《大人のナチュラルメイクはこう作る!》好感を呼ぶ上品・綺麗のつくり方

《大人のナチュラルメイクはこう作る!》好感を呼ぶ上品・綺麗のつくり方

大人になると"いつものメイク"が定番化してしまって、なかなか新しいメイクにチャレンジするのが難しい。今回は大人こそもう一度見直して欲しい、ナチュラルメイクのつくり方をご紹介。


メイクの定番化。

メイクの研究を重ねてきた10代後半から20代前半。流行に合わせたカラーメイクや濃いつけまつげ。ただただ可愛くなりたい、そんな気持ちで色々なメイクにチャレンジしてきた。だからこそ、今ではいつものメイクが"定番化"してきた私たち。だけど、メイクの基本でもあるナチュラルメイクをちゃんと学んだことってあるのだろうか。

大人になったからこその強みである素肌を生かして、それぞれのポイントメイクを押さえていきましょう。

押さえておきたいポイントメイク

眉毛の流れに沿って描き足し

まずはすっぴん眉毛をスクリューブラシで毛流れを整えて。流れに沿って、足りない部分の塗り足しを行いましょう。眉尻は眉山からすっと流すように。

柔らかい印象にしたい人はパウダータイプのアイブロウを使うと◎。


セザンヌ ( CEZANNE)/ ノーズ&アイブロウパウダー

アイシャドウは重ねてぼかして

アイシャドウは薄い色味(パールベージュやゴールドブラウンがオススメ!)をまずアイホールに全体に。次に目のキワに濃いブラウン足して行くと、簡単にグラデーションが完成します。目尻にも濃いブラウンを入れておくことで、より目が大きく見える効果も◎

たった2色でも、グラデーションを作ることでよりハッキリした印象が作れます。アイラインは細く、インラインを埋めるように塗っておいて。


カネボウ ルナソル(LUNASOL)/ スキンモデリング アイズ (アイシャドウ アイカラー)

アディクション(ADDICTION)/ アイライナー ペンシル

フローフシ モテマスカラ ONE リフトアップ / ブラウンブラック

ハイライト&チーク

顔色を明るく見せる、ハイライトを目と頰の間にオン。顔がより立体的に見えるようになります。Tゾーンにも薄く広げて、顎の先にもちょこんとハイライトを入れておくと顔が一気にシャープに。

チークは血色をよく見せる明るい色味を。濃くなりすぎると幼い印象になるので、薄く広く乗せていきましょう。


セザンヌ(CEZANNE)/ ノーズシャドウ ハイライト

マック(M・A・C)/ パウダー ブラッシュ (チーク チークカラー)

リップも自然に顔色を明るく見せるような明るい色を選びましょう。ピンク系の薄いリップを一本持っておけば間違いなし。グロスをたっぷり、つけるのではなくあくまで自然に。大人らしいナチュラルさを身につけて。

M・A・C ミネラライズ リッチ リップスティック / サイバーノート


ジバンシー(GIVENCHY)/ バーム グロス クルーズ 【限定】

ナチュラルに時短♡

時間がない朝でも、ナチュラルメイクの基本を押さえておけば、さっと準備して外に出られるように。大人ならではの柔らかい肌感を武器に、今日を乗り切りましょう。顔周りにふんわりと髪をかけて、横広がりの印象をプラスすることで、横の余白が増え奥行きが生まれ、スッキリとしたフェイスラインに。

Cinq編集部 撮影:KANOCO メイク:yuri
モデル:芳美リン

メイクの基本をおさらい♡ 初心者でもわかる正統派ナチュラルの作り方

https://cinq.style/articles/204

メイクの基礎は知っておいて損はない! 今一度、清潔感を上げるナチュラルメイクの基礎を勉強してみて。

この記事のライター

関連するキーワード


メイク 美容 ナチュラル

関連する投稿


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【美尻を作る】垂れ尻さよなら。ぷりっと上向きヒップの作り方

【美尻を作る】垂れ尻さよなら。ぷりっと上向きヒップの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「お尻ケア」について紹介します。


【アイドル流!】ナチュラルに崩れ知らず、オフィスの華になるOLメイク術

【アイドル流!】ナチュラルに崩れ知らず、オフィスの華になるOLメイク術

働く女子が夏に悩みやすいものの代表に「メイク崩れ」があります。そこで参考にしたいのが、踊って汗をかいていても崩れることもないアイドルたちのメイク術。ナチュラルなのにキチンと盛れて、キープ力抜群のメイクテクは、私たち働く女子にとって強い味方になります。プロ直伝のメイク法をチェックしていきましょう!


「確信したことを成し遂げる力は、誰にでも残っている」ウーマンダイアローグ #24

「確信したことを成し遂げる力は、誰にでも残っている」ウーマンダイアローグ #24

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、伊勢丹新宿店『ビューティアポセカリー』のアシスタントバイヤーを務める鳥谷悠見さん。はじめて伊勢丹新宿本店を訪れたときに感銘を受けて、入社を決意されたそうです♡


最新の投稿


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


RANKING


>>総合人気ランキング