やっぱりコンサバが最強?男性が好む究極のモテ服とは



モテ服はトレンドに左右されるものなのか、永遠に変化することのない普遍的なものなのか。オフショルがモテと言われたり、やっぱり清楚な女子アナらしいコンサバが良いと言われたり…。モテ服の定義についてイマイチよく分からないと感じる方も多いのではないでしょうか。今回は、結局の所「究極のモテ服」とは何なのか。ということについて考えてみました。

コンサバ=モテ服と言われるのは何故?

柔らかそうなシフォン系ブラウスにパステルカラーのふんわりスカート。いわゆる女子アナが着ていそうな清楚且つ可愛い洋服のことをコンサバスタイルと言います。なぜ、これほどまでにこのコンサバが男性に支持を得ているのでしょうか。その理由は至って簡単です。

異性のファッションに特段興味のない男性にとって、決まり過ぎたオシャレは判断がつきにくく「よく分からない」というのが本音。その点、女の子らしいファッションの象徴として知られるスカートや、明る色のトップスを着ていると男性は安心感を覚えます。

男性と違って流行が目まぐるしく変化する女性のファッションに、いちいちついていけないし、興味も持たない男性達。彼らが「女性のファッションはどんなタイプが好き?」と聞かれた時に真っ先にイメージしやすいのがコンサバスタイルなのです。

不特定多数の男性が考える、不特定多数の女性に似合うであろうファッションが、コンサバというだけであって、それがモテ服に繋がるかどうかは実は微妙なところ。

モテ服は“誰に”モテたいかをイメージする

モテ服の象徴と言われるコンサバファッションの語源は「保守的な服」という意味。つまり、無難、真面目、普通を好む男性が好みやすいファッションです。

逆にコンサバファッションに身を包む女性が好きじゃないという男性もいます。そうした男性は、自立心の強い女性が好きだったり、個性的な女性を好むのでファッションも同様に個性の強い服装を着ている女性とウマが合うのだとか。

ここで考えるべきなのは、誰にモテるかが大事です。
デートする相手はどういうファッションをしていて、どういう女性が好きなのかをリサーチすることで、彼が考える理想の女性像をファッションで表現することが出来ます。モード系の服が好きな男性とのデートにコンサバファッションはちょっと違和感を感じますよね。同じようなモード系の服装を着ることが彼にとって魅力的な“モテ服”となるわけです。

ただし、モテるためにムリをするのは“偽りの自分”

好きな人に好かれたいために、ファッションを変えるのは恋愛の戦略として必要なことです。しかし、本当は自分が好きなファッションではないのに、好きな人に好かれるためにムリをして着る洋服は果たして本当のモテ服なのでしょうか?

ファッションの好みは人の性格や価値観を表す指標となります。モード系が好きな女性とコンサバが好きな男性ではそもそもで人生観や価値観が食い違う可能性がある上に、互いを魅力的に感じることも少ないでしょう。つまり、ムリをして変えても結局は上手くいかない結果になることだって充分有り得るのです。単純にモテるために服装を変えたり、ムリに自分の好みと違う服を着て自分を偽るよりも、もっと大事なのは好きな洋服に身を包むということ。

究極のモテ服は「着ていて馴染む服」

不特定多数に支持をされやすい服は、やはりコンサバファッションです。しかし、支持されるというだけでアナタに似合うモテ服とは限らないので、無理に自分を合わせる必要はありません。ファッションは着ている本人が喜ぶ服を着ることで、その人の魅力は一層、輝きます。

究極のモテ服は、あなたが着ていて馴染む服。
人によってモード系かもしれないし、エスニック系かもしれませんよね。流行、売れている、分かりやすくモテるという指標も時に必要ですが、それ以上に大事にしたいのが、純粋に好きと思える服を見つけて行くこと。ぜひ、アナタにとっての究極のモテ服を探求してみてくださいね!