在宅勤務のはずなのに一人だけ出社… #これってハラスメントですか?!

在宅勤務のはずなのに一人だけ出社… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は他の社員は在宅勤務なのに、一人だけ出社させられている女性からの相談です。


Q. 他の社員は在宅勤務なのに私だけ出社なんです…

コロナウイルス感染拡大防止のため、ほとんどの人が今は在宅勤務を行っているのですが、事務は誰かしらオフィスにいないと回らないという理由で、事務員3人中、2人は月末月初のみ時間をずらして出社しています。

ですが、残り一人はなぜかフル出勤、それが私です。仕事内容もほとんどが、いない2人の代行作業です。これを決めた常務の言い分としては「毎週や毎日、引継ぎを何度も行うよりは常に同じ人の方が効率的」というものなのですが、毎日感染リスクを抱えながら、出社するのは不安です。これってパワハラじゃないですか?(響子/31歳/事務)

A. ひとりだけ、合理的な根拠をなくフル出勤が要請されているのあればパワハラに該当します!

響子さんのケースでは、事務は誰かしらオフィスにいないと回らないという理由が正当な業務において必要な判断であるか疑問はさておき、事務員3人中、2人は月末月初のみ時間をずらして出社を義務付けられているのであれば、感染リスクに常に晒されている状況ですね。

ひとりだけ、合理的な根拠をなくフル出勤が要請されているのあれば、やはりパワハラです。実質、コロナにかこつけて、いない2人の代行作業ともあれば、やはり他人の業務を押し付けられるという意味では、パワハラです。常務の言い分中「毎週や毎日、引継ぎを何度も行うよりは常に同じ人の方が効率的」というのは、合理的とは思えませんし、何より毎日感染リスクを抱えながら、出社するとなれば、職場安全配慮義務に違反しているともいえます。

回答者:弁護士 齋藤 健博

自身のLINEIDを公開しており、初回相談はLINEで無料で行うことが可能な弁護士。ハラスメント問題や浮気・不倫問題の解決に定評があり、過去には弁護士ドットコムのランキングトップに名を連ねた経験も。YouTubeではセクハラ時の対応に関する動画なども公開している。多くの被害者の悩みである「セクハラの線引き」や、「残すべき証拠」などを動画で分かりやすく伝えている。
YouTube動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=gd8rwOXDKp0

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

おばあちゃんになってもよろしくね…って、言っていたはずなのに…。今回は、学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法をご紹介いたします。


いつまでも辞令が出ないまま。退職勧奨をされているの?#これってハラスメントですか?!

いつまでも辞令が出ないまま。退職勧奨をされているの?#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は事業部が解体なのにいつまでも辞令が出ない方からのご相談です。


「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「本当にこの仕事は女子の仕事なの?」と疑問に思ったことありませんか? 別にやりたくないわけじゃないけど、なぜ私ばかりにお願いするのか、不思議で仕方ないことだってある。職場での女性ならではの不満について考えていきましょう。


オフィス以外で仕事するなら? 気分転換と集中できるスペースの選び方

オフィス以外で仕事するなら? 気分転換と集中できるスペースの選び方

働く場所を自分で選べるようにはなったけど……。自宅で長時間仕事ができる環境でない場合や、自宅に幼い子どもがいて仕事が捗らないなど、仕事をする場所がなくて困っている方も多いのでは? そこで今回は、気分転換と集中ができる仕事に適したスペースの選び方をご紹介。


友人との付き合いが面倒に感じる時。どう対処したらいい?

友人との付き合いが面倒に感じる時。どう対処したらいい?

何か特別な理由があったわけじゃないけれど、なぜか友達と連絡を取るのが急に億劫になったり、付き合うのが面倒に感じたりする時ってありませんか? この原因、そして対処法について考えます。


最新の投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

メールチェック、書類の作成、数字の管理、構成や戦略に頭を悩ませる・・・。地味で単調な作業もあれば、頭の中から案をひねり出す必要もあるのが仕事というもの。業務内容によって時間の使い方を変えると、毎日の仕事がちょっとだけ楽になる。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング