締切に追われる日々に終止符を! 着々と作業をこなすための時間管理術

締切に追われる日々に終止符を! 着々と作業をこなすための時間管理術

お仕事をしていると締切に追われることもしばしば。「もっと早くから取りかかればよかった!」などと後悔するのはこれで終わり! 時間管理術を身に着け、心にゆとりを持てる状態をキープしていきましょう。


編集部やライターに然り、お仕事をしていると締切に追われることが多々あります。締め切り厳守を守るべく、今まさに眠気と必死に闘っている人もいるかもしれません。

小学校の長期休みの宿題と同じように、締め切り期間が迫ってくると「もっと早くから取りかかればよかった!」と後悔しているにも関わらず、何度学んでも学習しない悪いクセが発揮されることがあります。なぜか、ギリギリにならないと作業に取りかかる気にならなくて、つい急いだ故に失敗を繰り返してしまうことも。 どうしたら、仕事に追われることなく計画的なスケジュールをこなすことができるのでしょうか?

今回は締切に追われないための時間管理術をご紹介します。

集中力は無限に続くものではない

一般的な考えならば『もっと早くから取り掛かれば間に合う』と思いがちですが、これをわかっていてもなかなかうまくこなせないのが人間です。大事なのが“集中力”を安定させて長持ちさせること。

人は、1日中ずっと集中した状態で居るはできません。長くても集中力は45分持たせることが限界だとも言われています。集中力は有限であるからこそ、いかに上手く集中力を発揮するタイミングを見つけるか、これが締切に間に合うためのヒントとなります。


何か作業をするためには、スケジュールに余裕を持つのではなく、集中力を最適に配分するために締切日を細分化し着々とこなしていくことが、集中力をぐっと高めることに繋がります。つまり締切は、集中力を分配するためのゴールとなるのです。

締切日近くになるとやる気が出てくるのは、この論理と一緒。最終の締切日かどうかの違いだけです。漠然としたスケジュールを立てるのではなく「この日までに情報収集をする」といった、具体的な目標達成日を設定しておきましょう。

締切までの予定を逆算していく

スケジュールの細分化。つまり、タスクをたくさん作っていくことはわかりましたが、細分化するにもちょっとしたコツがあります。

締切日から現在までの間にしなくてはいけないことをただ、タスクにするのではなく「今日は18時までに仕事を切り上げる」といった時間設定をすることです。自分がなっていたい姿を思い浮かべておくと、より集中して取り掛かりやすくなります。

時間管理は非常に重要。なぜならば、時間は、集中力と同様に無限にあるものではないからです。時間も正しく分配し、取り掛かる方がスケジュールが“見える化”して安定した気持ちになります。時間管理術は、早いうちに身につけておくとよいはずです。

気が乗らない仕事はタスクをアレンジして。やる気を引き出すタスク管理術

https://cinq.style/articles/1446

日々こなしていく仕事には、どうしても気が乗らない業務がでてくるもの。後回しにしがちですが、結局は取り掛からなくてはいけないので、いつも締切ギリギリ……! 取り掛かりやすくするにはタスクをちょっと工夫してみて。

着々と進めていくと、モチベーションにも影響!

着々と作業を進めていくことは、メリットがあります。
それは、一気に作業を終わらせるのではなく着々と進めていくことで、進捗が目に見えモチベーションがアップするという効果があること。

一気に終わらせることで達成感は得られますが、最初に取り掛かるタイミングで重い腰を上げるのが大変、中盤までモチベーションのアップのスピードが遅くなってしまいます。それに対し、着々と進めるパターンは、それほど最初の腰は重くなく、取り掛かりやすいのが特徴です。
着々と作業を進めることによって、作業の波に乗りやすく「今日は、もうちょっと進めよう」といった気持ちになる結果、スピードも上げることができるのです。

休憩もパフォーマンスに影響する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

体調が毎日異なるように、集中力も毎日違います。ときには、集中ができずせっかくタスクにしたのに、進まないなんてことも当然のようにあります。

そんなときは、単純作業に取り掛かるか、タスクの順番を変えてみましょう。調子が悪いのに無理をすると、ますます集中力が下がってしまったり、ミスをしてしまうという危険性があります。今日は別の事をしよう! と思い切りと切り替えも時には必要です。

気が乗らない日がいつあっても良いように、やはり早めに計画を立てておくことが重要ともいえますね。

残業なしで定時退社するために! 時間が無いなりのタイムマネジメントを

https://cinq.style/articles/791

毎日の残業に疲れを溜めている働き女子の皆さん、時間がないとつい仕事に追われておブス顔を定着化させていませんか? 「時間がない」「なんとかしなきゃ」とお仕事を頑張るのはとても素敵なことだけど、余裕の無さは表情や、ちょっとした仕草に出てしまいます。時間がないなりの、タイムマネジメントを実践していきましょう!

漠然とした締切ではなく、具体的に落とし込む

締切前でバタバタしてしまうのは「この日までに終わらせればOK」と漠然とした締切日のみを設定していたからです。より具体的なタスクを用意して、それぞれにかかる時間も想定し、プチ締切日を作っておきましょう。それを着々とこなしていけば、意図的に、どの作業でも集中して取り掛かることができるようになります。

ギリギリになって一気に取り掛かるのも「火事場の馬鹿力」で、おもわぬ才能を発揮するかもしれませんが、毎回は精神的にキツいです。自分の達成能力をアップさせるためにも、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


アナタに向いてる副業は?一日数時間で始められる副業コンテンツ

アナタに向いてる副業は?一日数時間で始められる副業コンテンツ

働き方が多様になりつつある今。もしあなたが副業を始めるなら何をすればいい?一日数時間でできる、タイプ別おすすめの副業コンテンツをご紹介!


経験・スキルを活かしたボランティア「プロボノ」活動をするメリット

経験・スキルを活かしたボランティア「プロボノ」活動をするメリット

「プロボノ」とは、スキルや専⾨知識を持つビジネスパーソンとなる人たちが社会的・公共的な⽬的のために生産性のあるボランティア活動を行うことを指します。けれどどうして、立派な経験やスキルを持った人が今になってボランティアを行うのでしょうか? 関心が高まる「プロボノ」のメリットについて考えていきましょう。


朝が弱い人でも始められる! 初心者でもできる朝活のはじめ方

朝が弱い人でも始められる! 初心者でもできる朝活のはじめ方

体内時計が整って夜もぐっすり眠ることができたり、集中力が高まって作業がはかどったり、心に余裕が生まれると言われる「朝活」。そのメリットの多さに興味はあるものの「朝に弱い」となかなか実践できていない人も多いのでは? 今回は朝に弱い人でもはじめられる、ステップ別の朝活開始方法をお教えします。


仕事での信頼度が高まる!ロジカルプレゼン力を高めよう

仕事での信頼度が高まる!ロジカルプレゼン力を高めよう

物事を上手に話せるようになりたい!そうすれば、仕事もスムーズにいくし、周りの信頼度も高まっていく。発信上手になるためのロジカルプレゼン力を高めよう!


「完璧すぎない」がいちばん頑張れる! 上手に仕事をこなす人の心得

「完璧すぎない」がいちばん頑張れる! 上手に仕事をこなす人の心得

なんでも完璧にこなさないと、とつい自分を追いこんでいませんか? そんなに「完璧」を求めなくても、意外と物事って上手くいくこともあるんです。 頑張りすぎなあなたに、ちょっと力を抜くポイントを紹介。


最新の投稿


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

電話って、いつかかってくるかわからないし、急に自分の知識外な用件を言われることもありますよね。 予想ができないからこそ、新社会人になったばかりのあなたには不安になるもの。 不器用でも嫌な印象を与えたくない。そんなあなたの為に、今日から実践できる電話対応法をご紹介します!


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[出社と退社のタイミング編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[出社と退社のタイミング編]

春から新入社員としてお仕事される方、ご入社おめでとうございます! お仕事については先輩や上司から教えて貰うことになりますが、意外とわからないのが「出社と退社のタイミング」。 暗黙のルールだからこそ、わからないし悩んでしまうことってありますよね。 新入社員から1年を迎えた私がリアルな悩みにお答えします!


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

緊張と不安と期待でいっぱいの新社会人のアナタのために、ビジネスマナーの基本、メールのお勉強を。お仕事の場面では多く使うツールだからこそ、基本はしっかり押さえておきたい。


うまく自分の意見が言えない…スムーズに自分の意見を引き出す方法

うまく自分の意見が言えない…スムーズに自分の意見を引き出す方法

いざ、意見を求められたときにアナタの発言力が試される...!スマートな対応ができる大人になるための発言スキルを高める習慣法をご紹介


休憩中でも電話がきたら対応するのが当たり前? #これってハラスメントですか?!

休憩中でも電話がきたら対応するのが当たり前? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は休憩中の対応についての相談です。


RANKING


>>総合人気ランキング