「わかったつもり」になってない?きちんと理解し、記憶に残す勉強術

「わかったつもり」になってない?きちんと理解し、記憶に残す勉強術

キャリアアップのために読書・セミナー・勉強を重ねる。それはとても大事なことではあるけれど、一度見た・聞いただけでわかったつもりになっていることってないですか?


「わかったつもり」じゃもったいない!

本を読む、セミナー(授業)を受ける、誰かに教えてもらう。何かを学びたいと思ったときは、たくさんの資料を見たり聞いたりしながら自分の頭の中にあらゆる情報をインプットしていくはず。そこで、わかったつもりになっていることってないですか?
せっかく何かを学ぶのなら、自分のスキルアップに最大限活かしたい。学んだことを忘れないため、またもっと理解を深めるためにも、勉強方法について考えていきましょう。

繰り返す

例えば映画をみている時に、「タメになるな」と思った言葉があるとします。だけど、耳にしただけじゃ、その言葉を覚えることは難しいですよね。メモに書き残すことで少しは変わるかもしれません。だけど、そのメモを何度も見返さないと、その言葉はいつか忘れたことさえ忘れてしまう。自分の中に記憶として残すためには、何度も映画を見返すことが大切になります。

繰り返し見て聞いて、印象や耳に残る言葉であれば、自然と脳に蓄積されるはず。「あの映画はよかった」というぼんやりした記憶ではなく、何を、どこが、どのようによかったのか、どんなシーンだった? ということを自然とインプットし、記憶することができるのです。
勉強として、この言葉を覚えたい、という気持ちはもちろん大切ですが、繰り返し頭の中に刷り込みを起こすことで「勉強」といった感覚がなくなります。自然と飲み込むことができるだけでなく、記憶として残すこともできるようになるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

小さい頃にみていた映画を、大人になって改めて観たときに、別の角度から物事が見られたり、違うメッセージを感じたことはないですか? 情報を受け取ったときの自分の立場や心境によってもその情報は異なってくるもの。だからこそ何度も繰り返すことが大事になるんです。

ちなみに、筆者は小さい頃から「トトロ」がすごく好きで、毎日のように繰り返し、録画したテレビをみていました。そんなことを重ねているうちに、一字一句間違えることなくそれぞれの登場人物のセリフがいえるようになったのです。全くもって、自分の経験やキャリアアップに活かせるような出来事ではありませんが、そんな小さいときの記憶は今もそのまま。未だに再生すると、次のセリフがスラスラと言えるんです。勉強ではないけれど、自然と脳に蓄積されているのですね。

勉強には「繰り返し」が必要! 心理学・脳科学から見た正しい勉強法

https://cinq.style/articles/1513

エビングハウスの「忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これはドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが行った記憶に関する実験で分かった結果を表したグラフの名前です。人に記憶を定着させるためには、どのような勉強法がベストなのか、実験結果から確認していきましょう。

アウトプットする

学んだ、覚えたと思ったことを本当に理解しているか確かめるためには自分が教える側にまわることがいちばん早いです。何もわからない相手に情報を伝えるためには、仕入れた情報をいかに噛み砕いて、相手にわかりやすく伝えられるか。がポイントになってきますよね。つまり、自分が発信者となって人に伝えることで、自分自身の考えも深められるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

始めてのアルバイトを経験したとき、ノートとペンを持っていったことがあると思います。もちろん仕事を覚える際には、色々な情報をできるだけ書き留め、頭に詰め込もうと頑張ったはず。だけど、わからないことがわからないからこそ、質問は?と聞かれたときに答えることができなかった経験はありませんか?

逆に、覚えた仕事を誰かに説明しているときに、自分がわからなかったことを伝えたり、細かい情報を教えてあげることで、仕事内容を改めて知ることだってあるんです。何か質問をされたときに「あぁ、こういうことがわからないのか」と気づかされたこともあるのではないでしょうか。人に伝えることで、記憶と情報の結びつけができるようになりますよ。

左脳派?右脳派?大人の勉強方法は、思考回路がヒントになる!|MY WORK ヒント#21

https://cinq.style/articles/595

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第21回目は、新しいことを学ぶ時の、勉強方法について考えます。

仕入れる情報は間違わないで

誰かに教えてもらったこと、また誰かの話を聞いたことで理解したこともあるでしょう。だけど耳で受けた記憶は、ときに形を変えることも。人を介して話をしたとき、内容がどんどん大きくなっていたり、もしくはそんなこと言ってないのに、といったように内容が変わってしまうことがありますよね。人は、誰かに物事を伝えたい、と思ったときには興味をひきたい話を聞いてもらいたい、という気持ちから話を大きく盛りすぎてしまうこともあるのです。

インターネットに載っている情報だってそれは同じ。アクセスを集めたい、SEOを考えたワードを組み込む、といったことに意識を集中するあまり、公開されている情報がすべて正しい表現ではないこともあるんです。だからこそ、仕入れる情報は間違えないように。根拠ある情報を見極め、選別し、取り入れていきましょう。

インプットとアウトプットのバランスは? 「学び」にとってのベストを考える

https://cinq.style/articles/1363

何かを学び、知識を取り入れることをインプット(入力)と言い、学んだから何かを生み出すことをアウトプット(出力)と言います。どちらもビジネス用語としてよく使われる言葉ですが、情報の仕入れとその反映は、どういったバランスでとるのがベストなのでしょうか?




この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


キャリア 勉強

関連する投稿


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

ここ数年、女性の活躍を推進するという動きが活発になりました。「女性活躍推進法(正式名称:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)」が2016年4月に施行されてから、実際に女性のキャリアはどう変化したのでしょうか。変化を前向きに捉えるために、考えていきたいと思います。


育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけで、毎日いっぱいいっぱいになっているワーキングマザーたち。だけど、そんな彼女たちをさらに悩ませるのがどうやら人間関係だそうで。今回は実際にワーママとして頑張る女性たちにリアルな悩みを聞いてみました。


【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

自身の目指す方向性を明確にするために必要だと言われているロールモデルですが、周りにその存在がなくて悩んでいる人も多いはず。理想の働き方に合ったロールモデルのタイプを決めて、ロールモデルを自分で作り出す方法があります。自分がどういった人を目指すのか、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

さりげなく使われるカタカナのビジネス用語。なんとなく意味が伝わるものと、意味を理解しないと伝わらないものがある!改めて、よく使われるビジネス用語をご紹介♡


最新の投稿


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

仕事が忙しすぎて、部屋どんどん汚くなってしまう…。働く女性の悩みといえば、仕事と家事の両立。家事に手を抜いているとなんだか罪悪感すら湧いてしまう…。そんなあなたにちょっとしたライフハックを提案。


イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

株式会社イチナナキログラムに入社してから2ヶ月というスピードで、ブランドオーナーになり、新規ブランドの立ち上げや全体の統括など幅広い業務をこなしている野津彩花さん。そんな彼女が、数ある仕事こなすために意識している5つのルールとは?


「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。「上司が私のSNSをチェックしてくる」これはハラスメントに入る?


読者100人に聞きました!会社からの給与以外にコッソリ副業をしたことは?

読者100人に聞きました!会社からの給与以外にコッソリ副業をしたことは?

会社で働きながらも、実はこっそりお小遣い稼ぎに副業をしたことがある…なんて女性は多いのではないでしょうか。今回は、会社からの給与以外に副収入を得たことある人はどれくらいいるのか? アンケート調査を実施してみました。


あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

日々、さまざまなストレスにさらされて生きている私たち。 そんな中で、ストレスが負担になりやすい人にはある特徴があるのをご存知でしたか?そこで今回は、ストレスが負担になりやすい人の特徴を3つご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング