体調不良が気になる時に! 喉にも恋にもうるおいを与える「マロウブルー」の効果

体調不良が気になる時に! 喉にも恋にもうるおいを与える「マロウブルー」の効果

インフルエンザが流行中のいま。川が干上がってしまっている地域があるほど、雨も少なくとにかく乾燥している状態が続いています。そんな時は、マスクや喉アメだけでなくハーブティーも活用して。青く美しいハーブティー「マロウブルー」で喉も心もうるおいで満たしてあげましょう。


連日、ニュースで報道されているほど、インフルエンザが流行中。
学校では学級閉鎖も起きているほどなのだとか。最近は、なかなか雨も降らず乾燥状態が続いているのが現状です。

そんな乾燥状態だからこそ活用してほしいのが、ハーブティー。
見た目が青く美しいハーブティーを活用して、喉も心もうるおいで満たしてあげましょう。

青いハーブティー知ってる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ハーブティーの中には、ブルーの色素をもったものがあるのをご存知ですか?

それは『マロウブルー(ウスベニアオイ)』と呼ばれるハーブ。
ヨーロッパやアジアが原産の、紫や青っぽい花を咲かせるアオイ科の植物です。

色素の持つphの関係で通常は青色をしていますが、レモン汁を垂らすとピンク色へと色が変化することで知られているハーブでもあります。そんな神秘的なマロンブルーは「夜明けのハーブティー」と呼ばれることも。

どんな効果が期待できる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

このウスベニアオイ(マロウブルー)は、とろみ感のある粘液質なハーブのため、喉や胃などの粘膜を保護するのに効果を期待できるといわれています。
だからこそ、いまこの乾燥している状態の時に活用していただきたいハーブなのです。
また、デルフィニジンと呼ばれるアントシアニジンの一種が含まれているので、抗酸化作用も期待できるといわれています。

ハーブティーが冷めてしまったら、コットンにハーブティーをたっぷりと湿らせ、水分が垂れて流れてこない程度に軽く絞り、パックをするのもオススメです。
肌の炎症や保湿効果を期待できます。

恋愛にも良い?という逸話も

レモンを入れることによって、ブルーがピンク色のハーブティーに変わることから、恋愛にもこのマロウブルーは効果的だと言われています。

「復縁したい!」
「魅力をアップさせたい」
と願う時、このハーブを持ち歩いたり、玄関の花瓶にさし置いておくと願いが叶うのだという逸話も。 恋人に振られたときには、ブルーマロウの花を花瓶にさし、玄関に飾ると復縁できるというおまじないがあります。

気づけば、バレンタインもすぐそこ。
喉のうるおいだけではなく、心もうるおわせるように、この青いハーブを活用してみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

Kupono Beauty代表。美容研究家、ビューティ―&ファッションライター・エディター、美容商材やプログラムの開発コンサル

関連するキーワード


ハーブティー 乾燥対策

関連する投稿


美肌・白肌をキープしたい! インナーケアで始めるお手軽紫外線対策

美肌・白肌をキープしたい! インナーケアで始めるお手軽紫外線対策

毎年5月くらいになると紫外線の話が出てきますが、実は2月から紫外線は急上昇し続けているのをご存知ですか?日焼け止めをしっかりと塗ることははもちろんですが、内側からのインナーケアもしっかりとしておきたいもの。そんなときにオススメの飲むだけラクチンな、ハーブティーをご紹介します。


冬の不調を乗り切るために!いまから始める免疫UP対策

冬の不調を乗り切るために!いまから始める免疫UP対策

だんだんと冬に向かってきて、冬の不調をなんとなく周りで感じはじめている人もちらほら現れてきたのではないでしょうか? そんな時、本格的な不調を抱える前に免疫をサポートするハーブティーレシピを活用して、温活も同時にしてあげましょう。


鼻のムズムズ対策に! ドイツで取り入れられる春季療法をお試し

鼻のムズムズ対策に! ドイツで取り入れられる春季療法をお試し

雨が降ってもムズムズしてしまう、春のお悩みにハーブティーはいかが? ドイツやヨーロッパで行われている、ハーブティーライフを今日から始めてみましょう!


食べ過ぎてない?!年末年始の暴飲暴食をサポートしてくれるハーブティー

食べ過ぎてない?!年末年始の暴飲暴食をサポートしてくれるハーブティー

年末から年始にかけて、たくさんのイベントに出席し「休んでいるはずなのに食べ疲れた、飲み疲れた」と、そろそろ感じてきている頃ではないでしょうか? そこで暴飲暴食をホッコリとさせながらサポートしてくれる、おすすめのハーブティーを3種類ご紹介します。


疲れをリセット! 今すぐ実践できる質の良い睡眠をとる方法

疲れをリセット! 今すぐ実践できる質の良い睡眠をとる方法

「しっかり睡眠時間を確保しているのに……なんだか目覚めがスッキリしない!」という方は、時間と合わせて睡眠の質にも意識を向けてみましょう。 ちょっとした習慣をプラスするだけで毎朝快適に起きることができるかも♪ 今回は、今すぐに実践できる質のいい睡眠をとる方法について考えてみました。


最新の投稿


旅行で相性が分かる⁈ 旅を楽しめる女友達と楽しめない女友達の違いって

旅行で相性が分かる⁈ 旅を楽しめる女友達と楽しめない女友達の違いって

旅行は友達との本当の相性が分かるイベントでもあります。親友だと思っていた友人と旅行に行ったのに、なかなか意見が合わず結果的に喧嘩別れ……。一緒に旅行を楽しめる女友達と、楽しめない女友達は何が違うのでしょう?


「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはプレスラボの池田園子さん。2020年に代表取締役に就任されたばかりですが、どのような背景があったのでしょうか?ライター駆け出し時代からコロナ禍の現状まで、たくさんのお話しを伺いました。


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング