会いたいけど会えない日々。Withコロナ時代だから分かる本当に素敵な彼の特徴

会いたいけど会えない日々。Withコロナ時代だから分かる本当に素敵な彼の特徴

彼氏と会いたいけれど、なかなか会えない日々。たとえ外出自粛が緩和されても収束したわけではありません。しばらくは様子を見ながら行動する必要があります。Withコロナ時代だから分かる素敵な彼とは一体……!?


新しい生活様式の中で新しい恋をはじめるって大変!

新型コロナによる影響で、最近では新しい生活様式が求められています。

すでにパートナーがいる、あるいは結婚している方は改めてパートナーと話しながら暮らしを見直す必要はありますが、さらに大変なのは、これから新しい恋をスタートさせなければいけない人たち。

外出自粛が制限されても、秋冬になれば再び第二波が訪れる可能性も。仮に流行がはじまった場合、これまでの数か月のようにおうち時間が長くなることが予測できます。

しかし、Withコロナ時代に突入したからこそ好きな人が本当に素敵な人なのか、紳士なのかが分かるとも考えられますね♩

外出自粛が制限される中「デートがしたい」と言う彼はNG

外出自粛が解除の方向に進んでも、しばらくは段階的に解除されるといわれています。万が一、再び流行がはじまった場合はすぐに外出自粛が宣言されるのではという見込みも立っています。

そんな状況の中、二人の関係を築き上げるのはなかなか大変。ただまるで今の状況を無視するように「デートしようよ」「開いているお店もあるし、ちょっと出かけるくらいは大丈夫だよ」と言ってくる男性は、もちろんNG。

正式に外出自粛が解除されていない中、むやみやたらに外出するべきではありません。状況に合わせて行動できないのは、さすがに大人の男性として失格です。おそらく「彼女を守る」という考えよりも、自分が会いたいから会いに行くとしか思っていないでしょう。

進展する速さがゆっくりでも焦らせない人は合格♩

無事に素敵な出会いがあったとしても、Withコロナ時代ではゆっくり二人の愛を育てる流れになるのではないでしょうか。状況次第で新しい恋愛の進め方は変わりますが、現時点ではオンラインデートは必須です。

その他にはLINEで丁寧にやりとりをしたり、流行が落ち着いているタイミングで(外出自粛の状況によって)きちんとマナーを守りながらデートをする流れが基本的なスタイルになることが予測されます。

つまり、これまでとは違い新しい恋がはじまっても、かなりゆっくり進むことになります。今日の今日で仲良くなり、1か月も経たないうちにお互いの部屋に遊びに行くというのは少し無理な話かも。

そんな状況でも「焦らずゆっくりいきましょう」と声をかけてくれる男性は素敵です。何より信頼できますね。一方、なかなか進まない二人の関係性にイライラするような人はちょっと大人げないかも……。できれば前者のように、ゆっくり愛を育もうとする彼と出会いたいですよね♩

状況に合わせて会う頻度やデートの内容を調整しようと提案する

Withコロナ時代がいつになったら収束するのかは私たちには分からないこと。ただ専門家の間では「1~2年はかかる」ともいわれていますね。これからの恋愛市場では、いかに二人が協力しながら愛を育むかが大事になってきます。

今月は定期的に会えるだろうと思っていても、もしかしたら予想もしないタイミングで再び流行が始まる可能性があります。大切なのは、状況に合わせてすぐにデートの頻度や内容を調整すること。

できれば女性側が誘導するというよりも彼の方が積極的に情報収集をし「今は外出自粛も解除されているし、状況も落ち着いているみたいだからそろそろ会ってみようか」「少しずつまた増えはじめているから、しばらくはオンラインデートにしよう」と提案してくれるのが理想的ではないでしょうか。

もちろん女性側も情報収集し、あくまでもお互いに協力し合いながら、少しずつ今の恋を進展させるしか選択肢はありません。

焦らずに、ゆっくり信頼関係を築いていく

Withコロナ時代になり、かつてのように自由に恋愛を楽しむという雰囲気ではなくなりつつありますが、こんなときだからこそ彼が本当に彼女想いなのか、あるいは常識がある人なのかが分かる状況です。

女性側を焦らせたり、不安をあおらせたりする人よりも「焦らず、ゆっくり進めましょう」と提案してくれる人こそ正真正銘のジェントルマンです♩

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


彼氏 恋愛

関連する投稿


「コロナ渦で恋愛できない」は嘘? 会いづらくても彼ができた女性のエピソード

「コロナ渦で恋愛できない」は嘘? 会いづらくても彼ができた女性のエピソード

コロナ渦でなかなか新しい出会いもなく、デートに誘うこともできず、恋愛が発展しない……と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、「コロナ渦でも彼氏ができた!」という女性たちに、どうやって恋愛が発展したのか? を教えてもらいました。


釣った魚に餌はやらない?! 付き合ったら冷たくなる男性の心理

釣った魚に餌はやらない?! 付き合ったら冷たくなる男性の心理

付き合う前は積極的に誘ってくれて、愛情表現も豊かにしてくれていたのに……。付き合ってから急に彼が素っ気ない態度をとるようになってしまったと悩む女性は意外と多いものです。では、付き合うと急に冷たくなってしまう男性の心理とは一体なんなのでしょうか?


恋愛ブランク卒業♡久しぶりの恋が不安で苦しいときの対処法

恋愛ブランク卒業♡久しぶりの恋が不安で苦しいときの対処法

気がついたら前回の恋から早くも一年以上。久しぶりに恋をすると、どうしても空回りしがちに……。深呼吸しながら、ご縁を大切に育んでまいりましょう♩


不器用なりに頑張りたい!恋愛よりも仕事優先の女性が公私のバランスを保つコツ

不器用なりに頑張りたい!恋愛よりも仕事優先の女性が公私のバランスを保つコツ

恋愛よりも仕事を優先したい……。思わぬタイミングで好きな人ができたら、最初は誰だってあたふたしますよね。公私ともに充実させられるように習慣を見直しましょう!


言いたいことが言えない……。彼と良い関係を築くための上手な話し方

言いたいことが言えない……。彼と良い関係を築くための上手な話し方

彼と仲良くいたいがために、言いたいことが言えない......。そんな悩みを持つ女性はとても多いようです。今回は言いたいことを上手くパートナーに伝える方法をご紹介!


最新の投稿


生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

なんだか急に肌寒い日がやってきた9月。 そろそろ温活をしておかなくては、体調不良を起こしかねません。予防のためにも体を温めておくことが得策。そこで今回は体を温めることに特化したバスソルトを3つご紹介します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング