【働く女性の基本に】身だしなみとコミュニケーションのマナーについて

【働く女性の基本に】身だしなみとコミュニケーションのマナーについて

社会人になると「ビジネスマナー」は欠かせないもの。けれど気を付けなければいけないポイントが多すぎて混乱してしまうこともあります。この記事では、早めに押さえておきたいマナーのポイントを、身だしなみとコミュニケーションにわけてご紹介。


【身だしなみのマナー】「印象」はたったの0.5秒で決まる!

面接や商談など初対面の人と会う時、印象のキーポイントとなるのが「入室した瞬間の0.5秒」です。印象行動学の観点では、入室時の第一印象で「◎」と判断された印象が、面接中に「×」に変わることはなかなかありません。一度良い印象を受けると、面接官も無意識のうちに質問内容や対応が好意的になります。

印象行動学の観点から見ると、特に「目の周辺」「口元」「頬肉の動き」「フェイスライン」を、人は自然と確認し、その人を信頼すべきかどうかを決めています。

■面接時、好印象をあたえるポイント

・眉毛を含む目の周辺に前髪がかからないようにセットする
・口を大きく開け、口角を上げて話す
・ふんわりチークをのせ、就活疲れを感じさせないイキイキとした表情に見せる
・フェイスラインの髪をすっきりとまとめ、清潔感を表現する

これらの項目を心がけましょう。

面接のキーポイントは話す内容よりも印象。 ヘアスタイルから印象アップを!

https://cinq.style/articles/1090

就活・転職面接を左右するのは、話す内容だけじゃない!「印象」がとても大事なんです。好印象になるポイントをおさえておきましょう。

【身だしなみのマナー】職業に見合ったスタイルかを見直して

オフィスカジュアルとはいったい、どこまでがOKでどこからがNGなのか? 

こういった女性の悩みをよく耳にします。オフィスカジュアルの定義はとても曖昧。けれどファッションは自分自身を印象づけるためにとても大切なものです。洋服が与える印象というものはとても大きいのです。第一印の“見た目”は、説得力や、交渉力を上げる材料にもなります。

流行に敏感な職業の人や、オシャレさんだと思われたい方は、トレンド追って新しいものをどんどん取り入れて行けば良いでしょう。
取引や交渉など、重要なビジネスシーンでは、相手に見られたい姿を意識して洋服を選んでみてください。挨拶など、第一印象で柔らかい印象をつけたければAラインのふんわりしたスカートを、プレゼンを控えているから説得力をつけたいという場合には、ストレートのパンツやスッキリとしたペンシルスカートを選ぶなど。洋服を選ぶことは、自分をプロデュースすることです。

"オシャレ"で選んじゃいけない。ビジネスウーマンのファッションマナー

https://cinq.style/articles/873

オシャレな洋服に袖を通して、トレンドのカラーを取り入れて、軽やかに鮮やかに。なんて可愛らしく働くを楽しみたいものですが、ビジネスウーマンのファッションマナーについて今回はあえて、厳しいお話を。大人な女性がこだわるべきは、"オシャレ"や"流行"でなく自分がどう見られたいか、の文脈ある装いなのです。

【身だしなみのマナー】バッグには身だしなみを整えるアイテムを揃えて

初対面の人にバッグの中身を見せることはありませんが、もしもの時に備えて事前に準備をしておくことが大切です。バッグの中には印象アップになる小物をしっかりと揃えておきましょう。

■メイク直しのための化粧品・ポーチ
女性にはメイク直しは欠かせないもの。大事な日は化粧品が入ったコスメポーチを忘れないようにご注意を。メイク直しという簡単な作業が一手間あるだけで、勇気や自信が沸いてきます。

■ティッシュ・ハンカチ
ティッシュとハンカチも出かける時には欠かせません。ここにあぶらとり紙がプラスしてあるとなおさら安心。カフェに入ってイスについた時も、ハンカチをひとつ膝の上に乗せておくだけで上品な印象に。

■小さめの手鏡
メイク直しの時や、面接の直前のなどに使用したいのが、持ち歩きに便利な手鏡です。どこでも自分の状態をチェックできるようになります。メイク直しに最適な場所を見つける暇がない時も、難なく問題をクリアしてくれます。

■ストッキングの替え
外出が多い営業ウーマンは、いつもストッキングの替えを持ち歩いていると言います。そこまで重い・かさばるものではないため、バッグの中にひとつ入れておくとビジネスシーンで役立ちます。

面接時にも使える! 初対面の相手に好印象を与える身だしなみチェックリスト

https://cinq.style/articles/2152

初めて顔を合わせる場では、相手から好印象を持たれたいと思うもの。面接でも、仕事での打ち合わせでも、友人の紹介で人と会うときでもそれは同じです。身だしなみは好印象を与えるための、基本の「キ」! チェックリストを作って、キチンと感を作っていきましょう。

【コミュニケーションマナー】「二重敬語」には要注意

相手を敬うときに使う敬語ですが、敬語はたくさん使えば良いというわけではありません。丁寧な敬語を使うことに意識が向かいすぎてしまう、「多重敬語」になっていませんか?
まわりくどくて相手に伝わりにくいこと、失礼になる場合もあります。敬意を表す事はとても大切ですが、逆効果になっては意味がありません。

例えば……

【NG】何時にお戻りになられますか?
【OK】何時にお戻りになりますか?

「お~になる」の尊敬語に尊敬の助動詞の「~れる」がついていて二重敬語になっています。

敬語は奥深く難しいものですが、きちんと使いこなしている人には好印象を持ちます。
「みんなが使っているしそのままでいいのでは?」と思わず、中には気にする人もいるということを忘れずに。正しい敬語を使っていきましょう。

間違った敬語、使ってない? 気を付けたいビジネス敬語集

https://cinq.style/articles/474

ビジネスシーンで敬語は欠かせません。相手を敬う気持ちがあっても、間違えた言葉を使用することで失礼に当たることもあります。正しい敬語を使って品のある女性に。

【コミュニケーションマナー】メールを過信しすぎない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

電子メールは大変便利なツール、ビジネスマンがもっとも利用するものです。
しかし、電話やFAXなどの他の通信ツールと比べて、全ての面で優れているというわけではありません。誰もが1日に何度もメールチェックをするとは限りませんし、見ていたとしても返信を忘れているケースもあります。どの通信ツールもメリットとデメリットがあり、状況に応じて使い分けるのもビジネスマナーの一つです。

メールは送った履歴も残りますし、データも送ることが出来ます。しかし、相手がきちんと読んだかまでは確認できないので、やり取りには時間を有します。送ったのに見てもらえていない、という場合があっても相手を責めるのはNG。人によっては一日に大量のメールが届いています。送ったら伝わっているといったメールの過信には注意しましょう。

改めて知っておきたい。ビジネスでのメール・電話・FAXの使いわけ

https://cinq.style/articles/477

仕事での連絡手段は状況に応じて変えていますか?ついメールに頼りがちですが、適した連絡ツールを使うことでスムーズに的確に伝えることができます。

【コミュニケーションマナー】業務時間外の仕事の「LINE」はほどほどに

最近は、メールではなく「LINE」を使用して、社内の人や社外の人とやりとりすることも増えてきました。便利さ故に業務時間外でのやり取りが増えてきたと感じませんか?
夜遅い時間や休日にも連絡がきて悩むこともしばしば。さらに既読機能があるので、ふいに開いてしまい「しまった!」と思うことも。

業務時間外や休日は緊急な場合以外は返さなくてOK。仕事は業務時間内で対応すべきことで、休みは休みです。しかし、“緊急な場合”に関しては非常に厄介なもので、上司と部下で緊急の度合いに相違があるように思えます。大切なプライベートの時間を守るべく、便利なツールにはマイルールを作っておかないと、ストレスを生む原因になりかねません。些細なことですが、上司も部下も業務であることを認識していけばお互いのため。

手軽さ故の問題点をこれからも考えていく必要があるでしょう。

教えてほしい! 業務時間外の仕事LINE(ライン)は対応すべき?

https://cinq.style/articles/790

休日や退社後の上司からの連絡がきたら、あなたはどう対応しますか? 便利だからこそ社会人ならでは問題・対処法について考えていきましょう。

ビジネスマナーは自分の強みや盾になる

ビジネスマナーとは、仕事をする上での礼儀やルールのことをいいます。細かい習わしがあるものもありますが、基本的にビジネスマナーがある理由は、相手を思いやる気持ちを表すため。

正しく身につけておけば、社外だけではなく社内にいる先輩や上司とのコミュニケーションも円滑になります。先輩や上司とうまくコミュニケーションが取れていると、何かがあった時のサポートもしてもらいやすいです。
こういったビジネスマナーをしっかりと覚えておくことは、自分の強みや盾にもなるので、積極的に取り入れていくと良いでしょう。

「ビジネスマナー」ってなに? どうして必要なの?

https://cinq.style/articles/2087

話し方や身だしなみ、仕草……社会人になると「ビジネスマナー」が必要だと言われますが、どうしてこういったマナーが必要になるのでしょうか? 今回は、新社会人のみなさんに知っておいてほしい「ビジネスマナー」についての基本をお伝えします。

この記事のライター

関連するキーワード


ビジネスマナー マナー

関連する投稿


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


地味にストレス! 職場で起こりがちな、モラルがない言動や態度とは

地味にストレス! 職場で起こりがちな、モラルがない言動や態度とは

集団生活をしている職場だからこそ、小さいマナーや常識の無さがつい目についてしまうことってありますよね。確かにもう顔なじみだし、ある程度の人柄についてはわかっているけど……。「さすがにこれってどうなの?」なかなか注意のし辛い、小さいマナーについて考えてみましょう。


上司や取引先の人と鉢合わせした時は? 意外と知らないエレベーターマナー

上司や取引先の人と鉢合わせした時は? 意外と知らないエレベーターマナー

会社の出入りで利用するエレベーター。みなさんきっと、毎日使っているかと思いますが、そこで気になるのがマナーです。上司や取引先の人と鉢合わせした時、皆さんならどのようにしていますか? 上司や取引相手に失礼な印象を与えないように、この機会にチェックしていきましょう。


その行為、「騒音」だと思われている!? 意外と知られていない音のマナー

その行為、「騒音」だと思われている!? 意外と知られていない音のマナー

怒っているワケでもないのに、やたらとオフィス内で音を立てて、周囲に不快な思いをさせていませんか? 自分が立てる音には気がつかなくても、他人はとても気になっています。そんな行為だからこそ、自分もやっていないか、今この機会に見直してみましょう。


大人になると字が下手になる? 美文字が書けるようになるコツ

大人になると字が下手になる? 美文字が書けるようになるコツ

久しぶりに文字を書くと「私、こんなに字が下手っだっけ?!」と自分の字の汚さに驚くことがあります。実は大人になるにつれ、字を書くのが下手になっていくものなのです。大人女子としては、綺麗に文字を書けるようになりたいものですよね。美文字を書けるようになるコツをご紹介します。


最新の投稿


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさって? 必死に考えているつもりだけど、なかなか答えにたどり着かない……。いつもよりモヤモヤしても、不安がらなくて大丈夫。少しずつ、いつもの私へと調子を戻しておきましょう。


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


RANKING


>>総合人気ランキング