セクハラ、痴漢、性的暴行に苦しむ女性たちの声が集まった #Me too(私も)

セクハラ、痴漢、性的暴行に苦しむ女性たちの声が集まった #Me too(私も)

免罪が取り上げられることが増えた昨今も、実際はなくなっていないのが女性を標的とした性的いやがらせ。Twitterで話題となったタグ『#Metoo』を見て。被害にあった、女性たちの声は鳴りやまない。


痴漢、セクハラ、暴行・・・なくならない性犯罪

満員電車での痴漢、職場でのセクハラ、外を歩いている時など、女性にはいつも危険が伴います。免罪が問題になり、取り上げられることが増えた今でも、実際にはなくなっていないのが性犯罪。それをきっかけに生涯トラウマとして抱えてしまう女性も少なくはありません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性であれば誰しもがあったことのある性的いやがらせ

これは、私の知り合いが実際に体験した話を元に文字に起こしたものです。身近なところで、こんな経験があったことが悲劇でなりません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

通勤中の満員電車の間、ずっとおしりを触られていたことがありました。最初はバッグか何かが当たっているのかな? と思う程度だったんですが、それが段々エスカレートしてきて、お尻を掴まれた時に「痴漢だ!」と気づいたんです。今までは痴漢に遭った経験がなかったので「もし痴漢に遭ってもすぐに声を出せるだろう」「絶対捕まえてやる」と考えていたのですが、急にきたその行為にあまりにもびっくりしてしまって、声を出すことができずに耐えていました。今思い出しても、本当に悔しいです。

月が綺麗だった夜の帰り道、ある時私は男性に話しかけられました。
「すみませんが、連絡先を教えてくれませんか?」って。またつまらないナンパだ、と思って「彼氏がいるので無理です、ごめんなさい」と軽く答えたその日から、ストーカーが始まりました。私が家に着くまで、歩いている間ずっと人の気配がするんです。時には、電柱の後ろで待ち伏せされている時もありました。がっと引っ張られ、建物の後ろに連れて行かれたあとに、胸を触られたこともありました。今は家を引越したので、その人に会うことはなくなりましたが、その時は怖くて誰にも話せなかったし、声も出せなかったです。

大勢でみんなでお酒を飲んだときに、急にその場に居た人に告白をされました。もちろん冗談だと思って断ったら、その人の態度が急変しました。いきなり別室に連れていかれて、無理やり暴行をされたんです。お酒が入ったから大丈夫だと思っていたのかわかりませんが、本当に最悪で、今はお酒を飲むこともなくなりました。これがトラウマなのかなと思います。

性的犯罪は、すごく身近なところにあるのです。もちろん、私も実際に痴漢にあった経験があります。大ごとにしたくない、事情聴取されるのが怖い、そうして何もなかったかのように日々を過ごしてきましが、その記憶はすごく鮮明なまま残っています。

「#Metoo (私も)」に集められた被害女性の声

今、Twitter(ツイッター)を中心に広がっているのが『#Metoo(私も)』というハッシュタグです。性的犯罪を受けた世界中の女性たちが、このハッシュタグを使って、自分の経験談をツイートしています。レイプや性的嫌がらせなどの被害を勇気を出して公表する動きが進んでいるのです。

そのハッシュタグには、軽く人に話すことのできないような悲惨な話も広がっています。時には、そんな被害の声すらも「同意の上だった」と受け流されることもあります。「誘ったお前が悪い」と言われることすらも、なくはないのが現実なのです。

被害にあった女性の経験を拾い集め、今こそもっと性的犯罪に対する取り組みを強化すべきなのではないでしょうか。

女性たちの声をもっと聞いて。全ての男性に知っていてほしい現実がそこには広がっています。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


セクハラ

関連する投稿


「私がセクハラの加害者…?」 女性が気を付けるべき発言・行動とは

「私がセクハラの加害者…?」 女性が気を付けるべき発言・行動とは

セクハラ・パワハラに頭を悩ませている女性が多いのも事実ですが、女性も男性と同じくして、なんでも発言しても大丈夫というわけではありません。男性に対しての"逆セクハラ"も実は横行しているのが事実。場合によっては、必要な措置が取られることもあるので注意を!


下ネタ発言おじさんのセクハラ回避がイラッとする。対処法ってないの?

下ネタ発言おじさんのセクハラ回避がイラッとする。対処法ってないの?

「それ、セクハラなんですけど…。」 私たち、働く女性に不快感を与えてくるセクハラおじさんはどこに行っても存在します。そんなおじさんたちがセクハラを回避するために覚えた技が「あれ? これってセクハラかなあ?」という一言。自覚がなければOK? そんなことありません。セクハラを上手に回避する方法について考えましょう。


最新の投稿


ドキッ!「買い物が好き」でも結婚できる女性と結婚が遠のく女性の特徴

ドキッ!「買い物が好き」でも結婚できる女性と結婚が遠のく女性の特徴

好きな異性に対して、なかなか「買い物が好き」とは言えないような。伝えた瞬間に「この子は浪費家なのかな?」と思われそうで怖くないですか?今回は「買い物が好き」でも結婚できる女性と結婚が遠のく女性の特徴をご紹介します。


人生欲張ろう!理想のライフスタイルを実現する方法

人生欲張ろう!理想のライフスタイルを実現する方法

一回きりの人生、もっとよくばりに!今回は、理想のライフスタイルを実現する方法をご紹介します。


贈ると喜ばれる♡ センスの良いお中元4選

贈ると喜ばれる♡ センスの良いお中元4選

毎回何を贈ろうか迷ってしまう、ギフト。 贈る相手のことを考えて、真剣に迷う時間もとってもたのしいですよね! 「少しでも喜んでもらえたらいいな」という心を持って選べば、きっと相手も喜んでくれるはず♪ 今回は、センスを感じるお中元をご紹介します。


彼も思わずキュンとする♡スイーツテイストを取り入れた甘カワコーデ

彼も思わずキュンとする♡スイーツテイストを取り入れた甘カワコーデ

オシャレをただするより、テーマを持った方が断然コーディネートが楽しくなる♡女性が大好きなスイーツをモチーフにした着こなしコーデをご紹介します。


ブラウンシャドウをベースに48色。 「アイシャドウマニア」KATE(ケイト)より発売

ブラウンシャドウをベースに48色。 「アイシャドウマニア」KATE(ケイト)より発売

アイメイクに最も使われる確率が高い、ブラウン系アイシャドウを48色揃えた、数量限定アイシャドウパレット「アイシャドウマニア」がKATE(ケイト)から発売。


RANKING


>>総合人気ランキング