非対面営業も難なくこなせる! オンライン商談を成功させる秘訣【資料作り編】

非対面営業も難なくこなせる! オンライン商談を成功させる秘訣【資料作り編】

テレワークを導入する企業も増え、営業活動も対面からオンラインに切り替わりつつあります。しかし思うような商談が出来ず伸び悩んでいる人も多いのでは?そこで、オンライン営業システムを提供するベルフェイス株式会社のマーケティンググループ 広報の小正 一葉さんにオンラインでの商談を成功させる資料作りのコツをお伺いしました!


資料もオンライン用に作り替えてみよう

テレワークを導入する企業も増え、営業活動も対面からオンラインへシフトしてきています。しかし対面と違う感覚があり、商談の数は増えているのに、今一つ手ごたえを感じていないという人も多いのではないでしょうか?

同じ商談とはいえど、対面とオンラインでは、前提となる環境が大きく異なります。
しかし今後もオンライン商談で行うことが多くなるでしょうし、なによりも移動の時間がなくなり効率的に商談を進められる便利なツール。このタイミングで、しっかりとマスターしたいところです。

そこで、営業に特化したオンライン営業システムを提供するベルフェイス株式会社のマーケティンググループ 広報の小正 一葉さんにオンライン商談を成功させる秘訣についてお伺いしました。

訪問用の資料は、実際に訪問し、お客様にお会いして話す前提のもと作られているため、オンライン商談で使う資料とはストーリーや見せ方が異なります。そのため、なるべく資料はオンライン商談用に作り替えることがおすすめなのだそう。

オンライン商談での資料作りのポイントとは…?

オンラインでの資料作りでのポイント

①ビジュアルをメインにしたスライドづくり
訪問時の資料作りと大きくは変わりませんが、ビジュアルをメインにしたスライド作りを心がけましょう。

②1スライド1メッセージ
オンライン商談では、対面の資料よりも飽きさせない工夫が必要です。とにかく簡潔にし、テンポよくスライド転換の動きをつけるのが大切なポイントです。

③中表紙や質問を受け付けるスライドを用意
オンライン上では今どこを話しているのかを見失いやすいため、中表紙をこまめに挟んで現在地を明確にしましょう。また、オンライン商談ではどうしても一方的に話しがちなので、質問を受け付けるスライドを合間にいくつか差し込むと、自然と双方向のやりとりを増やすことができます。

フォント数は「18ポイント以上」

フォントは、メイリオを推奨しています。メイリオは視認性、可読性、判読性に優れています。太字もしっかり太くなり、等幅フォントのため読みやすいのが特徴です。
フォントの大きさは見やすさを重視して18ポイント以上を推奨しています。

フォントの色について、黒はPC画面では黒く重たい印象になるため、灰色のフォントを使用するほうが、やわらかい印象を与えられます。

資料は商談前に送っておこう

基本的には、資料は事前に送っておくのがおすすめです。画面共有ができないトラブルに備えることができますし、最悪、商談ツールが全く使えない事態になっても、お互い資料を手元で見ながら、電話だけで商談ができるからです。

ただ、オンライン商談用の資料は特に、プレゼンテーションありきの内容になりがちなので、先にお客様が目を通してしまうと、商品やサービスの価値が伝わらないというデメリットもあります。オンライン用の資料と詳細の資料を使い分けて、「今説明した内容はこちらの資料に詳しく記載しています」と、スライドを見せながら相手の手元でより詳細な内容の資料をすぐに提示できるようにしておくと良いでしょう。

また、専門用語はなるべく使わず、だれでもわかる単語に言い換えて認識の齟齬をなくすことも忘れずに行いましょう。

教えてくれたのはこの人!

ベルフェイス株式会社 マーケティンググループ 広報
小正 一葉


1990年生まれ。東京都出身。大手アパレルメーカーの営業、オフィスビル受付を経て、2017年6月にベルフェイス株式会社へインサイドセールスとして入社。短期間でトップセールスの業績を上げ、自身の経験を活かすべく、2018年広報の立ち上げを行う。現在はコーポレートブランディング全般の戦略立案~実行、各メディア露出の最大化を担う。

オンライン営業システム「ベルフェイス」を活用してみよう

商談の時に使用するツールはオンライン商談向けに作られた「bellFace(ベルフェイス)」がおすすめです。

アプリのダウンロードや事前のURL送付が不要で、サイト上に表示される4桁の数字を伝えてもらうだけですぐに商談ができる仕組みなので、相手の負担も少ないメリットがあります。さらにオンラインで名刺をお渡しできる名刺プロフィールという機能があり、この機能を使うことでお客様とのアイスブレイクをしやすくしてくれます。

これからますます広がりを見せるであろうオンライン商談。最適なツールとコツを掴み新しい営業スタイルで今まで以上の力が発揮できるよう試行錯誤してみましょう。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症に、これまでとは違う生活様式。夫婦のどちらもがリモートワークになり、家庭で仕事をしているという方も多いはずです。お互いにみることの少ない仕事中の相手を見ることができるのは新鮮である反面、トラブルも元になることも。そこで今回は、夫婦で過ごすリモートワークでも快適に過ごすコツを紹介。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


今のうちに学んでおきたい! これからのテレワーク時代に必要なスキルって

今のうちに学んでおきたい! これからのテレワーク時代に必要なスキルって

テレワークを導入する企業が増えたことにより、ビジネス環境に大きな変化をもたらしました。その影響によりスキルアップしたい内容にも変化がでてきています。今学ぶならどんなスキルが良いのか考えていきます。


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング