずワクワクしてしまうアイテムをご紹介します。


【ハワイ特集♡】アメリカンな食事に飽きてしまったら!頼れる日本食レストラン3つ

【ハワイ特集♡】アメリカンな食事に飽きてしまったら!頼れる日本食レストラン3つ

ハワイの食事といえば、アメリカだけあってジャンキーなものが有名。 だけど実際のところ、そんな油っぽいものばかりを食べていたら胃腸が疲れて日本食が恋しくなってしまう人も少なくはないはず。 そこで思い立ったらすぐに行ける、日本食を食べられるお店をご紹介します。


最新の投稿


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


RANKING


>>総合人気ランキング