10月から改正!働く女性は知っておきたい「育児休暇」の3つのポイント

10月から改正!働く女性は知っておきたい「育児休暇」の3つのポイント

子供がいる、妊娠の予定がある人はもちろん、今は予定がない女性も知っておきたい、10月から改正された「育児休暇」の制度について大切なポイントをおさえていきましょう。


10月から「育児休業制度」が改正されました。

現在育児休暇中のママさんはもちろん、今後家庭と仕事を両立させたいと考えている女性のために、この改正によって暮らしがどう変化していくのか、大事なポイントを3つご紹介します。

育児休暇が最長「2年」まで延長可能に

育児休暇は原則期間は1年まで。とはいえ、今までは子どもが保育所などに入れないなどの理由の場合には、育児休暇を1年半まで延長することが可能でした。それが今後はさらに伸び、最大で2年まで延長することができるようになりました。 もちろん、育児休業期間の延長に合わせ、育児休業給付金の給付期間も延長されます。

理由としては、"1年半でも職場復帰するのが厳しい"という声が多いから。保育園に預けたくても預けることができないといった待機児童も多く、育児のために仕事を辞めるといった決断を下す女性も後を絶えません。そんな女性の悩みを少しでも緩和するべく、育児休暇を2年に延ばす取り組みを始めたのです。

育児休暇を取得するためには、事前の申請が必要です。

希望した日から育休を取るためには、1ヶ月前に書類での申し込みをします。女性の場合、産後8週間は原則として就業不可であることを労働基準法で定められているので、育休開始日は、出産日の8週間後からスタートとなります。出産予定日が前後する可能性もありますが、出産後に育休を申請できる仕組みになっています。

出産に必要な費用ってどれくらい? 事前に知っておきたいお金のこと。

https://cinq.style/articles/1068

まだ予定はないけれど、いずれは子どもが欲しいと思っている人は多いはず。一方で気になるのは、出産でかかる費用について。事前に知識を入れて、今後に備えておきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子供の行事で適用できる!「育児目的休暇」が新設

「育児目的休暇」という制度が新設されました。これは、会社に対して、小学校就学の始期に達するまでの間、私たち労働者が育児のために利用できる休暇制度の措置を設けることに努めることを義務付けるといったものです。

入園式や運動会といった行事に参加するために、有給休暇を消化するのではなく「育児目的休暇」といった制度の利用ができるのです。とはいえ、小学校以下なのでそれ以上の子でも適用できると更に嬉しいところ……。

「努力義務」なので会社の意思次第ですが、家庭と仕事の両立を考えると、申請を通したいものですよね。また、日数も定められていないのでこの点も会社の裁量次第となります。いずれは義務化できると良いですが、どうでしょうか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子供が生まれる予定の人に育児休暇の制度などを知らせる

事業主や職員が、妊娠を知った場合は、本人に育児休暇の制度や休業後の待遇など関連する制度について知らせることが努力義務となります。

こちらも努力義務なので「必ずしなさい」というものでありません。しかし、妊娠の予定はない人も「関係ない」と放置するのではなく、これらの制度は認知をしておきたいもの。

また、妊娠をしたことは、本人から報告を受けないとわからないものでもあるので、妊娠の報告がしやすい職場環境が整っていることが極めて重要となります。育児休暇に関するハラスメントが起こらないように、まず誰に相談するべきか、を考えておきましょう。

上司はもちろんですが、やはり同性である女性が一番報告しやすいですよね。社員数が多い会社の場合は、女性が担当する相談窓口の設置が望ましいでしょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

"かしこく” 制度を利用しよう

改正したばかりの制度なので、まだ認知度も低い制度。

子育てを経験した方も、昔の法律が頭に入ったままということもあるでしょう。これらの法律は頭の片隅に入れておくと、いざというときに便利です。

家庭と仕事を上手く両立をするには、自分から会社に働き方を提案していくのもひとつの方法です。そのためには、これらの知識が非常に役立つはず。意識してニュースなどをチェックして、情報収集を。今後の働き方について考えてみることが大切なのです。

【平成29年10月1日施行対応】育児・介護休業法のあらまし|厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/34.html

【平成29年10月1日施行対応】育児・介護休業法のあらましについて紹介しています。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠していることが分かったら! 産前休暇に入る前にやっておきたいこと

https://cinq.style/articles/1498

妊娠していることがわかったら、会社にはまずそのお知らせをして、産前産後休暇(産休)・育児休暇(育休)の申告をしなければなりません。長期のおやすみに入るからこそ、その前にやっておきたいことをまとめてみました。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


キャリア 育児

関連する投稿


お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

毎日にメリハリをつけるためには、オンとオフの切り替えが必要。ビジネスウーマンの私たちは、毎朝どんな行動をきっかけに仕事モードをオンにしているのでしょうか?


“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

自分で運命を切り開きたい、アナタにおすすめの良運を導く習慣とは?


転職エージェントを利用するのと、直接応募。どちらの方が自分にとって良い?

転職エージェントを利用するのと、直接応募。どちらの方が自分にとって良い?

転職エージェントを利用するのと、直接企業に応募するのは自分にとってどっちが良いのでしょうか? メリット・デメリットを知り、一度きちんと整理してみましょう。


何のために仕事する? 仕事をシンプルに捉える事で気持ちが楽になる方法

何のために仕事する? 仕事をシンプルに捉える事で気持ちが楽になる方法

自分がやっている仕事に価値が見いだせなくなってしまった、頑張り続けることに少し疲れてしまった、そんな働く女性こそ多い悩みは、物事をシンプルに捉えることで解消されるかもしれません。


自分を愛するって大事だけど…。自己愛と自己顕示欲の丁度良いバランスって

自分を愛するって大事だけど…。自己愛と自己顕示欲の丁度良いバランスって

自分を愛するって女性にとって永遠のテーマ。だけど、意識しすぎて方向性が間違ってしまうと…。自己愛を目指す上で大切にしたいバランスとは。


最新の投稿


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

毎日にメリハリをつけるためには、オンとオフの切り替えが必要。ビジネスウーマンの私たちは、毎朝どんな行動をきっかけに仕事モードをオンにしているのでしょうか?


重なるストレスに心が限界!つらい心を少しでも軽くする方法は

重なるストレスに心が限界!つらい心を少しでも軽くする方法は

新型コロナに仕事のストレスにさらには他にも色々と……。度重なるつらい出来事に心が適応できずにいませんか?つらい心を楽にさせてあげられるのは、自分自身なんです。


RANKING


>>総合人気ランキング