下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?



セクハラおやじの下ネタにイラッとします

会社の飲み会や、ちょっとした同行などで話題に出やすいのが下ネタ。場の緊張を和らげるためだったり、盛り上げるためだと理由はそれなりにあったとしても、やっぱり不快感を感じてしまうものです。

「あれ? これってセクハラ?」と笑い飛ばすのがおじさんなりのセクハラ回避

セクハラ、パワハラ、と年上ならではの悪態が話題になったことで、多少は神経質になったセクハラおじさんたち。とはいえ、そんなおじさんたちももちろん頭が悪いワケではありません。セクハラと認識されるのを避けるために、様々なセクハラ回避法を身に付けています。

セクハラだと認識していなければ許される、といちばんよくその回避法として使われるのがこの言葉。「あれ? もしかしてコレってセクハラになっちゃう?」です。言われた女性は、笑いながらごまかしていたとしても内心は「全く面白くない」と思っているはず。そして「わかってるなら言うなよ」とも。けれど、このように冗談めかしていうことで、自分はそんなつもりで言っているわけではないですよとアピールする、ずる賢いおじさんも居るのです。

セクハラ回避法って?

ニコニコ笑ってやり過ごすのが楽な場合もあるけど、放っておくと更にエスカレートしてしまう場合も。セクハラおじさんの対処法について考えてみましょう。

「この先はセクハラですよ」と前もって言っておく

明るい雰囲気を壊したくないときは、笑いを交えて「ここから先はキケン!」といった発言をしておくようにしましょう。これ以上はセクハラと認識されてしまうんだな……とおじさんたちも多少発言を考えてくれるようになるでしょう。それでもさらに下ネタがエスカレートしたら、さらっと席を立って気分転換を。「やべっ」とおじさんたちが焦ってしまうような行動をしても、全く問題ではありません。

「尊敬してたのに、残念です」と真っ直ぐに

自分の好感度を下げずにセクハラ発言をやめさせるためには、相手を責めすぎないことが大切です。「尊敬していたのに、そんなことを言うなんてちょっとガッカリ……」と少しうつむき加減で言ってみましょう。おじさんたちに一撃でショックを与える魔法の言葉です。
「俺はもともとこういうタイプだよ」と開き直る厄介なタイプも中にはいるかもしれませんが、そこから先はスルーでOK。

きょとん! 顔で対抗して

にこにこと笑顔でセクハラ発言に付き合っていると、おじさんたちの下ネタはどんどんエスカレートしていってしまいます。とはいえ、無表情だとちょっと気まずい……。おじさんたちはあなたの表情や反応をみて楽しんでいるかもしれません。そんなときは「キョトン顔」をひたすらキープして、言葉を発さない。セクハラ発言をうまくスルーするスキルです。

ニコニコ笑ってやり過ごす必要はなし!

重度のセクハラを受けた場合はすぐさま人事に相談を!

軽いセクハラ発言や、下ネタが出たときの回避法をここでは紹介しましたが、もちろんそれ位では済まされないようなセクハラもあります。そんな場合はすぐに会社の人事や別の上司に相談をしましょう! 受ける側が不快に感じるか否か、がセクハラの判断基準です。

その他にも
・労働基準監督署に相談する
・NPO法人労働紛争解決支援センターに相談する
・弁護士に相談(内容証明郵便を送る、など)
などの方法で解決に導く手段もあります。
性的な嫌がらせを感じた場合には、すぐに行動を。セクハラ上司に鉄拳を食らわせてやりましょう!