目の輝きが違う!軸がしっかりしている人とブレブレの人の違いって?



軸がしっかりしている人は、横顔も美しい

自分軸がしっかりしている人は、言動も一致していて、頭の中で浮かんだアイディアを行動に移すまでの時間も速く、結果が出るのも速い。

一方、いつまでもブレブレの人は、とにかく飽きやすく、右に行ったり、左に行ったりと不安定。

今よりももっと高い位置を目指したいなら、自分軸をそろそろ安定させなければいけません。今回は、軸がしっかりしている人とブレブレの人の違いについてご紹介します。

軸がしっかりしている人#1「他人に弱さを見せない」

軸がしっかりしているように見える人も、泣きたいときはたくさんあって、周りに見せていないだけ!

成功話だけが輝いて見えてしまいますが、その結果に辿り着くまでに何度も、何度も悔しい思いをしています。しかし、自分軸がしっかりしている人ほど、他人に弱さを見せつけません。弱さを見せることが、格好悪いからです。

きっと自分のスタイルにも当てはまらないと感じているのでしょう。軸がブレブレの人は、少しつらいことがあっただけで、大げさにSNSに投稿します。

愚痴を書くのは自由ですが、SNS以外に何か方法はなかったのかと感じさせるほど、マイナスなことを書くのはさすがにマナー違反。自分軸を安定させられていないからこそ、他人にも弱さを見せちゃうのかも。

軸がしっかりしている人#2「誰よりもアクティブに行動し、努力もしている」

自分軸がしっかりしているのは、それだけ失敗も経験してきたから。失敗を経験しない限り、視野は広がりません。何度も悔しい思いをして、脳みそが沸騰するほど考え抜くからこそ、他人には真似できない自分スタイルを築きあげられるのです。

軸を安定させられるのも、きっと人よりも経験しているから。人生経験を積むためには、積極的に行動し、努力することが何よりも大切。ただダラダラと過ごしているだけでは、経験を積めません。

なかには方向性を定めないまま、闇雲に行動している人もいますが、これはアクティブというより迷走しているだけ。

軸がブレブレの人#1「常にやりたいことが変わる」

時間の流れとともに、やりたいことが変わるのは当然です。考え方も変わるし、それは仕方のないこと。

ただあまりにも、やりたいことが次々と変わるのは、それは単純に自分軸が定まっていないだけ。この間は「○○になるためにがんばっています」と言っていたはずなのに、今度は「起業をします」と、はちゃめちゃなことを言い過ぎている人は、ちょっと危険かも。

大げさに言っているだけで、これは目標が定まっていないのと同じです。やりたいことが変わりすぎているということは、それだけ自分軸が見つからず、フラフラしている状態。

自分が何を目指すのか、目標や夢がはっきりするまで、じっと過ごすことも大事。

誰だって揺れる。だけど自分軸のある人は揺らぎが少ない

どんな人も、心が揺れるときはあります。
揺れるからこそ、理解できることもあります。

揺らぎや変化を恐れる必要はありませんが、自分軸を安定させたいなら、もっともがくこと。自分と対話することが大切です。少しずつ揺らぎの幅を狭くしながら、自分の中心軸を安定させましょう!