もうすぐ11月22日(いい夫婦の日)♡ 結婚前より旦那さんのことを好きになった割合って?

もうすぐ11月22日(いい夫婦の日)♡ 結婚前より旦那さんのことを好きになった割合って?

結婚すると、愛情は薄れてしまうの? 株式会社キッズラインが「いい夫婦の日」にちなんで夫婦関係について調査したデータを見て、#結婚前より好き を実践しよう♡


株式会社キッズラインが、11月22日(いい夫婦の日)にちなんで、夫婦関係についての調査を実施。調査項目は、「結婚前よりパートナーが好きになった人の割合」や「夫婦に見える愛情表現は必要か」、「夫婦になってパートナーが変わったところ」「生まれ変わっても今のパートナーと結婚したいか」など、まだ未婚の女性にとって気になる情報ばかり。リアルが詰まったその調査データをチェックしていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

【調査概要】
・調査期間:2017年10月17日~10月24日
・調査対象:子育て中の女性337名、男性14名
・就労状況 共働き世帯:73.5%、母子もしくは父子のみ就労世帯:24.8%、ひとり親世帯:1.7%
・調査方法:インターネット調査

「結婚前よりパートナーが好きになった!」 は、6人に1人

結婚前と後を比較して、感情の変化を聞いたところ、「結婚前よりもっと好きになった」が19.1%、つまり6人に1人という結果にとはいえ「結婚前と変わらず好き」が39.3%いるということで、半分以上の人が結婚にパートナーに対して前向きな答えを。

また「結婚前よりもっと好きになった」「結婚前と変わらず好き」と答えた人に、結婚前より好きになったところを聞いたところ、「家族を大切にする(21.6%)」「頼りになる(19.7%)」が高く、恋人時代には知りえなかった良さを感じている人が多かったのだとか。

一方で、気になる「好きという感情が薄れた」人は29.3%という割合に。その中で、共通して挙げられたキーワードは「子育て」でした。

子供優先になっているうちに夫婦間での会話が少なくなり、距離が出来てしまった。

育児のことや家事のことは全部任せきりで、協力的ではない。また、会話が一方通行のため”

仕事や価値観は基本的に変わらずリスペクト。一方、結婚前に重視していなかった「子煩悩かどうか」が、出産後は切実な問題に。

育児で忙しすぎて、そんな事を考える暇がなくなり、育児タスクを実践できる一員としか見られなくなった。

お互いに初めて経験する「子育て」に、協力的な姿勢があるかないか。その差が夫婦間の感情に影響しているようです。お互いが好き、だけではうまくいかないのが夫婦の本音。自分が余裕のないときこそ、思いやりを持った態度が必要になりますね。

以心伝心はありえない。92.6%がスキンシップは必要と回答。

そして、夫婦の間に愛情表現は必要かどうか? という質問では92.6%が「はい」と回答。言葉にしないと伝わらないことも多いことがわかります。

身内になると愛情表現がおろそかになるからこそ、敢えて表出すべき。

以心伝心などない。せめて感謝の気持ちくらいは表現すべき。

互いに超能力者ではないから。

他人から始まる夫婦だからこそ、面倒でも忙しくても敢えてスキンシップをとることが、愛情を長く保ち、実感するコツなのでしょう。ただ、一度タイミングを逃すと改めてスキンシップをとることに恥じらいを感じる人も。

産前は当たり前にあったスキンシップは皆無です…再開のきっかけ作りが難しいのが悩みです。

異性として見られなくなってしまった。

という声も集まりました。

「夫婦」になってパートナーが変わったところベスト3

夫婦になってから変わったことはあるか、といった質問では、「はい」と回答した人は83.8%も!

1位は将来のことを話すようになった
2位は口うるさくなった
3位は相手への関心が減った
という結果に。2人で生活をする中で相手に直して欲しい点が増え、それが受け入れられなかった後の諦めの気持ちで、関心が減ってしまったといえるでしょう。

生まれ変わってもあなたと一緒に」が66.4%

そして、究極の質問でもある「生まれ変わっても今のパートナーと結婚したいか」といった質問では、なんど66.4%の方が「はい」と回答!

キッズライン利用者の夫婦円満率の高さが伺えます。子育てという答えのない難しさを、積極的に解決しようという姿勢やママに対する優しさといったものがあるとないでは、結婚に対する満足度合いも変わってくるようです。

夫婦関係で大切なことは、「スキンシップ」「役割分担」「コミュニケーション」
愛情表現が苦手とされる私たち日本人も、たまには2人でゆっくりした時間を過ごし、気持ちに余裕を持てる日々を増やしていきたいですね。

キッズラインでは、夫婦水入らずの時間を過ごし「結婚前より好きなってもらいたい!」ということで、夫婦の時間をプレゼントすべく、ベビーシッター初回体験無料クーポンのプレゼントキャンペーンや、いい夫婦の日に夫婦の絆を深める2人を応援するため、初回利用に使える3000円分のキッズラインポイントをプレゼント企画なども行っています。

子どもを人に預けて、2人で出かけるなんて・・・と批判的な声が飛び交うこともありますが、夫婦関係が成り立っていない土台の上で、子どもの幸せは願えません。

お互いに育ってきた環境はもちろん、年齢による時代背景もすべて違う。他人と一緒に生活をする結婚という大きな変化を受け入れ、#結婚前より好き 。といえるような素敵な関係性を築いていきたいものですね。

キッズライン – 1時間1000円から安心安全のベビーシッター

https://kidsline.me/

業界最安値で安全安心のベビーシッターサービス。全員面談と研修を経たベビーシッターで、病児保育等の急な依頼に対応できる方も登録しています。入会金不要で手続きもオンラインで簡単!すぐにご利用いただけます。

結婚前より好きになった割合は?【いい夫婦の日調査】

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000011508.html

株式会社キッズライン(KIDSLINE inc.)のプレスリリース(2017年11月6日 08時00分)結婚前より好きになった割合は? いい夫婦の日調査

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


家族 子育て 結婚

関連する投稿


合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

恋愛だ結婚だ、と出会いの活動を増やしている女性は多いけれど、出会いは多くなればなるほど選択肢が生まれて恋のチャンスを失っていく。今回は、婚活に力を入れてマッチングアプリで出会いを増やす女性たちの話。


婚期を逃さないために! 婚活で大切にしたい時間と引き際の話

婚期を逃さないために! 婚活で大切にしたい時間と引き際の話

「時は金なり」と、よく言われます。 お金を盗めば泥棒です。それなのに、人の時間を盗んでも逮捕されることはありませんよね……。 ですから、自分で大事にしない限り、どんどんと時間は盗まれます。 今日は、大切にしておきたい「時間のお話」を、婚活視点でまとめたいと思います。


恋愛カウンセラーが見た「結婚に急ぎすぎるアラサー女性の必死すぎる行動パターン」

恋愛カウンセラーが見た「結婚に急ぎすぎるアラサー女性の必死すぎる行動パターン」

結婚に対する執着は、人の性格を変えてしまうのかもしれません。今回は結婚に急ぎすぎるアラサー女性の必死すぎる行動パターンをご紹介します。


彼との結婚が想像できないのに付き合っている。これって、おかしいこと?

彼との結婚が想像できないのに付き合っている。これって、おかしいこと?

彼との結婚が想像できないのに、付き合っている自分。自分に対してモヤモヤする毎日。彼のことが嫌いになったから?それとも原因は別にある!?


出産したら、やっぱり再就職は難しい?ママになる前に始めたいこと

出産したら、やっぱり再就職は難しい?ママになる前に始めたいこと

今後のことを考えると、人ごとじゃない...!子育てが落ち着いた後の再就職って難しい?


最新の投稿


合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

恋愛だ結婚だ、と出会いの活動を増やしている女性は多いけれど、出会いは多くなればなるほど選択肢が生まれて恋のチャンスを失っていく。今回は、婚活に力を入れてマッチングアプリで出会いを増やす女性たちの話。


信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

夢は願うものではなく、叶えるもの。次々と目標を達成する女性の横顔は、みているだけで、うっとり。今回は、夢を叶える女性の特徴をご紹介します。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第9回目は、「本当のパートナー」について。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

そろそろ肌の乾燥が気になってきたこの時期。 顔だけでなくボディに対する乾燥も、まずは洗うものから衣替えをはじめてみませんか? この時期にちょうど良い、しっとりさに導いてくれるボディソープを3つご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング