こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

仕事はたくさんあるのに、人員は足りないし、給料は低い。 不満もいっぱいありつつ頑張って仕事してるのに、なんで上司にまでこんなに気を遣わなきゃいけないの? 嫌われる上司と好かれる上司のパターンについてご紹介します。


不満とやりがい

毎日がんばっていることに対しての、評価が見えない。 これって仕事をしている上で、たくさんの人が抱えている悩みだと思います。 じゃあわたしたちのモチベーションをあげてくれるものって何?

それを考えたときに大きく関わってくるものがやっぱり人間関係
いい上司と巡り会えたとき、わたしたちのモチベーションはぐん、とあがって、なぜか今まで代わり映えもしなかった仕事内容がすごく急に魅力的にみえてくるのです。

今回は、わたしたちのモチベーションをどんどん下げてくる、嫌な上司や好きになれない上司のあるあるパターンを紹介します。

こんな上司にイエローカード!
Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

①コロコロ上司

人によってコロコロ

人によって態度がコロコロと変わる上司。 そんな姿を見せられていたら、尊敬なんてできません! 誰に対しても平等に、なんてことは言わないけれど、あまりにも人によって態度をコロコロ変える上司は部下からするとイマイチ。

気分によってコロコロ

自分の気分によってコロコロと態度が変わる上司も、尊敬なんてできません! 何かがわからなくて質問をしたいのに、あきらかに険悪な態度でこられると、こっちだって困ります。 プライベートで何かがあった、とか関係ないんです! 気分によってコロコロ態度が変わる上司に振り回されるなんて、ごめんです。

発言がコロコロ

昨日はこう言っていたのに、明日には言っていることが違う。 こんな方も時々いるんです。 まわりがなにも言わない(言えない)からって振り回しすぎでしょう…! 自分の発言に責任を持てない上司は、部下からの評価も大幅ダウン。 筋の通った話ができる大人になって。

②バブル上司

過去の栄光

「俺の昔はこうだった」。 あなたの過去の栄光に興味はありません。 だってわたしたち、今を生きてるんです。 ひたすら「昔は」「若い頃」 の話をされても、時代背景がまず違うし、想像すらできません。 自分の過去の栄光にひたって、それを語っているのはお酒だけの席にしてください。

経済的栄光

バブル経済の話をひたすらして、「バブルを知らないなんて、君たちはかわいそう。」 となぜか上から目線になっている上司もいます。 そんな人たちが「ゆとり世代」と呼ばれる世代をつくりだしたのに、なぜわたしたちをそんなにバカにする?

その時代を生きていただけで、人を判断するのはやめてください。

「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

https://cinq.style/articles/1532

「そこは何も言わなくて良いのに……」余計な発言を言ってしまったばかりに、微妙な空気を作ってしまったことはありませんか? 相手の発言にはすぐ気が付いても、自分のNG発言には気が付きにくいものです。今回は、相手を困らせてしまう言葉について考えていきます。

③グイグイ上司

パワハラ・セクハラ・モラハラ上司

とにかく、人のきもちを考えない上司。
口が悪い、自分の立場を利用して人を批判するパワハラ上司。
男性と女性という、性別の違いを利用してくるセクハラ上司。
部下にはなにも言って良いと思っているモラハラ上司。
これらは問題視されることが増えたので、だいぶ減ったように見えますが、いまだにチラホラ見える場面も。

飲みにケーション上司

とにかくお酒の席に呼びたがる上司。 これもまだまだたくさんいます。 「最近の若い奴は、お酒も飲めないのか。」 とよく口にしていますね。 正直言って、それが楽しい席ならノンアルコールでも全然ついて行きます。 あと、誘ったからにはご馳走してください。 これ部下の本音。

④よこどり上司

評価は自分のもの

良い結果がでた、成功したときに、部下を褒めるのではなく、まるで自分が成功させたかのように見せてしまう、よこどり上司。 自分が褒められたいのも、良く見せたいのもわかります。 だけど頑張った部下の評価じゃなく、自分のものにしてしまうような人、人間として信用できません。

ジャイ〇ン上司

たとえば、おいしいお菓子を買ってきたときに、ひょいっと急につまみ食いする上司。 人のものであっても上司だから関係ない、とでも思っているのか。 俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの、と勘違いしている上司にもイラッと。

⑤ふみこみ上司

プライベートは別物

部下との距離をとろうとして、やたらとプライベートの話に首をつっこんでくる上司。 正直部下からすると、放っておいてほしいし、面倒くさい。 仕事の付き合いに、そこまでプライベートを踏み込んでくる必要はないでしょう。 必要なことは、こちらから報告します。

会話にも土足

人と会話しているときにも、おかなまいなく入りこんでくる上司。 いやいや、こっちだって真面目な話してるんですけど。 っていうか、いつの間にか混ざってくるの、やめてもらっていいですか。

こんな上司が理想です!

逆に私たちの気持ちを理解してくれる、モチベーションをあげるのがうまい上司とは。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

褒めることができる

部下のがんばりをきちんと理解して、褒めることができる上司が居れば、単純に嬉しいし、仕事にもやるきがでるもの。 言葉の威力ってすごいのです。 目の前のプロジェクトや数字だけに目をやるのではなく、態度・言葉遣いにも気を配れる上司が理想です。

的確なアドバイスをくれる

指示出しが的確で、人によって指導方法を変えることのできる上司。 そんな信頼できる上司ならば、相談もしやすいもの。 人との接し方がとても大事なのです。 自分主体じゃなくて、ひとりひとりにスポットを当てて、物事を考えてくれる上司がいると、とても心強いもの。

距離感がわかっている

良い上司と部下の関係を保つには、程よい距離感が必要です。 あまりに近すぎて、すべてのことを理解しているような関係になりすぎるよりは、プライベートなことには触れないといった多少の割り切りや区別がある方がうまくいきます。

触れてほしくないことには触れてこない。 ある程度の信頼関係が築けていれば、話すべきこと、話したいことは自分から話します。 そんな程よい距離感を理解している人が上司だと、とても仕事がやりやすいですね。

まとめ

上司と部下といったって人と人の関係なので、不満もあれば理想もある。 全てを叶えることは難しい。 だけど自分より色々な経験をしている上司だからこそ、その一言が重いし、影響力があるんです。

部下に対する言葉や、気遣いをできる、仕事面での付き合い方を理解している上司こそが、理想とされる上司なのですね。

とはいえ、ここにあるのはほんの一例。 もっともっとたくさんの悩みを抱えている人もいると思います。 だけどそれは、みんな一緒。 共感者はたくさんいます。 毎日を戦いながら、上司とのより良い関係が築けますように。

"挨拶は新人から"の認識は間違い。上司が見直すべき職場の習慣

https://cinq.style/articles/1427

ビジネスマナーの基本である「挨拶」。新人・後輩から挨拶をするべきって思っていませんか?その考えがある人は、上司と部下の関係は良くないかも。今一度、挨拶の習慣を見直して。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

皆さんには苦手な上司や顧客などに頭を悩まされた経験がありませんか? 人間関係についての悩み事は、絶えることがありません。今回は、心理学で用いられる「態度の類似性」についてご紹介。洋服を変えるだけで、苦手な上司との距離が近づくかも⁈ ぜひ参考にしてみてくださいね。


素直に「ごめんなさい」が言えない!? 職場にいる謝らない人の心理

素直に「ごめんなさい」が言えない!? 職場にいる謝らない人の心理

素直に謝ればコトが大きくならずに済むのに、なぜか自分が悪いのに謝らない人っていますよね。謝らないことで人間関係がこじれたり、職場の空気が悪くなることもあります。今回は謝らない人の心理について考えていきます。


最新の投稿


ハンサムなこなれ感が魅力! カーキとブラウンでつくる秋メイク

ハンサムなこなれ感が魅力! カーキとブラウンでつくる秋メイク

この秋はイメージを一新して、カーキを取り入れたトレンドメイクにチャレンジしてみてはいかが? 深いカラーのお洋服にも絶妙にマッチする、こなれ感のあるメイクHOW TOをご紹介。


外派?or 中派?セルフプレジャー入門HowTo|真っ赤な濡れオンナ#102

外派?or 中派?セルフプレジャー入門HowTo|真っ赤な濡れオンナ#102

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第102回目は、女性がひとりで性欲を満たすことへの抵抗感について考えます。


スマートにプレゼントを贈る!“ソーシャルギフト”ってどんなサービス?

スマートにプレゼントを贈る!“ソーシャルギフト”ってどんなサービス?

職場の人や友人にちょっとしたプレゼントを贈りたいけど、いつも会う人でなければ、住所がわからない…。そんなときに活用したいのがソーシャルギフトです。コンビニで使えるものから特別な日に贈るようなアイテムまでSNSを通じて簡単にプレゼントが贈ることができるのです。


ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

朝は眠いし、夜は寝つきが悪い……。コンディションがイマイチな働き女子にオススメなのが、ベッドの上で寝転びながらストレッチができる簡単ヨガ。寝る前と寝起きに5分ずつ使うことで心も身体もリフレッシュが叶います♡ 読者プレゼントもあるので最後まで見てくださいね♪


“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、「二重あご防止法」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング