自由が好き。生涯独身になりやすい女性の特徴とこれから考えておきたいこと

自由が好き。生涯独身になりやすい女性の特徴とこれから考えておきたいこと

自由が好き。ひとりの時間があるから、私らしく過ごせる。生涯独身というのも、新たなライフスタイルの一つ。ひとりの可能性が高いなら、少しずつご準備を始めてみましょう。


生涯独身という新たなライフスタイル

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

昔に比べると「未婚」「生涯独身」を選ぶ人も増えてきているようです。あえて選ぶ人もいれば、流れるままに過ごしてきた結果、シングルでいる人も居ることでしょう。

家庭におさまるよりも、やりたいことがある。自由に気ままに生きていたい。そんなアクティブな女性には、生涯独身というのも自分らしい選択なのかも。

今回は、生涯独身になりやすい女性の特徴と、これから考えておきたいことをご紹介します。
メリットもデメリットも、よくチェックしてみて♡

あえて独身を選ぶ。ソロライフを楽しむコツ・未来に備えて考えておくべき対策とは?

https://cinq.style/articles/1220

シングルで生活していく……。一人を選びたいようで不安で仕方がない。そんなあなたのために、今回はソロライフを楽しむコツ・未来に備えて考えておくべき対策をご紹介します。

生涯独身になりやすい女性の特徴/ハイスペックすぎる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

街中のカップルを観察してみましょう。
よく見ていると、二人のパワーバランスが上手に成り立っています。

男性側は自分が優位に立てるように尽くしてくれる女性、あるいは自分を男性として、きちんと立ててくれる人を選んでいます。

生涯独身になりやすい、あるいは自らすすんで選ぶ人は、どちらかというと男性よりも前を歩いてしまうタイプかも。年収も高く、趣味もあって、アクティブに過ごしているからこそ、他の女性には負けない強さをもっているのでしょう。

何もかも完璧すぎると、一緒にいる男性は、もしかしたら疲れてしまうのかもしれません。ゆるさ、ふわっとしたやさしさがあまりなく、なおかつストイックに過ごしている姿をみせられると、どうしても男性はハードルが高いと逃げてしまいます。

他人には厳しくしてはいけない、と思いながらも、結局、男性にも自分と同じストイックさを求めてしまうからこそ、付き合い続けられなくなるのです。

生涯独身になりやすい女性の特徴#2/やりたいことが、いつも溢れている状態

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

目標を叶えた瞬間には、新しい目標が生まれている。
バリバリと働き、旅行にも行き、多くの人と交流している……。そんな日々を過ごしていると、なかなか「結婚をしよう」とは思えません。むしろ自分の世界が構築され始めると、結婚に対してデメリットばかりが気になってしまう場合も。

結婚は、夫婦生活を始めるための契約でもあり、自由を制限されることに、ある程度は同意するものとも考えられます。家庭という大きな拠点をもてば、今までのように自由には過ごせなくなることもあるのです。

最初のうちは許されても、次第にどちらかが我慢できなくなり「家のことは、どうするの?」と喧嘩が始まる流れに。やりたいことがまだまだたくさんあって、自分の人生をかけて進めたいライフワークと出会えているなら、無理して結婚をする必要もないのかも。

生涯独身を選びたい人が、これからについて考えておきたいこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生涯独身を選ぶというのは、決してメリットだらけではありません。一人で最期を迎える以上につらいのは、もしかしたら両親の死を一人で受け止めなければいけない部分かもしれません。

パートナーや子どもがいれば、いつまでも悲しがっている暇はありません。自分の家庭を守るのに必死で、両親を想ってばかりいられないのです。

しかし生涯独身の場合は、まずすべての手配を一人で進めなければならず、なおかつ、弱さを分かち合える家族がいなくなるというつらさが発生します。

パートナーがいれば多少つらさも紛れますが、ひとりで何もかも受け止めるのは想像以上に大変なこと。生涯独身の人生は決して甘いものではなく、覚悟が必要なライフスタイルなのです。

生涯独身でも、かたちは人それぞれ

生涯独身=恋人をつくってはいけないわけではありません。最近は、あえて「未婚の母」を選ぶ人もいるとか。

生涯独身でも、かたちは人それぞれ。何を選ぶかは、自分次第なのです。

パートナーは必要なのかどうか。独身であっても、子どもを産みたいのかどうかまで考えたうえで、これからのライフプランをつくっておきましょう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

複雑化する女性の人生設計、「ライフプラン」について考える

https://cinq.style/articles/1274

キャリアとプライベート、結婚に家事や子育て・・・。 働く女性は何かと忙しいもの。 今回は、そんな多様で複雑化する「女性のためのライフプラン」について考えたいと思います。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


誘いに応じるだけじゃだめ。時間を選別してストレスフリーに過ごすコツ

誘いに応じるだけじゃだめ。時間を選別してストレスフリーに過ごすコツ

忙しい私たちにとって、自由に過ごせる時間はとても貴重なもの。貴重だからこそ、時間の使い方を今一度見直す必要があるのかもしれません。毎度のごとく友達と遊ぶ予定を優先して、休日なのにすごく疲れてしまった……なんていう経験はありませんか?今回は、貴重なフリー時間を自分らしくマネジメントする方法をご紹介いたします。


生活を整え直す。心のスペースをつくって日常を良い流れに変える方法

生活を整え直す。心のスペースをつくって日常を良い流れに変える方法

仕事が忙しいと生活も荒れはじめる……。食事もバランスがとれているとはいえないし、部屋も荒れ放題。そろそろ心にスペースをつくってあげませんか?


職場だけではなくお家でも活用!今日から始める「ふせん活用術」

職場だけではなくお家でも活用!今日から始める「ふせん活用術」

ふせんは仕事だけじゃなくアイデア次第では暮らしに役立つアイテムでもあります。今日から「ふせん生活」を始めてみませんか? 色んなふせんが発売されていますが、今回は無地のふせんでも活用できるアイデアをご紹介します。


片思いは“引き際”が肝心。うまくいかない恋愛を断ち切るべきタイミングって

片思いは“引き際”が肝心。うまくいかない恋愛を断ち切るべきタイミングって

みなさんは片思いの相手が自分に脈ナシだなと気づいて、どの時点で諦めますか? 人に恋愛相談に乗ってもらって意見をもらっても、実際に諦めるか諦められないかは自分次第。どんな時に、片思いの彼を断ち切って次に進むべきだと整理すればいいのか、今回は片思いの引き際について考えます。


将来の安定を考えるなら…。独身女性のマンション購入はアリ?

将来の安定を考えるなら…。独身女性のマンション購入はアリ?

先の見通しなんて分からない…だけど、将来を見据えて大事な買い物は今からしておくべき?20代独身女子に沸々と急増している、マンション購入事情についてご紹介!


最新の投稿


メイクは肌で決まる!肌タイプに合ったファンデ選びのコツとオススメドラコス

メイクは肌で決まる!肌タイプに合ったファンデ選びのコツとオススメドラコス

誰もが抱えるベースメイクの悩み。プロの視点で見た時、その失敗の原因に当たるほとんどが「ファンデの選び方」にあるのだそう。では、ファンデーション選びに失敗しないためにはどんなポイントを抑えておくべきなのでしょうか? ファンデの選び方に関するコツと、春に使いたいおすすめアイテムをご紹介します。


働き方が変わってはじめて気づいた!努力の方向性が変わった3人のエピソード

働き方が変わってはじめて気づいた!努力の方向性が変わった3人のエピソード

みなさんは今の自分の働き方に対して、納得していますか? 本当はこうなりたいけど、自分にはできないし……なんて思いを募らせている方もいらっしゃるかもしれません。けれど実際に働く環境が変わることによって見えることもあります。今回は3つのエピソードを元にご紹介。


お知らせが届く!?元カレに新しい彼女ができたかどうか見極める方法

お知らせが届く!?元カレに新しい彼女ができたかどうか見極める方法

できれば元カレよりも幸せになりたいけれど…そういうわけにもいかず、ある日ふと「あれ?新しい彼女ができたのかも?」と感じる瞬間がありませんか?根拠のない勝手な勘が一番当たるのかも!?


「いきなり決まった退職、有給消化も認めてもらえず…」#これってハラスメントですか?!

「いきなり決まった退職、有給消化も認めてもらえず…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は急な退職、有給消化も認められないと言われた人のお話です。


「夢は近づくと目標に変わる」ウーマンダイアローグ #38

「夢は近づくと目標に変わる」ウーマンダイアローグ #38

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、声優・ナレーターの葵井歌菜さん。アニメやバラエティー番組はもちろん、映画の吹き替えや舞台などでも幅広く活躍されていらっしゃる素敵な女性です。


RANKING


>>総合人気ランキング