定期的に行う5つの「自己分析」で、理想のワークスタイルを引き寄せて

定期的に行う5つの「自己分析」で、理想のワークスタイルを引き寄せて

経験の蓄積やその時の心情によって私たちは常に変化しています。「自己分析」というと、つい就活を思い浮かべてしまいますが、大人になっても定期的に自分を見つめることができる自己分析は、ブレない自分をつくるのにとても有効です。


「自己分析」は就活以外にも使える!

私たちが就職活動を行うときにはまず、就職先の企業を選ぶために「自己分析」を行っていました。
けれど、私たちは経験や知識を積み重ね、その時の状況や周囲に居る人など、日々さまざまに変化しています。100年生きるといわれている私たちが、生涯をかけて今勤めている企業に勤続し続けるかどうかは、正直なところわかりません。
キャリアを積み上げるとともにやってくるモヤモヤ期も、きっと誰もが経験するはずです。

今後のキャリアについて、また理想とする働き方について、たくさんある選択肢の中からブレが生まれないよう、大人になった今こそ、もう一度自己分析を行っていきましょう。

①「長所」と「短所」を分ける

まずは自分の長所と短所をはっきりと区別しておきましょう。学生の頃から、変わってるかもしれないし、変わっていないかもしれません。小さなことでも構わないので、できるだけたくさん書き出してみると良いでしょう。

とくに長所は、自分自身では見つけづらいところもあります。そんなときは自分の周囲にいる先輩や後輩、友達や両親に聞いてみると良いでしょう。会社のことや仕事内容を語ることが上手でも、自分自身の自己紹介がすることが苦手な社会人は多いものです。自分のことを、自分で知っている人ほど、魅力を引き出すのが上手です。

②「好き」と「嫌い」を分ける

次は、好きなことと嫌いなことを区別していきましょう。特に、仕事に関して深く考えたい人は、どんな仕事が好きでどんな仕事が嫌いなのかを明確にしておくべきです。行動や趣味、関わる人の好き嫌いなど、自分の「好き」と「嫌い」もとにかくたくさん挙げてみてください。

モチベーションが下がるのが嫌!毎日を今よりも安定させるコツ

https://cinq.style/articles/880

理想のライフスタイルに近づけようと、毎日がんばってはいるけれど…。今よりももっと安定的な暮らしがしたいあなたに!今回は、毎日を今よりも安定させるコツをご紹介します。

③「やりたい」「やりたくない」を分ける

そして、次は自分の原動力となるモチベーションがどこで生まれるのか探します。やりたいこと、やりたくないことをそれぞれ書き出してみてください。
もし、今転職を考えている人がいるとしたら、自分の仕事にフォーカスを当てて考えてみてもいいでしょう。自分のやりたいことがどれだけできていて、どれだけやりたくないことを積み重ねているのか。自分が居るべき環境を見つめ直すきっかけになります。

④「評価されたこと」「されなかったこと」を挙げる

次は、今まで自分がやってきたことで「人から褒められたこと」をそれぞれ見つけていきます。自分が好きな服と、似合う服が違っているように、自分の仕事に対しても、やりたいことと向いていることが違っている可能性があるからです。思いの外評価されたこと、また頑張ったけどあまりそれが結果としてついてこなかったことをそれぞれピックアップしていくと、自分に向いているものが一体なにか、わかるはずです。

⑤「理想」と「現実」を分けて、足りないものを見つける

次は自分の「理想」を書き出すことです。どんなに小さいことでも構いません。頑張れば実現できることに限らず、たとえ非現実でも、かなえたい夢をそれぞれ明確にすることです。

そして、それと同時に今自分がどんな状況にいるかも理解して必要があります。それぞれを書き出していくと、理想と現実のギャップを埋められそうなところが必ずあるはずです。どんな能力が、どんな環境が、どんな仲間が足りないのかを明確にすることで、次のステップへ繋げることができます。

手帳の空いたページに書いておいて、定期的に眺めて

これらの「自己分析」をそれぞれ、自分がよく目にするところに書き出しておくと、定期的に自分の見直しができて便利です。手持ちの手帳を持っている人は、空いたページにこの5つのことをそれぞれ書いてみてください。

忙しいときは仕事に追われすぎていて見えなかったことが、このノートを見直すことで、必要のないものに気づき、捨てるための気付きを与えてくれることもあります。私たちのキャパシティはある一定のところに決まっているはず。こうして書き出すことで、自分に必要のないものをうまく見つけることができることが、ノートに書きだすメリットでもあるのです。

時々自分のことを、自分の行動を、思いを書き出す時間をつくって、理想のワークスタイルを叶えていきましょう。

仕事もプライベートも充実度を高める!使える手帳活用術♡

https://cinq.style/articles/24

多くの人がスケジュールの管理として使用している「手帳」。 いつも持ち歩くアイテムだからこそ、時間の管理や把握だけでなく、自分のモチベーションを上げたり、生活を豊かにしてくれる活用法があったら嬉しいですよね。今回はよくばり女子の賢い手帳活用法をご紹介! 

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


仕事もダイエットも。ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ

仕事もダイエットも。ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ

「ウィルパワー」という言葉を聞いたことはありますか? ウィルパワーとは簡単にいうと“意志力”のことを指します。簡単に言うと、目標に向かって集中できることのできる力、のことです。ダイエットにも仕事にも、何かを成し遂げたいという目標がある方にはこの“意志力”が欠かせません。


「嫉妬」が意味するものって?向き合い方と改善方法を考える|MY WORK ヒント#63

「嫉妬」が意味するものって?向き合い方と改善方法を考える|MY WORK ヒント#63

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第63回目は、嫉妬心との向き合い方についてです。


同業種の恋愛で気をつけたい! 公私混同しないパートナー作りのコツ2つ|MY WORK ヒント#62

同業種の恋愛で気をつけたい! 公私混同しないパートナー作りのコツ2つ|MY WORK ヒント#62

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第62回目は、同業種での恋愛について考えます。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


一緒に居ると疲れちゃう?! エナジーヴァンパイアとは

一緒に居ると疲れちゃう?! エナジーヴァンパイアとは

一緒に居ると、疲れてしまう相手はいませんか? もし身近に思い当たる人物がいたら、要注意。それがあなたにとってのエナジーヴァンパイアです。今回は、あなたのエナジーを奪う恐ろしいヴァンパイアの話をしましょう。


最新の投稿


ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

流行の兆しを見せつつあるパープル系コスメを使った透明感アップメイクを紹介。大人女子特有の肌のくすみをさりげなくカバーしてくれるカラー、ぜひチェックして。


みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

持ち物をコンパクトにまとめようと、ミニマルサイズのアイテムが流行する今。中でも注目したいのはどんどん小さく、薄く、進化をし続けている「お財布」について。実際ミニ財布を持ち歩いている人たちは、たくさんあるカードをどのように収納しているのでしょうか? 財布の中身を抜き打ちチェックしてみました。


収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

皆さんはお金の管理がキチンとできていますか? 最近は、スマホひとつあれば、お金の管理ができちゃう、便利アプリが続々と登場しています。手書きの家計簿ではできない優秀機能もたくさん。便利なサービスを使って、お金が「貯まる」仕組みに取り掛かっていきましょう!


物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング