たった一言が運命を動かす。私が感銘した言葉たち

たった一言が運命を動かす。私が感銘した言葉たち

家族、恋人、親友、芸能人、偉人たち…。悩みにぶつかってしまったとき「言葉」が私たちを救ってくれます。今回は、私が感銘した言葉たちをご紹介します。


言葉は心を動かす力がある

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

壁にぶつかっているとき、苦しみながらももがきます。

何度も諦めたくなるし、自分の存在意義すらも見失うときもあります。そんなとき支えになるのは、大切な人たちや偉人が言い残した「言葉」です。

言葉は人の心を動かす力をもっています。
今回は、私が感銘した言葉たちをご紹介します。

「心が弱いのも繊細なのも、一つの才能なのよ。」(占い師さんのご友人)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私は持病をもっています。体調管理には人一倍気をつけていますが、体調不良というのは、そんなに簡単にコントロールできるものではありません。メンタルもどちらかといえば弱いのかもしれません。

様々なことに気づき、人の感情の変化にも敏感に反応してしまうため、普通の人の何倍も疲れて、あっという間にダウンするときも多々あります。

先日、仲のいい占い師さんに「気力や体力がもっとあったら、もっと年収はアップするし世界だって広がるのに、なかなか言うことを聞いてくれない」と相談をしたときに、占い師さんのご友人が「心が弱いのも繊細なのも、一つの才能なんだ」とおっしゃっていたらしく、その話を聞いて、とても心が楽になれました。

欠けてしまっているものが多い自分を何度も責めたくなりますが、こうやって欠けていなかったら、今の書く仕事には就いていなかった可能性もあります。心が弱いのも、持病をもっていることも一つの個性であり、才能でもある。前向きになれた一言でした。

「一人じゃないから」AIさんの楽曲『Story』より

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

パワフルな歌声が魅力的なAIさん。彼女を代表する名曲といえば『Story』です。発売から数年の時を経た今でも、音楽番組で度々取り上げられ、AIさん自身もよく歌われている名曲です。

『Story』という曲に出会ったとき、私は学校に通えず、普通の人としてまったく生活ができない状況でした。友人と遊ぶということもなく、一人でじっと部屋に閉じこもっていたのです。一時は大学進学を諦めていたほど、絶望の淵に立たされていました。

そのとき『Story』の歌詞の中の「一人じゃないから」というワンフレーズにとても励まされていました。「説明する言葉も無理して笑うコトもしなくていいから」と、音楽を通して言われたとき、弱りきってしまった自分をそのまま受け止めようとも思いました。シンプルな歌詞と優しい音色が疲れきった私を支えてくれたのです。

「仕事のためには、すべてを犠牲にした。恋でさえ犠牲にした。仕事は私の命をむさぼり食った」ココ・シャネル

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

学生時代から大人になるまでの7年間の恋を終わらせたのは、半年ほど前のことです。
とても好きな人でした。このまま結婚をするとも思っていました。

ところが二年程前からお互いに意思疎通ができなくなり、価値観の違いや将来の方向性が違うなど、様々な理由を解消しきれず、区切りをつけることになったのです。

別れたとき、仕事を最優先にしてきた私を受け止めてもらえなかった悲しさ・悔しさと、彼との時間を単純に楽しめなくなった自分への腹立たしさと、心の中は大荒れ。数カ月経った今も、肉体的な疲れはまだとれていません。

仕事に生きると決めた私を支えてくれたのは、ココ・シャネルの言葉でした。『ココ・シャネルの言葉』(著者 山口路子)によると、彼女は最後の最後まで結婚しない人生でよかったのかと、思い続けたと書いてあります。

また、誰もが働かないであろう、恋人と過ごしているであろう「日曜日」に亡くなった彼女の強い生き方に共感を覚え、この本をお守りとして毎日歩こうと決めました。

今までの5年間、プライベートはほとんど犠牲にしてきました。だからこそ、得られた自由な働き方だと今も思っています。

女性としての幸せは、まだ得られていない状態ですが、これからは後ろを振り返ることなく、ココ・シャネルのように、仕事に生きるかっこいい女性でありたいと強く願っています。

言葉は人を動かす、感情を動かす力がある

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人が言い放った言葉は、ものすごく強い力をもっています。相手を大切に思っているからこそ出てきた言葉は、とても美しい。これから先、私自身も誰かの心を言葉で動かせる人間でありたいと思っています。言葉は、まさに魔法です。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


言葉 名言

関連する投稿


凛として生きる。幸せな暮らしへと繋がる「言葉」の習慣

凛として生きる。幸せな暮らしへと繋がる「言葉」の習慣

言葉は、つらいときに自分を支えてくれるお守り。凛とした女性を目指して、美しい言葉を話せる・書ける人になりましょう。


品は、言葉でつくられる 大和(やまと)言葉の使い方

品は、言葉でつくられる 大和(やまと)言葉の使い方

洋服やメイクで外見がきれいな女性はたくさんいるけれど、言葉遣いが悪くてがっかり…。 という残念な人にはなりたくない。 時折つかう言葉を「大和(やまと)言葉」にして言葉遣いも美しい女性になりましょう。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


オンライン仕事あるある!? 顔が見えない相手へ送る「文字」の注意点|MY WORK ヒント#53

オンライン仕事あるある!? 顔が見えない相手へ送る「文字」の注意点|MY WORK ヒント#53

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第53回目は、オンライン仕事で気をつけたいことについてです。


「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

「そこは何も言わなくて良いのに……」余計な発言を言ってしまったばかりに、微妙な空気を作ってしまったことはありませんか? 相手の発言にはすぐ気が付いても、自分のNG発言には気が付きにくいものです。今回は、相手を困らせてしまう言葉について考えていきます。


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング