幸せ感度を高める! セロトニンの分泌を促して毎日の満足度をアップ

幸せ感度を高める! セロトニンの分泌を促して毎日の満足度をアップ

皆さんは「幸せホルモン」とも呼ばれている、“セロトニン”について知っていますか? セロトニンは脳内で分泌される物質で、自律神経を整えたり、ストレスに強くなるなど、心のバランスを保つ役割をしてくれる物質です。今回は、セロトニンの分泌を促す方法をお教えします。


別名「幸せホルモン」とも言われている“セロトニン”

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

皆さんは“セロトニン”という物質のことを知っていますか?

セロトニンは、脳内で分泌される物質のことで、心のバランスを保ち、心身の安定に重要なメンタルケアをしてくれる役割を担っています。心の安定にとって欠かせないこのホルモンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

セロトニンが不足すると、ストレスに弱くなってしまったり、不眠になってしまったり、鬱のような症状を感じやすくなってしまうとも言われています。人によっては、逆に凶暴性が目立ってしまうことも。今回は、毎日の日常の満足度をもっと高められる「セロトニンの分泌を促す方法」を紹介していきたいと思います。

セロトニンを増やすためにはどうすればいい?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

セロトニンは、その90%が小腸にあると言われており、基本的には消化を促す働きをしています。ストレスを感じている方が、消化不良や食欲不振などに陥ってしまいやすいのも、実はセロトニンが関係しているかもしれません。

ですが、2%だけ脳にあるセロトニンが人の心には大きく影響しているのだそうなのです。
そう聞くと、セロトニンを増やすのはとても難しそうに感じてしまうかもしれません。けれど、実はセロトニンの分泌を促すのは、実はとってもシンプル。毎日を今以上により充実したものに感じられるよう、この幸せホルモンを高めていきましょう。

早寝早起きをする

実は生活リズムを整えることがセロトニンを増やすのには効果的です。

日中はセロトニンが活発になりやすく、日が沈んだ夜間ではメラトニンという物質が増えます。健康的な毎日を過ごせるよう、早寝早起きを心がけてみましょう。睡眠の質を高めることで、より毎朝の目覚めが心地よく、1日の始まりを感じられるでしょう。

太陽の光を浴びる

どんよりした天気で気分が落ち込んでしまうことがあります。植物のように光合成とまではいかなくても、人間にとっても日光を浴びるのはとても大切。梅雨時期や冬のどんより雲はつい憂鬱になってしまいますが、なるべく太陽の光を浴びるように意識しましょう。

朝起きたらまず窓を開けて、部屋に光を取り入れて。気持ちの良い朝を迎えられることができます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

適度に運動する

また、適度な運動も幸せな気持ちを高めてくれます。バーモント大学の研究チームは「20分間のワークアウトをすることで、その後約12時間気分をよくすることができる」と発表もしています。
これは脳内のエンドルフィンという物質をはじめとする、様々な幸せホルモンが増加するからだそうなのです。その中には、もちろんセロトニンも含まれています。
気分転換に適度な運動を取り入れるのは、ストレス発散にもオススメです。

涙活する

人が涙を流す時にもセロトニンは多く分泌されると言われています。
最近は意識的に涙を流す活動をする「涙活」が話題になりましたが、実際に涙を流した後は、心がスッキリしているのを感じるはず。実は、泣くことによって、体をリラックスさせる効果があるのだそうです。意識的に涙を流すことは、心にとってとても良いことなのです。
泣くのを我慢するのではなく、涙も受け入れられるようになりましょう。

男性に比べて、女性の方がセロトニンが少ない

実は、この「幸せホルモン」であるセロトニンは、男性に比べて女性の方が、少ないという研究結果も出ています。生理前などの女性ホルモンが増えると、セロトニンは減少する反比例の関係にあるというのです。生理前に情緒不安定になったり、落ち込みやすいのはこのセロトニンが不足しているから。そう理解するだけでも、ちょっと心が軽くなったように感じませんか?

だからこそ、女性はとくに意識してセロトニンのバランスを整える必要があるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

質の良い睡眠をとり、ストレスを上手に受け流し、健康的に過ごすためには、こういった生活習慣を意識することが大切です。もちろん、大切な人とのスキンシップもセロトニンを促すのには、効果的だと言われています。

ぜひ、幸せホルモンと呼ばれる“セロトニン”という物質について、知ってみてくださいね。毎日をもっと楽しく、充実したものに感じられるように、自分の受け皿を整えていきましょう。

自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」を身につけて

https://cinq.style/articles/1258

平凡を「退屈」だと感じるか「幸せ」だと感じるかは自分次第。幸せを感知するためのマインドを自分で作り、幸福度の高い毎日を過ごしましょう。






この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


働く女性のメンタルヘルスが不調になりやすい職場環境は?

働く女性のメンタルヘルスが不調になりやすい職場環境は?

労働での体への負担や疲労家事・育児との両立、人間関係による精神的な疲労など……。働く女性をとりまくストレスは、日々蓄積されていきます。それにより、メンタルヘルスの不調に悩む人も。そこで今回は、働く女性がストレス社会を生き抜くための、メンタルヘルス不調の対策についてご紹介します。


怒りは数値化することでコントロールできる?! 究極のアンガーマネジメント

怒りは数値化することでコントロールできる?! 究極のアンガーマネジメント

アンガーマネジメントとは怒りという感情とうまく付き合っていくための心理トレーニングのことをいいます。「あのときあんなに怒らなければよかった」と後悔をしないためにも、怒りをコントロールするスキルを身につけていきましょう!


【大人の心理テスト】あなたの自信の無さはどこからきてる?

【大人の心理テスト】あなたの自信の無さはどこからきてる?

「自信がない」「自分ってなんでこうなんだろう…」と自分に自信が持てない方が多い現代社会。忙しさに囚われて自分を見つめ直すことが少ない今だからこそ、心理テストで自分を見つめ直してみませんか?


「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


「はぁ…しんどい」疲れが溜まったら見直したい、3つの“やめたいこと”リスト

「はぁ…しんどい」疲れが溜まったら見直したい、3つの“やめたいこと”リスト

仕事に家事にプライベートに…と、毎日忙しなく動いていると無意識に「疲れた…」という言葉が口から漏れ出てしまうこともあるのではないでしょうか? 疲れが溜まっているなと感じたら、ちょっと立ち止まって今の自分を見つめ直してみませんか。


最新の投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


コロナ禍の恋愛は難しい!出会いがない今シングル女子が考えておきたいこと

コロナ禍の恋愛は難しい!出会いがない今シングル女子が考えておきたいこと

コロナ禍でも、できれば彼氏がほしいし、そろそろシングルは卒業したい……。でも現実は再び流行の兆しがみえている状態。今は無理せず、できることを楽しみましょう!


RANKING


>>総合人気ランキング