書く力を身につけたい! 毎日、手帳を書ける人が続けている習慣は?

書く力を身につけたい! 毎日、手帳を書ける人が続けている習慣は?

書けば夢が叶うって、知識だけは知っているけど実践が追いつかない。来年こそ、三日坊主を卒業したいですよね。今回は、毎日、手帳を書ける人が続けている習慣をご紹介します。


書いて、今の私を知る。書いて、理想の未来を叶える。

毎日、手帳を書きたい。
頭の中ではそう考えながらも、いつの間にか時間が過ぎ、しかも手帳は真っ白のまま。

記憶だけで予定を管理するのは、大人らしくないかも。手帳を書く時間は、きちんと意識さえすれば確保できるものです。

今回は、毎日、手帳を書ける人が続けている習慣をご紹介します。

朝と夜の時間は必ず手帳時間

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

手帳を書く時間は、10分でも15分でも構いません。たった10分でも手帳を書く時間がとれないほど忙しいのか、一日の流れを振り返ってみましょう。

たとえば、お風呂からでてきた後、携帯を操作したまま時間が経っていませんか?

意外とスマホに奪われている時間は、たくさんあります。手帳を毎日書きたいなら、せめて朝と夜の二回くらいは時間をとりましょう。

最初から一時間以上もとる必要はありません。5分でも10分でも、手帳を開き、考える時間をつくってみてくださいね。

スマホを触る時間があるなら未来について考える

起床後、布団からでるまでの時間。用事を終え、帰宅した後。お風呂からでてきて、ジュースを飲んでいる間の時間。すべてスマホで埋まっていませんか?

スマホを否定するつもりはありませんが、手帳を書く時間は意外とあります。続かないのは、おそらく今の自分にとって手帳がそれほど優先順位の高いタスクではないからでしょう。

あくまでも毎日続けたいなら、スマホに触れる時間を少なくすることです。たとえば、自宅に帰ってきたら緊急的な連絡が来ない限り、スマホはいじらないと決める。あるいは、夜〇時になったらSNSはみないと決めないと、手帳を書く時間は、いつまで経ってもとれません。

そろそろ他者との繋がりではなく、自己と見つめなおす時間を優先させませんか?

仕事帰りにカフェに立ち寄る

家に帰って何もしたくないなら、仕事帰りにカフェへ寄りましょう。素敵な音楽を聴きながら、しばらく考えごとタイムです。

仕事の悩み、人間関係の悩みを書き出したり、次の1か月の予定を組み直したりしているうちに、あっという間に1時間以上が過ぎます。

外で手帳時間をつくれば、家に帰って再び書く必要はありません。メリハリをつけたいなら、外で過ごしているうちに手帳を書くのを自分ルールにしてみるのもあり。

書く時間を少しだけ優先させれば、意外と時間はあるんです!

毎日書いていれば「習慣」になる

毎日、手帳の時間をつくっていると、いつの間にか習慣として定着します。むしろ今度は書かないとソワソワするくらい、自分にとって大事な時間になります。

いきなり毎日続かなくても、最初のうちは諦めない。自分なりに工夫をしながら、日常生活の中に手帳時間をつくりましょう♡

書いて書いて書きまくっているうちに、理想の恋も暮らしもゲットできちゃうかも!?

手帳によって書くものを変えてみて!

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


手帳 手帳術 習慣

関連する投稿


やりたくないことを後回しにしない!計画的に取り組める人の心の持ち方

やりたくないことを後回しにしない!計画的に取り組める人の心の持ち方

仕事にしてもプライベートにしても、タスクはたくさん残っているのに、ついつい後回しにしてしまいたくなることってありますよね。一度後回しにすればするほど、やる気がなくなり「もういいか」なんて諦めてしまうことも。今回はやる気のメカニズムについて考えていきたいと思います。


実りのない時期…“恋に縁のない私”を演じるのをやめてみたらこうなった

実りのない時期…“恋に縁のない私”を演じるのをやめてみたらこうなった

恋が上手くいかない時期って一度は経験するというもの。恋に縁を感じない負のスパイラルから脱却したライター・角の実体験をご紹介!


変われない理由を心理学が解明。自分を変えたい!がスグに叶う3つの方法

変われない理由を心理学が解明。自分を変えたい!がスグに叶う3つの方法

新しく始めたいと思うことや、自分を変えたいと思うことがあっても、なかなか変わることができないのが人間です。今回は、“人間が変わることができないメカニズム”から、変わるためのもっとも簡単な3つの方法を紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。


続かない私にサヨウナラ♡「書く習慣」を楽しく続けるコツ

続かない私にサヨウナラ♡「書く習慣」を楽しく続けるコツ

手帳や日記、アイデアノート。書く習慣が定着しはじめる頃には、自分の運命も変わりはじめているでしょう。


自分に向いてるかも!天職に出会った瞬間にあらわれ始める「大きな変化」

自分に向いてるかも!天職に出会った瞬間にあらわれ始める「大きな変化」

天職に出会うと、人生が大きく、劇的に変わっていく……。きっと本気で探したら、自分だからできる仕事、ワタシの個性を活かせる場所が見つかるはず。1回きりの人生を自分の意思で、豊かな方へと導きましょう♩


最新の投稿


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさって? 必死に考えているつもりだけど、なかなか答えにたどり着かない……。いつもよりモヤモヤしても、不安がらなくて大丈夫。少しずつ、いつもの私へと調子を戻しておきましょう。


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


RANKING


>>総合人気ランキング