「楽しみがないと頑張れない」人が実は危ない理由は?

「楽しみがないと頑張れない」人が実は危ない理由は?

「来月は旅行があるから、それを楽しみに仕事を頑張る!」というように、ご褒美や楽しみがあるから仕事を頑張る、という人がいます。でもそれって本当に正しいことなのでしょうか?


「楽しみがあるから頑張れる」はいいこと

女性同士で会話をしていると、「来週はこんな予定があるから仕事も頑張るんだ」という話になることがよくあります。私も、毎週末の休日を楽しみにしているタイプなので、楽しみな予定があることによって仕事のモチベーションが上がる、ということはとても共感できるのですが、果たしてこれって幸せなことなのでしょうか?
ふと疑問に感じたので、今日はプライベートの予定を理由にモチベーションを上げることについて考えていきたいと思います。

「ご褒美がないと頑張れない」は危険信号

楽しみな予定が入っていたり、欲しいと思っていたものをいよいよ購入できるとわかったら、気分が上がって、結果的に仕事のモチベーションも上がる。これはとても良い流れではありますよね。けれど、楽しみだった予定が終わったあと、私たちはどうなるのでしょうか?
少しの間は楽しんだ余韻に浸って頑張れたり、購入したものを眺めて「むふふ」という気分になることことができるでしょう。けれど、楽しみは永遠には続きません。楽しみにしていた予定が終わってしまったら、やがていつもの日常が戻ってきます。この時に仕事のモチベーションはどう変化しているのでしょうか。

仕事はモチベーションの高さに関係なく続くもの。その対価として給料が支払われています。仕事上ではなかなかご褒美が準備されることは多くありませんが、そのご褒美をプライベートで用意することに慣れ過ぎてしまうと、ある意味それは危険信号。

ご褒美があることによってモチベーションが上がるのであれば、逆をいうと「ご褒美がないと頑張れない」ということになってしまうのです。もちろんこれは極端な表現ですが、あまりにも自分にご褒美を準備するのが当たり前になってしまうと、結果的に自分自身を苦しめることになってしまわないでしょうか。

ご褒美を作ることがノルマになってしまうと自分の首を絞めることに

どうして自分にご褒美を作ることが、自分自身を苦しめることになってしまうのか? その答えは簡単、「ご褒美を用意するためには、お金と時間が必要になるから」です。例えば半年先に旅行やバッグの購入を予定したとします。半年経ってそれを叶えたとして、次のご褒美は一体何が相応しくなるのでしょう。

私たちには、徐々に耐性というものがついてきます。私も初めて好きなアーティストのライブにいった時はとてつもない興奮を覚えましたが、何度も足を運んで慣れてしまった今は、その1日だけでずっと満たされるかというと、そうでもないのです。1日のライブだけでは物足りず、数日間参加をしようというように思ったり、さらに他のアーティストのライブにも行ってみたい! というように他にも追加のご褒美を必要としてしまうようになりました。

このように、ご褒美を当然化してしまうと、私たちはさらに上のものを求めるようになっていきます。とはいえ、ご褒美がないと頑張れないのでご褒美をなくすことはできない。これでは、いつか今の自分の収入や休暇日数などとは不釣り合いなご褒美を求めてしまうことになります。

「ご褒美」を意識しすぎないことが大切

最初の話に戻りますが、「ご褒美があるから頑張れる」のは良いことです。ワクワクした気持ちやウキウキした高揚感が自然と内側から溢れ出し、自発的にモチベーションが高まる。こんな好機を抑える必要もありません。けれど、大切なのは「ご褒美」を頭で意識しすぎないことです。

自然と湧き上がる気持ち以上に、「もうすぐご褒美の日だから」と考え過ぎてしまうことで、それが終わった時には燃え尽き症候群のように空っぽになってしまうこともあります。楽しみがあるから頑張る、というのは人によって大小はあっても誰もが思うことです。
けれど、仕事のモチベーションはある程度仕事で確保できるように「今日の目標はここまで」というようなちょっとした達成感や楽しみをきちんと実感できることを忘れてはいけません。自然と湧いてくるモチベーションはそのままに、必要以上のモチベーションを駆り出すのはやめましょう。
小さな幸せや気づきを大切にしながら、工夫して自分を甘やす方法をたくさん作ってあげてくださいね。

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

https://cinq.style/articles/2115

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。

そのモチベーションに要注意! もっと大切なことがあるかも?

https://cinq.style/articles/364

モチベーションのキープ、どうしたらいいか誰もが悩みますよね。 ここでは、そのモチベーションとはいかなるものか、その正体を知るために、人のこころの仕組みにフォーカスすることで、新たな考え方を提示してみたいと思います。






この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


モチベーション マインド

関連する投稿


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


ポジティブマインドをつくる毎日の習慣は「ハッピーダイアリー」と香りの力|お守りコスメ

ポジティブマインドをつくる毎日の習慣は「ハッピーダイアリー」と香りの力|お守りコスメ

いつもポジティブな人はある秘訣があります。それは「ハッピーダイアリー」を書くこと。これを続けることにより2つのポジティブの効果が得られるのです。またそれと合わせて試して欲しいのが、科学的実証に基づいたハピネススマイルの香り。脳にポジティブな刺激を与えてみて。


あなたのやる気・モチベはどこからくる? やる気に関する2つの種類を見直し

あなたのやる気・モチベはどこからくる? やる気に関する2つの種類を見直し

仕事に対するモチベーションや、資格取得に必要な勉強など、あなたは何を理由にやる気を出していますか? テレワークや日々のニュースによる不安から、「最近はずっとやる気が出ない……」なんて人もいるかもしれません。ここでは、やる気の見直し方について紹介していきます。


Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

皆さんは、「マインドフルネス」が一体何なのか知っていますか? マインドフルネスとは過去や先入観、雑念にとらわれることなく、あるがままに知覚して受け入れることをいいます。今回は、Google社をはじめとして、企業でもマインドフルネスを取り入れられるようになった理由をご紹介します。


最新の投稿


出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

20代後半から親族や友人、同僚の赤ちゃんが産まれたら出産祝いを贈ることが多いものです。でも、お祝いしたい気持ちはあるのに忙しくて「忘れてた、どうしよう…」という状況になる人も意外と多いものです。今回は出産祝いが遅くなってしまった時の対処法をご紹介します。


女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性の副業の中でも人気が高い「美容モニター」について美容モニター歴1年以上のCinq編集部ライターが、おすすめ「美容モニターサイト」を4つご紹介します。始める際の注意点や、向いている人や向いていない人についてもまとめてみました。ぜひご参考にしてみてください。


乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

夏でも、アルコールや手洗いで指先が乾燥してしまいがち。保湿とUVカットできる美白*ハンドクリームがあれば、美しい手元を保てます!SPF14以上のSNSで人気商品の中から試してよかったおすすめの逸品をご紹介します!


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング