楽しかったはずなのにモヤッとする…。「優位に立ちたい」女性社会のマウンティング事情

楽しかったはずなのにモヤッとする…。「優位に立ちたい」女性社会のマウンティング事情

デートより、女子会の方が気合いが入る。そんな女子たちのマウンティング事情について考えてみた。


楽しいのに、チクッとくる言葉がある

『デートより女子会の方が気合いが必要。』
こう話す女子は意外と少なくない。なぜなら、女子会というのは、とても楽しい場所である反面、疲れる場所でもあるから。知らない間に「私より上」「私より下」とお互いをランク付けして、笑顔でスムーズに会話が進めつつ、実は水面下でのバトルを繰り返している。それが女子会の実態である。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

褒めてるのに、褒めてない

「○○ちゃんて、メイク上手いよね! 私なんて不器用だからいつもほぼすっぴんなの…。」

相手の話をした後に自分の話を持ちかけるパターンが女子会ではとても多い。一見相手の良いところを褒めているように見せかけて、自分はあなたとは違う、といったようなことをあえて比較するように話すのだ。この場合は素肌に自信がある私はあなたより元がいいといったように解釈できるような発言をすることで、相手を遠回しに落としている。

これを誰か一人が始めると、試合開始。
この後に続くのは優位に立ちたい人たちの、自分語りだ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自慢したいの!

「今使ってる時計がカルティエなんだけど、もう飽きたから新しいのが欲しくて…。」

「うちは港区住みだけど、どこに住んでるんだっけ?」

「この間も新しいセリーヌ買っちゃって…ブランド物ばっかり買ってバカだよね!」

格付けしあう彼女たちの会話の中には、具体的なブランド名や地名などが頻繁に登場する。悩みや普通の質問と思わせて、実は自分の持ち物を自慢したいのだ。そしてそれがイケてる私だと思っている。そんな女子会中の会話というのは、とてもリアルで面白い。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

流行を追っている私、健康をとにかく意識している私、セレブで余裕のある私。そんな自分のイケてる要素をアピールし合うのが女子会なのだ。

「メンズ」もステータスの一部だよ?

女子会に必ず出るオトコの話

「最近こんな人で出会ったの…。」

「彼はこんなことしている人で…。」

自然なガールズトークに見せかけて男にモテる自分を、遠回しにアピール。付き合っている彼の職業も、女子会の中ではいいマウンティング材料となる。

彼の不満を言いつつも、結果的に彼が好きで幸せな私♡ という人は一見嫌な人に見えるだろうが、これはただの惚気でまだまだかわいいレベル。マウンティングをする女性たちは彼の年収についてなど、シビアな内容で勝負する。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

なんだってプラスに変えちゃいます!

驚くことに忙しい私、がマウンティング材料となることもある。

「忙しくって、○○ができてない。」

「スケジュールがいっぱいなの…。」

よくよく考えると、「忙しいことをアピールして、一体何が嬉しいの?」 と聞きたくなるような、よくわからないことすら女子会の中では強みとなる。仕事がデキる私、必要とされている私、を遠回しにアピールすることでプライドを保つキャリア系女子たちだ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

また、不幸自慢をする女子も少なくはない。悲しいことをたくさん話して、悲劇のヒロインになったかのように語る。そんな風にストレスを発散しているのだ。

一番かわいいのは、私♡

みんなと記念を写真を撮る時に、絶対的に可愛く見せたいマウンティング女子。自分の良い角度は把握済み。そして人より少し顔を小さく見せるテクニックを使って、みんなより顔が小さくてかわいい私! が完成する。マウンティングとは違っていても、とにかく近くにいる人物を、無意識に私との比較対象として置いてしまうクセがついている。

「別に、誰かのせいじゃないでしょ?」感情抜きで仕事ができない女性たち。

https://cinq.style/articles/662

女性が多い職場は一見華やかに見えて、実は悩み事が絶えない。一緒に働く仲間としての不満、一女性としての葛藤と嫉妬。感情を抜きにして、付き合いができない女性たちについて。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結果的に疲れる…

だけど、当の本人たちは自分たちがお互いマウンティングし合っているということをちゃんと自覚している。そしてそれが疲れるということも。だけどなぜか女子会という雰囲気が「自分が優位に立ちたい」という負けず嫌いな心に火をつけるのだ。そしていつも終わる頃にはぐったり…。自分の持っているもののありったけをマウンティングの材料にしてしまったことに対し、自己嫌悪に至る。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しかしもっと面倒なのはマウンティングする=嫌いな人というわけではないところ。会話を続けているうちに、話を大げさに盛ってしまうしまうのと同じように、嫌いな人をターゲットにしてマウンティングしている訳ではないのだ。もっと違う話ができたのに…。とただただ後悔することもある。

女子って本当に面倒くさい。

だけどそんなことを繰り返しながらも、女子会という会を定期的に開くことで、自分を高めプライドを保ち、足を奮い立たせているのも事実。プライベートでも戦いあっているのだから、社会的に見た時に、気の強い女子が多く感じるのも仕方のない話だ。

嫉妬する、嫉妬される。同僚女性に対して生まれる悔しさとその解決法

https://cinq.style/articles/801

見た目や仕事、何かと人と比較してしまう私たちは、同僚に対して様々な感情を持ちやすい。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、もたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのかをそれぞれの目線で考えます。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


女子会 マウンティング

関連する投稿


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


アナタの周りにもいる? “ネガキャン”で自分の印象を下げにかかる女たち

アナタの周りにもいる? “ネガキャン”で自分の印象を下げにかかる女たち

自己アピールするのではなく、相手の評判を下げるようなネガティブポイントをアピールをして自分を優位に立たせようとする“ネガキャン”女子。みなさんの周りにはいませんか? 今回は実際にネガキャンされたと言う2人の女性の事例をもとに対処法を考えていきます。


ニフティ温泉 川名さんに聞いた!東京近郊のオススメ温泉スポット3選

ニフティ温泉 川名さんに聞いた!東京近郊のオススメ温泉スポット3選

あったか~い湯船が恋しくなる季節が到来♡ アクセスのいい場所にある温泉なら、週末に気軽に通うことができそう! 今回は、人気温泉メディア『ニフティ温泉』の編集長、川名結有(かなわゆう)さんにおすすめのスポットをピックアップしていただきました♪


女性の敵は女性!? 職場で起こる「女王蜂症候群」の実態とは

女性の敵は女性!? 職場で起こる「女王蜂症候群」の実態とは

女性上司が部下の活躍を快く思わずパワハラをされた経験はありますか?それは「女王蜂症候群」と言われるもので、嫉妬から生まれるもの。今後女性の活躍を伸ばしていくうえで、何が大事なのでしょうか。


今年の夏は逗子・鎌倉で女子会! 海を眺めながらワンランク上の食事を楽しんで♡

今年の夏は逗子・鎌倉で女子会! 海を眺めながらワンランク上の食事を楽しんで♡

逗子海岸にある「YOLO PACIFIC(ヨロ パシフィック)」と鎌倉にある「アマンダンブルー鎌倉」が夏限定でオープン。どちらも絶景を楽しめ、フードも絶品のオススメスポットです! この夏はいつもと違う大人な女子会を楽しんで。


最新の投稿


ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

仕事もバリバリこなし、プライベートも充実させることのできるキャリア女性。だけど、できる女性だからこそ恋愛でやってしまいがちな失敗も......。今回はキャリア女性が気をつけたい恋愛でのNG行為についてご紹介いたします。


コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は内定を取り消されて、次の職場も見つかっていない…そんな女性から。


4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

2020年4月から東京都では自転車の保険加入が義務化されましたのを知っていますか? 今回は自転車保険とはなにか、義務化とはどんなことか、について解説いたします。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【CM.com Japan 樋口さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【CM.com Japan 樋口さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はCM.com Japan 樋⼝綾さんです。


スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

「おかしいなぁ…スキンケアアイテムには気を遣っているのに肌の調子がよくない」鏡の中の自分の肌を見てこう感じることはないですか?もし、このように感じているならば食事やライフスタイルを見直してみるタイミングかもしれません。


RANKING


>>総合人気ランキング