定期的に行う5つの「自己分析」で、理想のワークスタイルを引き寄せて

定期的に行う5つの「自己分析」で、理想のワークスタイルを引き寄せて

経験の蓄積やその時の心情によって私たちは常に変化しています。「自己分析」というと、つい就活を思い浮かべてしまいますが、大人になっても定期的に自分を見つめることができる自己分析は、ブレない自分をつくるのにとても有効です。


「自己分析」は就活以外にも使える!

私たちが就職活動を行うときにはまず、就職先の企業を選ぶために「自己分析」を行っていました。
けれど、私たちは経験や知識を積み重ね、その時の状況や周囲に居る人など、日々さまざまに変化しています。100年生きるといわれている私たちが、生涯をかけて今勤めている企業に勤続し続けるかどうかは、正直なところわかりません。
キャリアを積み上げるとともにやってくるモヤモヤ期も、きっと誰もが経験するはずです。

今後のキャリアについて、また理想とする働き方について、たくさんある選択肢の中からブレが生まれないよう、大人になった今こそ、もう一度自己分析を行っていきましょう。

①「長所」と「短所」を分ける

まずは自分の長所と短所をはっきりと区別しておきましょう。学生の頃から、変わってるかもしれないし、変わっていないかもしれません。小さなことでも構わないので、できるだけたくさん書き出してみると良いでしょう。

とくに長所は、自分自身では見つけづらいところもあります。そんなときは自分の周囲にいる先輩や後輩、友達や両親に聞いてみると良いでしょう。会社のことや仕事内容を語ることが上手でも、自分自身の自己紹介がすることが苦手な社会人は多いものです。自分のことを、自分で知っている人ほど、魅力を引き出すのが上手です。

②「好き」と「嫌い」を分ける

次は、好きなことと嫌いなことを区別していきましょう。特に、仕事に関して深く考えたい人は、どんな仕事が好きでどんな仕事が嫌いなのかを明確にしておくべきです。行動や趣味、関わる人の好き嫌いなど、自分の「好き」と「嫌い」もとにかくたくさん挙げてみてください。

モチベーションが下がるのが嫌!毎日を今よりも安定させるコツ

https://cinq.style/articles/880

理想のライフスタイルに近づけようと、毎日がんばってはいるけれど…。今よりももっと安定的な暮らしがしたいあなたに!今回は、毎日を今よりも安定させるコツをご紹介します。

③「やりたい」「やりたくない」を分ける

そして、次は自分の原動力となるモチベーションがどこで生まれるのか探します。やりたいこと、やりたくないことをそれぞれ書き出してみてください。
もし、今転職を考えている人がいるとしたら、自分の仕事にフォーカスを当てて考えてみてもいいでしょう。自分のやりたいことがどれだけできていて、どれだけやりたくないことを積み重ねているのか。自分が居るべき環境を見つめ直すきっかけになります。

④「評価されたこと」「されなかったこと」を挙げる

次は、今まで自分がやってきたことで「人から褒められたこと」をそれぞれ見つけていきます。自分が好きな服と、似合う服が違っているように、自分の仕事に対しても、やりたいことと向いていることが違っている可能性があるからです。思いの外評価されたこと、また頑張ったけどあまりそれが結果としてついてこなかったことをそれぞれピックアップしていくと、自分に向いているものが一体なにか、わかるはずです。

⑤「理想」と「現実」を分けて、足りないものを見つける

次は自分の「理想」を書き出すことです。どんなに小さいことでも構いません。頑張れば実現できることに限らず、たとえ非現実でも、かなえたい夢をそれぞれ明確にすることです。

そして、それと同時に今自分がどんな状況にいるかも理解して必要があります。それぞれを書き出していくと、理想と現実のギャップを埋められそうなところが必ずあるはずです。どんな能力が、どんな環境が、どんな仲間が足りないのかを明確にすることで、次のステップへ繋げることができます。

手帳の空いたページに書いておいて、定期的に眺めて

これらの「自己分析」をそれぞれ、自分がよく目にするところに書き出しておくと、定期的に自分の見直しができて便利です。手持ちの手帳を持っている人は、空いたページにこの5つのことをそれぞれ書いてみてください。

忙しいときは仕事に追われすぎていて見えなかったことが、このノートを見直すことで、必要のないものに気づき、捨てるための気付きを与えてくれることもあります。私たちのキャパシティはある一定のところに決まっているはず。こうして書き出すことで、自分に必要のないものをうまく見つけることができることが、ノートに書きだすメリットでもあるのです。

時々自分のことを、自分の行動を、思いを書き出す時間をつくって、理想のワークスタイルを叶えていきましょう。

仕事もプライベートも充実度を高める!使える手帳活用術♡

https://cinq.style/articles/24

多くの人がスケジュールの管理として使用している「手帳」。 いつも持ち歩くアイテムだからこそ、時間の管理や把握だけでなく、自分のモチベーションを上げたり、生活を豊かにしてくれる活用法があったら嬉しいですよね。今回はよくばり女子の賢い手帳活用法をご紹介! 

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第92回目は、ネットで検索する時の考え方についてです。


フリーランス女子へ捧げる「やる気がでなくて仕事ができなかった日」を減らす方法

フリーランス女子へ捧げる「やる気がでなくて仕事ができなかった日」を減らす方法

フリーランス女子は毎日、自分との戦い。自由な環境だからこそ、感情に負けてばかりいてはいけません。「やる気がでなくて仕事ができなかった日」が、どうか1日でも減りますように。そんな願いを込めて、コラムをお届けいたします。


心より先に足を上げる。モチベーションが下がった時の対処方法|MY WORK ヒント#87

心より先に足を上げる。モチベーションが下がった時の対処方法|MY WORK ヒント#87

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第87回目は、モチベーションの保ち方についてです。


仕事にダイエットに モチベーショングラフの効果と書き方

仕事にダイエットに モチベーショングラフの効果と書き方

モチベーショングラフというのを知っていますか? グラフを書くだけでダイエットでも仕事でもやる気がモリモリ湧いてくるグラフのことです。そこには、ロールプレイングゲームに没頭する心理と共通点があります。そこで、モチベーショングラフについて説明していきましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


最新の投稿


信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

どうすれば夢や目標が叶うまでの日々を楽しく生きられるのか……ゆっくり、一緒に考えてまいりましょう♩


「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、『横浜天然温泉 SPA EAS』の支配人、横目恭子さん。元全日空のCAという経験を活かして、スタッフやお客様に“癒し”を与えている素晴らしい女性です♡


夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏のお出かけで気になるのはやっぱり汗の「ニオイ」や「不快感」……。外出の予定が多いはたらき女子には、欠かせないであろう便利なデオドラントアイテムたちをご紹介。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング