定期的に行う5つの「自己分析」で、理想のワークスタイルを引き寄せて

定期的に行う5つの「自己分析」で、理想のワークスタイルを引き寄せて

経験の蓄積やその時の心情によって私たちは常に変化しています。「自己分析」というと、つい就活を思い浮かべてしまいますが、大人になっても定期的に自分を見つめることができる自己分析は、ブレない自分をつくるのにとても有効です。


「自己分析」は就活以外にも使える!

私たちが就職活動を行うときにはまず、就職先の企業を選ぶために「自己分析」を行っていました。
けれど、私たちは経験や知識を積み重ね、その時の状況や周囲に居る人など、日々さまざまに変化しています。100年生きるといわれている私たちが、生涯をかけて今勤めている企業に勤続し続けるかどうかは、正直なところわかりません。
キャリアを積み上げるとともにやってくるモヤモヤ期も、きっと誰もが経験するはずです。

今後のキャリアについて、また理想とする働き方について、たくさんある選択肢の中からブレが生まれないよう、大人になった今こそ、もう一度自己分析を行っていきましょう。

①「長所」と「短所」を分ける

まずは自分の長所と短所をはっきりと区別しておきましょう。学生の頃から、変わってるかもしれないし、変わっていないかもしれません。小さなことでも構わないので、できるだけたくさん書き出してみると良いでしょう。

とくに長所は、自分自身では見つけづらいところもあります。そんなときは自分の周囲にいる先輩や後輩、友達や両親に聞いてみると良いでしょう。会社のことや仕事内容を語ることが上手でも、自分自身の自己紹介がすることが苦手な社会人は多いものです。自分のことを、自分で知っている人ほど、魅力を引き出すのが上手です。

②「好き」と「嫌い」を分ける

次は、好きなことと嫌いなことを区別していきましょう。特に、仕事に関して深く考えたい人は、どんな仕事が好きでどんな仕事が嫌いなのかを明確にしておくべきです。行動や趣味、関わる人の好き嫌いなど、自分の「好き」と「嫌い」もとにかくたくさん挙げてみてください。

モチベーションが下がるのが嫌!毎日を今よりも安定させるコツ

https://cinq.style/articles/880

理想のライフスタイルに近づけようと、毎日がんばってはいるけれど…。今よりももっと安定的な暮らしがしたいあなたに!今回は、毎日を今よりも安定させるコツをご紹介します。

③「やりたい」「やりたくない」を分ける

そして、次は自分の原動力となるモチベーションがどこで生まれるのか探します。やりたいこと、やりたくないことをそれぞれ書き出してみてください。
もし、今転職を考えている人がいるとしたら、自分の仕事にフォーカスを当てて考えてみてもいいでしょう。自分のやりたいことがどれだけできていて、どれだけやりたくないことを積み重ねているのか。自分が居るべき環境を見つめ直すきっかけになります。

④「評価されたこと」「されなかったこと」を挙げる

次は、今まで自分がやってきたことで「人から褒められたこと」をそれぞれ見つけていきます。自分が好きな服と、似合う服が違っているように、自分の仕事に対しても、やりたいことと向いていることが違っている可能性があるからです。思いの外評価されたこと、また頑張ったけどあまりそれが結果としてついてこなかったことをそれぞれピックアップしていくと、自分に向いているものが一体なにか、わかるはずです。

⑤「理想」と「現実」を分けて、足りないものを見つける

次は自分の「理想」を書き出すことです。どんなに小さいことでも構いません。頑張れば実現できることに限らず、たとえ非現実でも、かなえたい夢をそれぞれ明確にすることです。

そして、それと同時に今自分がどんな状況にいるかも理解して必要があります。それぞれを書き出していくと、理想と現実のギャップを埋められそうなところが必ずあるはずです。どんな能力が、どんな環境が、どんな仲間が足りないのかを明確にすることで、次のステップへ繋げることができます。

手帳の空いたページに書いておいて、定期的に眺めて

これらの「自己分析」をそれぞれ、自分がよく目にするところに書き出しておくと、定期的に自分の見直しができて便利です。手持ちの手帳を持っている人は、空いたページにこの5つのことをそれぞれ書いてみてください。

忙しいときは仕事に追われすぎていて見えなかったことが、このノートを見直すことで、必要のないものに気づき、捨てるための気付きを与えてくれることもあります。私たちのキャパシティはある一定のところに決まっているはず。こうして書き出すことで、自分に必要のないものをうまく見つけることができることが、ノートに書きだすメリットでもあるのです。

時々自分のことを、自分の行動を、思いを書き出す時間をつくって、理想のワークスタイルを叶えていきましょう。

仕事もプライベートも充実度を高める!使える手帳活用術♡

https://cinq.style/articles/24

多くの人がスケジュールの管理として使用している「手帳」。 いつも持ち歩くアイテムだからこそ、時間の管理や把握だけでなく、自分のモチベーションを上げたり、生活を豊かにしてくれる活用法があったら嬉しいですよね。今回はよくばり女子の賢い手帳活用法をご紹介! 

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


つらいときは密着されているつもりで!「情熱大陸ごっこ」で仕事へのモチベーションをアップ♡

つらいときは密着されているつもりで!「情熱大陸ごっこ」で仕事へのモチベーションをアップ♡

どうしても、つらいときは情熱大陸に出演しているつもりで乗り切りましょう。モチベーションも一瞬でアップしますよ!


「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第80回目は、会話が上手な人に共通することを考えます。


芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

自分磨きをしている「私」をアピールするよりも、自分自身の成長のために、日々の努力を純粋に楽しみましょう。


「最近」が数年前!? 同じところで足踏み状態に起きる前進の低下|MY WORK ヒント#79

「最近」が数年前!? 同じところで足踏み状態に起きる前進の低下|MY WORK ヒント#79

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第79回目は、「最近」の期間がどんどん長くなる現象について考えます。


メタ認知をあげるには? 自分を客観視して的確に行動する3つのTips|MY WORK ヒント#75

メタ認知をあげるには? 自分を客観視して的確に行動する3つのTips|MY WORK ヒント#75

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第75回目は、客観的に自分を見つめて軌道修正する方法を考えます。


最新の投稿


女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

社会で活躍する女性が増え、キラキラ輝くロールモデルに憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。とはいえ、どうすれば憧れのあの人のように仕事とプライベートを両立できるのか、悩むこともありますよね。そんなときに考えたいのが「キャリアプラン」です。今回は、女性のキャリアプランの立て方と立てるタイミングをご紹介します。


仕事のミスを繰り返さない! ミスを振り返り学習する“振り返り術”

仕事のミスを繰り返さない! ミスを振り返り学習する“振り返り術”

仕事でのミスは誰にだってあること。けれど、一度おこしたミスを繰り返すか、繰り返さずに次回から回避できるかがビジネスパーソンには重要になります。同じミスを繰り返してばっかり……という方は、ミスを繰り返さないように「振り返り」を大切にしていきましょう。


病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

もうすぐやってくるゴールデンウィーク! 今年は10連休で、旅行など楽しみな予定を入れている人も多いはず。しかし、気を付けたいのが病院や銀行がお休みという点です。この2つがお休みだとしても「できること」と「できないこと」があります。連休中に困らないためにも確認しておきましょう。


ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

今年は空前の10連休のゴールデンウィークですが、その後ストレスが原因で“五月病”になることがあります。これは、辛いばかりでなく、うつ病などの心の病になる危険性もありますので、早めの対処が必要です。そこで、セロトニン神経を強くしてストセロトニン神経を強くしてストレスに強くなる方法をご紹介します。


肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

毎日のデスクワークで気づいたら身体がバキバキ……! 慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている働き女子も多いのではないでしょうか?そんなお疲れのあなたに、イスがひとつあれば簡単にできる「イスヨガ」をヨガ&ボディメイクインストラクターのReiが紹介! 肩、背中、腰まわりの巡りを良くし、凝りや疲れを解消して。


RANKING


>>総合人気ランキング